2021年08月15日

【ひ】ヒデグ・ジュメルチレヴェシュ〈ハンガリー〉

ハンガリーでは初夏から夏にかけて“hideg gyümölcsleves”(冷たい果物のスープ)が登場します。

中でも有名なのがさくらんぼ🍒のスープ「ヒデグ・メッジレヴェシュ」。

生食用の「チェレスニェ cseresznye」ではなく、主に加工用のサワーチェリーである「メッジ meggy」が使われます。

自分で作ることも考慮しサワーチェリーの瓶詰めだけは調達したのですけれども、ハンガリーワインやらサワークリームやらスパイスやらを追加購入すると材料費だけで軽く5000円オーバー。

さらにミキサーを買うとなると1万円超は確実。
(いちおうヨドバシまで見にいきました)

さすがにアレなので、プロに頼ることにしました。


KIMG0406s.JPG

ヒデグ・ウースィバラックレヴェシュ hideg öszibarackleves


冷たい桃🍑のスープ、ですね。

以前「世界のkitchenから」という飲料シリーズに「とろとろ桃のフルーニュ」というのがありまして、あれの元になった料理と考えられます。

甘さは控えめで、暑い季節にとても爽やか(^o^)

果物のスープだからして、美味しいに決まってますね。

スープは前菜の扱いとなりますので、デザートは別にしっかりいただきました。


◆店舗情報
【アズ・フィノム】
住所:東京都渋谷区神宮前2-19-5 AZUMAビルB1
http://www.az-group.jp/az-finom/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする