2009年05月11日

エクランナクレ

またまた青葉区まで遠征…してません。

たまたまラゾーナに出店してるのをみつけました。

morino-kumasan.jpg

森のくまさん(420円)

恥ずかしいので箱に隠したまま食べました。

外側のパーツはもちろんチョコレート。

スポンジの中身はイノクマのエクレアみたいな感じで、

みかん、桃、パイナップルと生クリームが入ってます。

素朴な味は、お子さまのおやつによさそう。


ecrin.jpg

ブルーベリーのタルトも試してみました。

果実がさほど甘くなかったのですが、

クリームとのバランスが良くて満足でした〜


(星2つ半★★★☆☆)


◆店舗情報
【夢菓子工房 エクランナクレ】
住所:横浜市青葉区もえぎ野1-18
電話:045-973-9835
営業時間9:00〜22:00
月曜定休(月曜が祭日の場合は営業、火曜休)
http://www.asahi-ds.co.jp/navi/fujigao/ecrin/ecrinfre.htm
posted by kan at 11:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 横浜ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
買う時点でけっこう恥ずかしいと思うのだけれど・・・。だから食べるときに恥ずかしがらなくても良いと思うのだけれど・・・。男ごころは複雑なのね。

ここの本店は私達の散歩コースにあるのだけれど、ご近所のオチビさん達のお誕生日ケーキには大人気みたいですよ。地元で愛されているお店です。
Posted by にっき at 2009年05月11日 21:49
こーゆーのは買うときも食べるときも恥ずかしいですよ。
でも買っちゃうんですよ、つい。
2日連続で1個ずつ買ったら顔を覚えられてたので、
トリプルで恥ずかしい記憶ですね…
Posted by kan at 2009年05月11日 22:13
あ、違うか!

あのですね、買ってうちに帰ってから食べたんじゃないです。
買ってすぐラゾーナのフードコートで食べたんです。
ラゾーナで買ったお弁当やなんかはあそこで食べてもよいので。

そしたら当然、まわりにはいっぱい人がいるわけですよ。
隣の席は若い男女でしたし。
そこで堂々と森のくまさんをオープンにする…
故・若山富三郎(甘党)くらいの侠気がないとムリなんです。
Posted by kan at 2009年05月11日 22:25
森のくまさんを恥ずかしそうに召し上がってる姿を思い浮かべると・・・ぷぷっ!
(シンパシーですか?・・・Tさん♀風)
ちなみに、どこの部位から食したんですか?
私は、ひよこのお菓子はお尻からです。
Posted by fukuchi at 2009年05月15日 23:38
いや笑いごとじゃないですよ。
この時期もうケーキの持ち帰りが危ういので…
すぐ食べないと。


ニャンコ先生に見立てられてもしかたないですか。


耳→半分に割って中身を確認→手前から食べました。
たいやきとかだと、割って頭から食べます。
Posted by kan at 2009年05月16日 00:23
異議アリ!
>たいやきとかだと、割って頭から食べます。

え〜っと頭から食べるんだったら、割る必要はないのではないでしょうか?
もしやkanさんは中身懐疑主義確認派?
Posted by にっき at 2009年05月17日 14:29
懐疑までいかないと思いますけど。

一応アンコを確認してから食べますね〜
Posted by kan at 2009年05月17日 23:36
おはようございます
アチラへのコメントありがとぉございました (〃⌒▽⌒〃)ノ

これが “森のくまさん” かぁ〜 ♪
新横浜の店舗では2種類しか売っていなかったので
知りませんでした … くまさん3兄弟だったんですね
知ってたら3匹買ぃを … って3個は多いか (笑)
Posted by 小径のヌシ(^−^) at 2009年09月05日 08:01
おはようございます。お早いですね〜
コメントありがとうございます。

ラゾーナの客層がファミリー中心なので、
出店の際に「くまはイケる!」と考えたのかもですね。

ホントに素朴なお味で。
Posted by kan at 2009年09月05日 10:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック