2010年03月06日

ウィーン「グラーシュムゼウム」で牛肉のグラーシュ

かさばらず軽いポストカードは、気楽なお土産。

この旅行中、いつもポストカードを眺めては目移りしてました。

postcarte1.JPG

postcarte2.JPG

で、このディスプレイの店の近くに、グラーシュの専門店があります。

その名も「グラーシュムゼウム(グラーシュ博物館)」。

gulaschmuseum1.JPG

グラーシュだけで何種類もあります。

gulaschmuseum2.JPG

注文したのは確か、“Rindsgulasch mit Kartoffeln”
牛肉のグラーシュ、ジャガイモ添え…だったと思います。

なんかね、突然ひさしぶりにグラーシュを食べたくなったんです。

よさげなカフェでもあれば、別に専門店に行かなくてもいいんですが。

ウィーンのグラーシュは香辛料が控えめでマイルド。
イメージとしては洋食の「ビーフシチュー」ですね。

日本でいえば、カレーを食べるような感覚でしょうか。


◆店舗情報
【Gulaschmuseum】
住所:Schulerstraße20,1010Wien
営業時間9:00〜24:00(土日祝10:00〜24:00)
http://www.gulasch.at/

↓ウィーンのグラーシュを紹介しているサイトなら
http://www.geocities.jp/gulaschtaishi/
この記事へのコメント
外国ごはん(2004墺・捷・列・瑞士編)、楽しみにしてますよ〜。

見ていると、ああ、世の中にはまだまだ知らない食べ物が一杯あるのねぇ…と思ってしまいます(汗。

欧州には行ったことがないので…。

薄給なので(汗、いついけるか分からないですが、将来、欧州に行った時の参考にさせて頂きます。
Posted by teru at 2010年03月06日 06:27
今度はちゃんと帰ってきます〜(笑)

この旅行はごく短期間のものでしたので。

日本にも未知の食べ物がいっぱいあって驚きますね。
Posted by kan at 2010年03月06日 13:09
ちょっとご無沙汰していたら、いつの間にか素敵な旅日記が始まっているではないですか!

ワシは欧州は何度&結構長期に行っているのですが、出張や研修、業務応援などであまり「フラフラ」したことがないので羨ましいなぁ…

楽しみにしておりますので、ぼちぼち続けてくださいませね♪
Posted by とも2 at 2010年03月06日 14:35
お仕事では、自由になる時間も少ないですよね。

また少し「フラフラ」したいと思っておりますので、
リハビリも兼ねて昔の画像をひっぱり出してUPしてみました。
コスタリカの画像はサルベージできていないのですが…

まずは書店員生活のあいだに失効したパスポートを発行し直すことからスタートです…
Posted by kan at 2010年03月07日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック