2024年02月26日

【🇮🇷イラン】御徒町「Hitch×kakeru*」でダブリーズのママのキョフテ

とある日曜日、御徒町ヒチカケへ。

この日のメニューから、ペルシャ料理の「クーフテ・ダブリーズィー」をチョイス。

KIMG4944s.JPG

ひとことで言えば、でっかい肉団子です。

ソースはトマトベース。

ヒチカケのご夫婦がイランのダブリーズという町に滞在中、直伝で教わったママの味なのだそうな。

このキョフテの主な特徴は、メインの材料に肉だけでなくひき割りの豆が使われていることと、甘酸っぱい果実がアクセントになっていること。

わかる人にしかわからないような、そんな細やかな部分も独自に工夫されてまして、さすがだなあと感心しました。

かなりのレアメニューなので次に登場するのはいつになることか……


【Hitch×kakeru*】
東京都台東区上野6-2-2 ライフビル2F
https://www.instagram.com/hitchxkakeru/
https://m.facebook.com/hitchxkakeru/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月24日

【🇮🇷イラン】赤羽「MADAR」でキャラフス

とある土曜日。


調剤薬局に出向いたその足で赤羽へ。

赤羽はいつ行っても昼間から飲んで騒いでる人がいて、いかにも(清野とおる氏の)「東京都北区赤羽」って感じ。


目指すはペルシャ料理店「マダール」。

マダールはペルシャ語で「母」の意味だそうな。

ランチメニューから選んだのはセロリ(とハーブ)と肉の煮込み「キャラフス」。

KIMG6494s.JPG

ホレシュ・キャラフス Khoresh(t) karafs


khoreshが煮込みで、karafsがセロリの意味だとか。

レモンの酸味が効いてますね。

こちらのホレシュには牛肉が使われています。


KIMG6496s.JPG

ゴルメサブズイと並んで地味すぎるルックスですけども、お味はイケますよ。


飲み物はチャイを選んだら、ポットで提供してくれました。


ちなみに、お会計の際に「MADARはマダールですか?マーダルですか?」と尋ねたところ、「マダール」とのことでした。



【ペルシャレストラン MADAR】
東京都北区赤羽3-3-3
https://madar.owst.jp/
https://www.instagram.com/max_madar/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月22日

【🇮🇷イラン】四谷三丁目「アリーズ・ケバブ」でマヒチェ

とある火曜日の夕方。

散歩がてら四谷三丁目方面へ。

つくば・土浦で営業している「アリーズ・ケバブ」が四ッ谷に新店を出したのです。

KIMG6454s.JPG

場所は四ツ谷警察署のはす向かい。


KIMG6448s.JPG

マヒチェ(マヒーチェ)


注文したのは骨付きのラムすね肉煮込み。

マンガ肉っぽいルックスですね。

ワイルドな印象ではありますけども、ホロホロと骨ばなれもよく、意外に食べやすいのですよ。


またペルシャ料理の選択肢が広がりました。


【アリーズ・ケバブ四谷店】
東京都新宿区左門町13-2 小田ビル
https://alis-kebab.com/


posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月20日

神田佐久間町「とんとん亭」で唐揚げ定食

とある金曜日。


通院の前に秋葉原で途中下車。

人の多い場所を避け、昭和通りの向こうへ進みます。

KIMG6241s.JPG

神田佐久間町の「とんとん亭」は居酒屋であり、定食屋でもあります。

ランチタイムは禁煙、17:00から喫煙可となっているようですね。


KIMG6239s.JPG

唐揚げ定食


どどんと大きめの唐揚げ。ちょいと天ぷら的でもありましょうか。

本来、おかずの組合せの多彩なことが魅力なのに、前のめりで唐揚げのみを選んでしまいました。

小鉢のミートボールがついててよかったです。

意外に薄味なので、飽きずにワシワシと食べ進めることができました。

卓上に調味料が用意されている店は「塩分は自分で調整せよ」ということなんでしょうかね。


お会計間際、欧米系観光客数名が入店しました。

定食の違いがわかるかなあ、などど心配していると、店員さんが英語メニューを渡してました。

要らぬ心配でした。インバウンド半端ないわ。



【とんとん亭】
東京都千代田区神田佐久間町3-21-71
posted by kan at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 秋葉原ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月18日

両国「ニューストン」で焼肉盛りライス

とある月曜日、祝日。

冷たい風にさらされてカラダが冷えてしまい、JR両国駅近くのカフェテリア「ニューストン」へ飛び込みます。

KIMG6305s.JPG

昔ながらの喫茶店で、喫煙可。そのわりには煙が気になりませんでしたけども。

入口の扉には飯尾さんと春日さんの写真が。「ずん喫茶」の2023年末SPで来店していたもようです。


KIMG6314s.JPG

焼肉盛りライス


これまた自分でも作れそうな料理なのですけども、それはそれ。

決して多くはないシソと胡麻がいい仕事してますね。

ごちそうさまでした。



【カフェテリア ニューストン】
東京都墨田区両国3-26-11


※Googleの説明がちょっと……

カフェテリア ニューストン による説明
"創業者の、マスター子供の頃からマラソンが、速く中学生で、大人の、東北六県の、駅伝大会で、5人抜きし、2位まで押し上げたSUPER中学生だったため、余裕のよっちゃんと言われたが高校時代彼女をヤクザの、息子から守るため3人相手にタイマン張ったため足を負傷ベルリンオリンピック強化選手からはずれる大学時代ピエール、カルダンにスカウトされフランスでNumber2まで昇り有名人になり丸紅の会長にスカウトされ情報部員となり会長の手足となり世界を駆け抜けた会長が亡くなったあと丸紅を辞め20代の若さで喫茶店のオーナーに成った凄い人"
posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 喫茶店めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする