2019年06月30日

「仙太郎」の「みなづき 抹茶」

とある…ではなく、6月30日。

信じがたいことに2019年も半分が過ぎようとしています。

てなわけで、夏越の大祓には水無月をいただきましょ。

DSCN5215.JPG

みなづき 抹茶


せっかくなので京都の和菓子屋さん「仙太郎」のものを。

甘すぎず食べやすい水無月ですね。

もっちりういろうと抹茶、合いますよ。


◆会社情報
【株式会社仙太郎】
https://www.sentaro.co.jp/
posted by kan at 21:20| Comment(0) | 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

ねえねえ

ねえねえ、『アタマに来てもアホとは戦うな!』って本を手に持ってる人が堂々と割り込みしてるよ?



(『魁!!クロマティ高校』の「それはひょっとしてギャグで言ってるのか!?」を思い出しました)
posted by kan at 12:45| Comment(0) | ねえねえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

「かつや」で「カレーうどんカツ丼」

とある火曜日。


仕事帰りに「かつや」へ。

IMG_20190625_174453.jpg

普段あまり利用しない「かつや」ですが、コレが気になってしまい。


DSCN5135.JPG

カレーうどんカツ丼


構造は、チキンカツ丼にキーマカレーがけ+キーマカレーうどんトッピング。

東海地方の、ごはんの入ったカレーうどんを参考にした…というわけではないでしょうかね。

キーマカレー自体はカイエンヌペッパーの効いたスパイシーなもの。

甘めの味を想像しておりましたので、意外でした。

概ね美味しくいただきましたが、チキンカツがなかなかにヘビーでしたね。

量的には半分くらいでじゅうぶんな気がしました。


DSCN5142.JPG

ごちそうさまでした。



◆会社情報
株式会社かつや
http://www.arclandservice.co.jp/katsuya/
posted by kan at 12:48| Comment(4) | チェーン店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

東上野「ランビアンス ドゥース」でデジュネ

とある土曜日。


出先で雨が降ってきたので予定を変更して東上野で昼ごはん。

昭和通りを渡りコリアンタウンを抜けると「ランビアンス ドゥース」の赤い建物が見えます。

店内は落ち着きがありますね。

オープンキッチンからの動線が良さそう。


DSCN5111.JPG

前菜のサラダ。

クミンの薫るニンジンのラペがひと味違って本格的!


DSCN5112.JPG

豚肩ロースのグリエ ジャガイモのピューレ添え


デジュネは5つ用意されてまして、メニューの1番上に書かれているのがコレ。

定番ってことですね。

お味もボリュームも素晴らしい。

これで1000円とは、なんとも有り難い。

シェフおひとりで切り盛りなさってますので、諸々のタイミングは配慮すべきかと思います。


夜メニューには「アンドゥイエット」や「トリップ」があってリヨン風。

ワイン🍷と一緒にゆっくり料理を楽しめそうですね。




◆店舗情報
【L'ambiance douce】
住所:東京都台東区東上野2-12-2
電話:03-6284-2962
営業時間11:30〜14:00、18:00〜23:30
日曜、第2・4月曜のディナー休
https://lambiancedouce.owst.jp/
posted by kan at 12:36| Comment(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

定期券

出先で「そうだ、7月からの定期券買っておかないと!」と気づきました。

みどりの窓口に並び、カウンターでSuicaと用紙を差し出します。

すると、しばしの沈黙の後、駅員さんが

「買えるのは明日からですね、2週間前からの発売ですので…」と悲しげに宣告。

なんということだ。

なんか駅員さんにも申し訳ないぞ。


(※ワタシの定期券、いろいろあって7日はじまりなんです)
posted by kan at 23:58| Comment(0) | なんということだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

炎上

初期対応に失敗、2週に渡り炎上しました。○゛が。

なんということだ。

ようやくマシになってきましたので、ひさびさに外食しよう!と仕事帰りに寄り道。

ところが、開店時間を過ぎてもその店は閉まったまま。

どうやら臨時休業になったもよう。

なんということだ。
posted by kan at 21:56| Comment(0) | なんということだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

上野「とんかつ武蔵野」で「小・肥後あそび豚ロース」

とある金曜日、祝日。

病院に行く前、腹ごしらえに上野へ。

「とんかつ武蔵野」で昼ごはんです。

階段まで入店待ちの列ができてますね。

どちらかといえば並ばないタイプですが、この日はしっかり並びました。


DSCN3422.JPG

小・肥後あそび豚ロース(税込1000円)


これで「小」なんです。しかも1000円ポッキリ。

ランチタイムとはいえ、なんともリーズナボー。

(そのぶん待ちますけどね)

内容も素晴らしい。とても1000円とは思えないですよ。

肥後あそび豚とは“阿蘇の山麓でのびやかに育ったブランド豚”とのことです。


上野界隈、とんかつには事欠きませんね。


◆店舗情報
【とんかつ武蔵野】
住所:東京都台東区上野2-8-1 2F
電話:03-3831-1672
営業時間11:30〜15:00、17:00〜21:00
不定休
https://tonkatsu-musashino.tokyo/
posted by kan at 12:56| Comment(0) | とんかつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

池袋「キッチンABC」で焼肉

とある日曜日、池袋。

週末の池袋はどこも混みすぎでランチ難民になりがち。

そんなときでも、洋食店なら少し時間をずらせば入店できますね。

ジュンク堂書店裏の「キッチンABC」にて遅めの昼ごはんをいただいきます。


DSCN5081.JPG

焼肉(“元祖”ポークたれ焼き・700円)


揚げ物を避けたかったので、ひさびさにコンビネーションではない単品メニューをチョイス。

出てくるのも早いですね。

「洋包丁」でも「ミトヤ」でも味わえる同系統のたれ焼き。

ウマいに決まってるのですが、女性はあまり好みではないんでしょうかね。


池袋にいると、気づけばABCでごはんを食べてしまってます。

でもいいんです。ABCは正義なのです。



◆店舗情報
【キッチンABC池袋東口店】
住所:東京都豊島区南池袋2-16-2大西ビル1F
電話:03-5396-5399
営業時間11:00〜15:30、17:00〜22:00(土日祝11:00〜22:00)
無休
posted by kan at 22:21| Comment(0) | 池袋ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

【島根】出雲「なんぽうパン」の「バラパン」🌹

発売開始から65年目というロングセラーのご当地パン。

DSCN3917.JPG

バラパン


出雲市「なんぽうパン」の看板商品。

帯状の生地をくるくる巻いて花の形を作っています。

生地と生地の間に挟まれたクリームも飽きのこないお味でよいですね。

クリームの量がちょっと少なめな感じではありますけど。


◆会社情報
【有限会社なんぽうパン】
島根県出雲市知井宮町1274-6
posted by kan at 08:34| Comment(0) | ご当地パン🍞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

LAWSONの「トルコライスおにぎり」

LAWSONの「ご当地もんにぎり長崎篇」。

DSCN4983.JPG

トルコライスおにぎり

当たり前ですが、味に過度な期待は禁物でございます。

DSCN4988.JPG

「デミカツ」「ナポリタン」「カレーピラフ」を一度に楽しめるとのことですが、ナポリタンはドコに…

と思ったら、カツとピラフの間に5ミリほどのスパゲッティが寂しく散らしてあるのでした。

なんということだ。


◆商店情報
https://www.lawson.co.jp/sp/recommend/original/detail/1372801_2168.html
posted by kan at 18:41| Comment(2) | トルコライス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

日比谷シャンテ「ル・プチメック日比谷」の「クロワッサン・ア・ラ・クレーム」

とある土曜日。

この日は銀座と丸の内を歩き回ってました。

日比谷、変わりましたねえ。

地下道から日比谷シャンテに入り、地上階に出るとそこに「ル・プチメック」がありました。

せっかくなので買い物をしていくことに。


DSCN5023.JPG

クロワッサン・ア・ラ・クレーム


何度も京都を訪れているのにありつけなかったクロワッサンサンド。

まさかここで買えるとは。なんとも灯台もと暗し。

お味は、ウマいに決まってるじゃないですか。

(高カロリーを気にしてはいけません)


ノーマルのバゲットも美味しいよ!

(焼き立てを買うことも美味しさの大きな要素かと思います)



◆店舗情報
【Le Petitmec HIBIYA】
住所:東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ1F
電話:03-6811-2203
営業時間8:00〜20:00
※休みは日比谷シャンテの休館日に準ずる
http://lepetitmec.com/m_torisetsu/

2019年06月08日

「DEMEL」のサワースティック

甘いものが得意でない方にも贈れるお菓子といえば。

相応しいものがウィーン菓子「DEMEL」にあります。


DSCN5069.JPG

サワースティック(12本入り)

お酒のお供にもなります。


DSCN5074.JPG

キャラウェイシード・アーモンド・エメンタールチーズ・ブラックペッパー・ポピーシード・パプリカの6種類かな。

24本入りは8種類のバリエーションがあるそうな。


DSCN5065.JPG

ちなみに中身は「上野風月堂」なんですけどね。(なんということだ。)

デメル・ジャパン株式会社は上野風月堂の子会社なんです。だから会社の所在地も同じ。


コレはある程度仕方ないことなんですよね。

当初は空輸で始まったとしても、現地法人を立ち上げた時点で提携・工場生産に切り替わるのは世の常。

デパートで複数店舗展開したり、通販に対応するには安定供給や品質管理が求められますし。

配送・物流面も考慮しないといけないし、食品ロスも抑えないといけないし。

日本市場にはクリスマス、バレンタイン&ホワイトデー(EL&Pみたい)というカキイレどきの特殊事情もありますし。

ヴィタメールの中身はアンテノール=エーデルワイスですし、いまやゴディバの日本事業は韓国資本ですし。

(ついでにジル・スチュアートの中身はコーセー化粧品ですし)


ま、裏側がわかってしまうのはいささか残念でもありますが、安心感にもつながっているのでしょう。



◆会社情報
【デメル・ジャパン株式会社】
https://demel.co.jp/
posted by kan at 20:58| Comment(2) | 甘いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

鶴見「オ・ムナチエッロ」で会食

とある日曜日。

鶴見に来るのはひさびさ。

豊岡通りの印象も変わった気がしますね。

tom0.jpg

商店街から少し住宅地の方に進んでいくと、そこに「オ・ムナチェッロ」はありました。

18時の予約時間までに他の席は埋まってました。人気が伺えますね。

予約時間ちょうどくらいに全員が揃い、入店。

(一緒に入店はされませんでしたが、伊達公子ふうな方にも遠目にお目にかかれました)


今回は幹事さんの意向により、おまかせのコース3000円+飲み放題2000円となりました。

tom1.jpg

前菜その1・甘いミニトマトと前菜その2・カポナータ。

tom2.jpg

前菜その3・カジキとパプリカのソテー

tom3.jpg

前菜その4・ニンジン

tom4.jpg

前菜その5・ムール貝


前菜だけでおなかがふくれます。

野菜がいろいろあるのはよいですね。

限られた予算の中で工夫なさって下さっているのがわかります。

tom5.jpg

ピザその1・マルゲリータ

tom6.jpg

ピザその2・自家製サルシッチャとナスとパプリカ

tom7.jpg

メインはカチャトーラ。
これはトマトを使わないタイプですね。

tom8.jpg

ドルチェは桃のジェラート。


満足でございます(^o^)

魚介あり、鶏肉・サルシッチャありで夏野菜多めのコースでしたね。

お店の方も、参加なさったみなさまも、ありがとうございました。



帰宅して画像を確認したら、まともに撮れてませんでした。なんということだ。

(そのため小サイズでお送りしましたー)



◆店舗情報
【オ・ムナチエッロ】
住所:神奈川県横浜市鶴見区豊岡町31-8
電話:045-633-8866
営業時間11:30〜14:30、17:30〜22:00
月曜休
http://www.o-munaciello.com/
posted by kan at 21:55| Comment(4) | 横浜ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

鶴見「オ・ムナチエッロ」で会食(お土産頒布の巻)

とある日曜日。

1年8か月ぶりの会食でございます。


鶴見にある薪窯のピッツェリア「オ・ムナチエッロ」へ集合。

店名はナポリに古くから伝わる座敷わらしのことを指すのだとか。

(店のロゴに隠れているそうな)

https://twitter.com/o_munaciello/status/778915647048736772?s=19

ワタシが調べたところでは、地下水道網から各家庭に出入りする水道管掃除職人のことも「オ・ムナチェッロ」と呼んでたようです。



さてさて、まずはいただいたお土産の紹介から。

DSCN5052.JPG
神奈川区「岩井の胡麻油」の「横濱胡麻辣油」
https://www.iwainogomaabura.co.jp/spt

DSCN5035.JPG
保土ヶ谷区和田「黒滝洋菓子店」の「ブールドネージュ」
https://www.instagram.com/kurotakiyougashiten/

DSCN5048.JPG
京都・産寧坂「おちゃのこさいさい」の山椒・一味・ゆず七味(と、「祇園小石」の飴に「よーじや」のチャック付きビニール袋)
http://www.ochanokosaisai.com/smartphone/

DSCN5044.JPG
お忙しい中でも作って下さった、手づくりクッキー
http://whip-whip.com/

DSCN5031.JPG
そして鶴見といえば「清月」の「よねまんじゅう」!(と、ワッフルとコーヒー大福)
http://seigetu.nl.shopserve.jp/

いつもながらバラエティに富んだ内容でございます。

みなさまありがとうございます(^o^)



ワタシはですね、6月なら「梅と抹茶」が良さげなのではなかろうかと考えました。

そこで球磨の梅酒「うめぽん」と宇治・中村藤吉本店の「生茶ゼリイ」を用意したのですが、両方だとあまりに重たいことに買ってから気づきました。

なんということだ。

なので、女性陣には梅酒の代わりに「DEMEL」のサワースティックを差し上げました。

そこにも「なんということだ」が隠れてたんですけどね。



◆店舗情報
【オ・ムナチエッロ】
住所:神奈川県横浜市鶴見区豊岡町31-8
電話:045-633-8866
営業時間11:30〜14:30、17:30〜22:00
月曜休
http://www.o-munaciello.com/
posted by kan at 22:59| Comment(4) | 横浜ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

感謝

IMG_20190515_170148.jpg

とてもお世話になった方が5月末で退職されました。

いろいろとありがとうございました。
posted by kan at 16:00| Comment(3) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする