2021年07月25日

【ね】ネームクルック〈タイ〉

とある小雨そぼ降る夕方の新宿。

ビルの2階にある「ゲウチャイ」へ入店すると、お客さんはテーブルに1組と窓側のカウンターに2人だけ。

この日の目的は、店のおすすめ料理です。


KIMG0274.JPG

ネームクルック


ネーム(豚の醗酵ソーセージ)と、揚げた米やピーナッツ、唐辛子、タマネギ、ワケギ、生姜などを混ぜたサラダです。

甘酸っぱ辛い味付けと面白い食感。

コレはビール🍺のアテによいですね(^o^)


実は最初、上野のタイ料理店に食べに行ったのです。

そしたらメニューのネームの写真のところに「提供中止」と書かれてまして。

仕方なく違う料理を注文してからメニューをめくってたら、後ろの方にネームクルックを発見しました。

早とちりだったか。なんということだ。

で、日を改めて再訪しネームクルックを注文したところ、

「ネームがないので作れません」と。

早とちりじゃなかった。なんということだ。

(※大事なことは前もって確認しましょう)



◆店舗情報
【タイ料理ゲウチャイ新宿店】
住所:東京都新宿区新宿3-21-7 東新ビル2F
https://www.keawjai.com/
posted by kan at 09:43| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月18日

【ぬ】ヌイ・サオ〈ベトナム〉

「ぬ」「ね」で始まる料理はベトナムやタイあたりにありそう。

てなわけで調べてみたら、ありました。

ヌイ・サオはマカロニ炒めのことで、ベトナムの屋台メシ。

日本のベトナム料理店ではあまり食べられないので自作しました。


KIMG0325.JPG

ヌイ・サオ・ボー


牛肉(ボー)のマカロニ炒めなので、ヌイ・サオ・ボー。

ニョクマムは入れすぎるとしょっぱくなるので控えめに。


マカロニに特徴がありまして、原材料は米粉とタピオカ粉。

乳白色で、モチモチと弾力のある食感です。

池袋のベトナム食材店まで買いに行きましたよ。

(「ヌイ、ライスマカロニあります?」と尋ねたらすぐにわかってくれました)

posted by kan at 09:53| Comment(2) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

【に】ニハリ〈パキスタン〉

発音は「ニーハリ」みたい。

ニハリは羊や牛の骨付き肉などの煮込み料理で、ムスリムの食べ物。

いまやパキスタンの国民食なのだとか。

日本でもパキスタン料理店のスペシャルメニューとしていただくことができます。


KIMG0039ss.JPG

ニハリ


最初にシナモンが香りますね。

肉はやわらかくホロホロ。

いわゆるカレーよりも辛さはマイルド。

で、いわゆるカレーよりもめっちゃ油っこいです。

コレを朝ごはんとして食べるのがパキスタン流だそうな。

朝からしっかりエネルギー摂取するんですね。

(ちょっと真似できないっす)


◆店舗情報
【ナワブ湯島店】
住所:東京都文京区湯島3-34-4
https://www.nawab.co.jp/
posted by kan at 15:49| Comment(2) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月04日

【な】Nasi Lemak〈マレーシア〉

九段南に新しいマレーシア料理店ができたので伺ってみました。

キレイで開放感があって、女性誌で紹介されそうな雰囲気。

隣は英国のパイなどを販売している店なので、この一角だけちょいオシャレです。


P1040175.JPG

ナシレマッ(自家製カレー付き)


ココナッツミルクで炊いたごはん+おかず+辛い調味料のサンバルで構成された定番料理。

日本でいえばシンプルな朝の和定食のイメージでしょうか。

こちらの店ではカレーが付くので、ご馳走感もありますね(^o^)


「Ikan Bilis」という小魚のおかず、アジアの他の国でも似たものをちょくちょく見かけますよね。(日本でも)



◆店舗情報
【MASAK MASAK】
住所:東京都千代田区九段南3-5-5
https://masakmasakjp.com/
posted by kan at 11:54| Comment(2) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする