2009年03月11日

魂と引き換えに3つの願い

いや別に金欠だからってワケじゃないんですけど。

妄想族のたわごとだと思ってくださいな。


悪魔が魂と引き換えに3つの願いをかなえてくれる。

星新一の作品にもよく出てくる、例の契約ですね。

妄想族なら、本気で何パターンか考えてるんでは?


僕のはこれ。

1.過去現在未来を通じて、森羅万象の全てについて、
知りたいことを、知りたいときに、見通せる力がほしい。
ただし、人間の脳が健常な状態で理解できるレベルに限る。
また、知る楽しみも奪われないという前提で。
歴史も言語も生物も、とにかく興味のあることすべてについて。

たとえば…「風が吹いたら桶屋が儲かる」という事象があったら、
その構造の知りたいこと何もかもわかる、ということですね。

そして、こうアクションすればどんなリアクションが広がるか、
細部にわたって見通せるということですね。

もうほとんど神様の域です。

「欲張りにもホドがある」お願いといってよいでしょう。

2.知りたいことがなくて「もうじゅうぶん」と思ったときが寿命。
(ちょっと「ファウスト」っぽいかもしれませんが)

3.3つめのお願いはありません。
(これは星作品の中に実際に出てきます)



でも欲張りな願望を妄想すると、思いあたることもあります。

人の一生は、何かひとつの事をやり遂げるのにピッタリの時間。

いちおう天下獲りなんかもギリギリ一代で実現したりしますし。


ちなみに、ひとつめのお願いの内容は、

悪魔が退散する方法も見通せるってことなんですよ。
posted by kan at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>妄想族
・・・呼びました?

ええと、スタートからしてダメです。私は良い子だから天使様がご褒美で「なにか3つのお願いを聞いてあげるよ、ただで。」っていうのじゃなきゃ、イヤです。

なんつぅ欲張りな奴だ、と悪魔にもkanさんにも舌打ちされそうです。
Posted by にっき at 2009年03月13日 16:43
いや舌打ちなどいたしませぬが…

そういうご褒美って、姉上様のようなタイプの人に降り注ぐような気がしません?
Posted by kan at 2009年03月13日 23:12
いえ、姉は優柔不断でもあるのです。とても自分の願いを3つに要約することなんては出来ません。(際限ない欲望を抱えているし)だから江戸っ子の天使様なら「ああ、まどろっこしい、そこの妹、アンタでイイヤ」ってぇことになるんじゃないかと・・・。
Posted by にっき at 2009年03月14日 07:01
ああ、そしたら姉上様は悪魔との契約だったとしても、
「温泉に行きたい」とかをいちばんに持ってきてしまうとか…
Posted by kan at 2009年03月14日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック