2010年02月11日

彼氏の財布がマジックテープ式だった。

先月の下旬あたりから、有線でよくかかるようになりました?


彼氏の財布がマジックテープ式だった。

彼氏の財布がマジックテープ式だった。

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Independent Label Council Japan(IND/DAS)(M)
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: CD




その筋では有名な「ほぼ日P」という方のヒット曲?で、
もともと初音ミクに歌わせていたもの。

それが…リアル歌手による、まさかのCD化。

雨降りでお暇な休日でしたら、検索なさってみるのもよろしいかと。

初音ミクバージョンなら「You Tube」等で視聴できます。

↓こんなのとか。
http://www.youtube.com/watch?v=iPZruZY0pno&feature=related

↓こんなのも。
http://www.youtube.com/watch?v=MJYt5r4S1sY

(※いずれも職場で音を出して視聴してはいけません)


で、マジックテープ式の財布。

普段はスーツなので、内ポケットに入れる長財布を使ってますが…

ベトナム製のやっすいマジックテープ式の財布も持ってますよ。

トレッキングのときとか、旅行中のダミー用には便利なんです。

いちおう、マジックテープ式擁護派でしょうか。

“イタメシ屋さんのテーブルでお勘定”のときには使いませんが。
posted by kan at 02:15| Comment(14) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワシもマジックテープ式擁護派です。
特にバイク旅や海外の時は好んで使いますが、我妻は思いきりイヤソウナ顔をします。

勿論、普段は革の二つ折りです(笑)
Posted by とも2 at 2010年02月12日 00:32
あっ、擁護派の方がお出ましに!
アクティブ系のお出かけには役立ちますよね。

山登りをする女性ならわかってくれますでしょうか。
Posted by kan at 2010年02月12日 00:48
「ほぼ日P」さんのメロディーラインやアレンジ。
あーこの感じなんだっけ?聴いたことあるんだけどなんだっけ??ってなります。
思い出せそうで思い出せないのは、加齢のせいか、ほぼ日Pさんの巧さなのか?

「大人の科学」のミニエレキで「彼の財布が…」を弾いているのが一番好きです。
チューニングペグの自作もすごい〜!
Posted by さば at 2010年02月13日 00:26
そんなのぜーんぜん平気!と書いて好感度アップさせたいところですが、やっぱり引いちゃいそうだな〜。
山でブランドの皮製長財布を出す男子と同じくらいヤダな〜。
Posted by さんぱち at 2010年02月13日 00:58
えーと、親類一同で旅行にでかけるときはみんなから集金して「マジックテープ」の財布に入れてますが、なにか?(汗。

山道を歩いたり、動きまわったりするので、小銭がオチないからいいんですけどねぇ…。

もちろん、普段は我妻作の革の二つ折り財布(お札用)+皮の小銭入れです(笑)。
Posted by teru at 2010年02月13日 05:27
>さばさま

「彼氏の〜」につきましては…

松任谷由美「リフレインが叫んでいる」
小林麻美「雨音はショパンの調べ」
中原めいこ「君たちキウイ〜」
平尾昌晃「カナダからの手紙」

他にもいろいろミックスされているのでは。

歌謡曲ってそういう意味ですごいなあと思います。
Posted by kan at 2010年02月13日 13:33
>さんぱちさま

「山でブランド皮財布」って、「スーツで山登り」みたいな場違い感ですね。

やっぱりイタメシ屋でマジックテープはNGですか。

要は時と場合をわきまえろ、ということになりましょうか。
Posted by kan at 2010年02月13日 13:40
>teruさま

ああ、札入れは奥様のお手製なのですねえ。

やっぱり動きまわるときには便利ですよね、
マジックテープ式。

teruさまも擁護派ということで良いですよね?
Posted by kan at 2010年02月13日 13:45
あ、そんなことにいちいち引いていられるほどワタクシはやわではありません。
って、ことで擁護派です。
一番粋なのは財布売り場のマネージャーが「俺、財布本当は嫌いなんだよね。」って言って小銭入れと札クリップの愛用者だったことでしょうか。

かつてハンドバッグ売り場の責任者だったワタクシも、両手がふさがっていないのが一番楽だよ〜とダウンコートのポケットに財布から文庫本まで収納して手ぶらで歩いていたりしています。ふん。
Posted by にっき at 2010年02月13日 20:46
財布売り場のマネージャーが財布嫌い(笑)
にもかかわらずマネージャーというのが立派ですね。

そして手ぶらの女性はオトコマエですね。
(いちおう褒め言葉です)
Posted by kan at 2010年02月13日 23:07
にっきさんのコメント拝見して、
「あ、自分 ちいさっ!」と思いましたが、ここがチャンスの前髪つかめる人間とつかめない人間の違いかもなあと感じましたぁ。

ちなみに昔はセカンドバック持ってる男子にも引いてましたぁ(ますます人間小さい?)
Posted by さんぱち at 2010年02月14日 22:58
>さんぱちさま

セカンドバッグ、あのポーチ的なやつですか。
「どうしていまだにセカンドバッグ」って曲もアリでしょうか。

用途的にあのくらいのサイズのバッグが必然の場合もあると思います。
が、それにしても一時はネコも杓子もアレでしたね。

でも例えば東山紀之が持ってる姿なら許せるとか…
やっぱりダメです?
Posted by kan at 2010年02月15日 14:58
「どうしていまだにセカンドバッグ」・・・
ジャニーズで許せるのは(っつーか持っていそうなのは)TOKIOのリーダーくらいでしょうか・・・。

そういえばワタシの家族は、はがすときの音からマジックテープのことを「ジャー」と呼んでおります。
「ジャーの運動靴」「ジャーのカバン」etc.
なわけで、色々言わせていただきましたが、実はとてもお世話になっているので、今さらですが、条件付擁護派ということでお願いします。

Posted by さんぱち at 2010年02月16日 23:31
あ、リーダーなら…納得です。

「条件付擁護派」ですね。了解です〜
Posted by kan at 2010年02月17日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック