2021年10月31日

【よ】ヨー・チューン〈ラオス〉

ヨー・チューンはラオスの揚げ春巻。生春巻はヨー・カーオと呼ばれます。

春巻は中国はもちろん、東南アジアの多くの国でもポピュラーな料理ですね。

今回はふたつの店のヨー・チューンをいただいてみました。

KIMG0729s.JPG

御徒町「Hitch×kakeru*」のもの。

KIMG0695s.JPG

阿佐ヶ谷「サバイディー」のもの。

どちらもザクザク食感の皮が特徴ですね。

ラオスでは小麦粉の皮よりもライスペーパーを使うことが多いようです。

中身の具材は他国のものに比べて野菜多め。

少しモッチリした歯ごたえの具材が加えられることで、ひと口で食感の違いを楽しめますね(^o^)


◆店舗情報
【Hitch×kakeru*】
住所:東京都台東区上野6-2-2 ライフビル2F
https://m.facebook.com/hitchxkakeru/

【サバイディー タイ&ラオス料理 阿佐ヶ谷店】
住所:東京都杉並区阿佐谷南2-17-2
http://www.sabai-group.com/sabaidee/index.html
※高円寺店もあり
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月24日

【ゆ】ユヌバイロウ〈中国・四川省〉

クロアチアでスープのことを「ユハ」といいます。

調味料を取り寄せてザグレブの特徴的なスープでも作ろうかな、とも考えましたけれども。


お酒も解禁のタイミングですので、ここは“町中華で飲ろうぜ!”的に軽くつまむことに。

むろん静かにゆっくり、慎重に。

KIMG0710.JPG

雲白肉

ユヌバイロウ=ウンパイロー。

「蒜泥白肉」という名前で出している店も多いかと思います。

豚バラ肉ブロックを茹でてスライスし、キュウリの薄切りを添えてニンニクの特製ダレをかけた料理ですね。

四川料理店はもちろん、町中華でもみられるこの前菜メニューはツマミにぴったり。

短い時間でしたが、一杯やってリラックスできました(^o^)



◆店舗情報
【四川大衆 ハオワール】
住所:東京都千代田区神田神保町1-48-3
https://www.haowaru.com/
posted by kan at 00:14| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

【や】ヤッサ〈セネガル他〉

「ヤッサ」はセネガルの主要言語ウォロフ語で玉ねぎソースのこと。

したがって、玉ねぎ料理ということになりますね。

KIMG0351.JPG

ヤッサ・プーレ(Yassa au poulet)

途中から鶏がフランス語(※公用語)になってますけど。

鶏はウォロフ語だと「ギナール」らしいです。


マスタード等でマリネした玉ねぎ&チキンを煮込んだ料理で、なかなか旨いです。

が、とにかく玉ねぎの量が多いのですよ。

1食で3ヶ月ぶんほどの玉ねぎを食べた気分です。




◆店舗情報
【カラバッシュ】
住所:東京都港区浜松町2-10-1 B1
https://www.calabash.co.jp/
posted by kan at 01:46| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月10日

【も】モフォンゴ〈プエルト・リコ〉

Q:プエルトリコってドコにあるの?
A:キューバの東隣にハイチとドミニカ共和国が同居するイスパニョーラ島があり、さらに東隣がプエルトリコ島です。
余談ですが「ポンセ」という名の町があり、なぜだか懐かしい気持ちになります。


さて今回はバナナ🍌の料理です。

主にカリブ・中米で食べられている「モフォンゴ」。

まずはアメ横センタービルの地下で材料を調達します。

KIMG0618s.JPG

未熟の青バナナ


調理用バナナは安定入手が難しいのでコレを使います。

バナナの皮をむいて厚めの輪切りにしたら→揚げて→押し潰して→また揚げて

KIMG0655s.JPG

出来上がったものが「トストーネ(ス)」。

さまざまな料理の付け合わせとなります。

塩を振れば、フライドポテトのようなお味。

ワタシは油を控えたいので今回は揚げ焼き風に調理したんですけどね、青バナナってめっちゃ油を吸うんですよこれが。


で、今度は皮付きの豚肉……は用意するのが面倒なので代用のベーコンを熱して油を出して
→刻んだニンニクとタマネギを炒め合わせたらトストーネスと混ぜて塩胡椒で味付けしてマッシュ!

植物性油脂と動物性油脂のタッグでバナナのデンプンを包んでいくわけですね。

KIMG0658s.JPG

そして出来上がったものが「モフォンゴ」。

フライドオニオンを添えてみました。

日本でいうところのジャーマンポテトに似てますね。

場所は違えど、ヒトはさまざまな食材からデンプンを摂取しているのですよね。

本来は肉料理などと一緒に食べるものですので、単品であれば肉の量を多めにすると良いかもしれません。

付け加えると、これはとても喉の乾く料理です。したがって、よく冷えたビール🍺を用意しておくとよいでしょう。
posted by kan at 00:00| Comment(2) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

【め】メネメン〈トルコ〉

「メネメン」。トルコの周りの国では「シャクシュカ」と呼ばれています。


KIMG0072.JPG

メネメン


香辛料の入ったトマトソースにタマゴを加えて作ったピリ辛味のスクランブルエッグですね。

シミット(胡麻をまぶしたリング状のパン)によく合います(^o^)


で。ややこしいことに揚げ野菜+トマトソースの料理をトルコでは「シャクシュカ」と呼ぶのですよ。



◆店舗情報
【WORLD BREAKFAST ALLDAY】
https://www.world-breakfast-allday.com/
posted by kan at 14:35| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする