2011年02月12日

アドリア海ぐるり・その1(アッシジ&ペルージャ)

「飛ばねぇ豚は、ただの豚だ」
紅の豚 [DVD] / 宮崎駿 (監督)

と、「紅の豚」に影響を受けたというわけではないのですが、
アドリア海を中心にざっくりと歩きまわったことがございます。

時は2002年のGW。当時は某環境コンサルタントでアルバイトをしており、
(のちに契約社員となって横浜・鶴屋町に赴任したりするのですが…)
前年度の業務もひと段落したので、ちょっと長い休暇をもらったのでした。

インフルエンザはとっくに治ってると思うのですが、咳が続いています。
食欲もないので、このタイミングでまた旅シリーズを始めたいと思います。

adriatico000.JPG
アドリア海ぐるり、の相棒。

このときはマレーシア航空利用で、クアラルンプール経由でした。
途中降機のクアラルンプールで信じられない失敗をやらかしたのですが、
無事に旅を続けることができました。その節はお世話になりました。
マレーシア航空の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

深夜にクアラルンプールを出発してから到着するまで、機内食が3回。
そのうち2回は軽食ですが、さすがにブロイラーな気分です。

翌日の昼、チューリヒへ寄港の後、フィウミチーノ空港に到着。
何かとしんどい南まわり航路ですが、昼間の到着はありがたい。

そそくさとローマ・テルミニ駅まで移動し、まず小腹を満たします。
adriatico001.JPG
駅売りのマルゲリータ(1.55ユーロ≒186円)。
このチープさが好きなんです。やめられない。

2002年当時の1ユーロは120円くらいでした。

そしてひと心地つくと、イタリアを北上していきます。
ローマからアッシジまで急行で2時間20分(8.99ユーロ≒1079円)。
イタリアは西欧諸国の中では比較的交通費の安い国だと思います。

adriatico002.jpg
アッシジ駅に着くと、ボーイスカウト団体?がいました。

駅と町は離れているので、バスでアッシジの町まで移動。

adriatico003.JPG
赤いポピーがいちめんに咲いてますね。

「咲く」でひとつ思い出しました。
「武井咲」って「たけい えみ」なんですね。

adriatico004.JPG
この日は金曜日でしたが、アッシジはすごい人出なのでした。

adriatico005.JPG
サン・フランチェスコ聖堂。ちゃんと復活してます。

adriatico006.JPG
サンタ・キアーラ教会。

adriatico007.JPG
お菓子屋さん。カンノーリなど、素朴なお菓子が並んでますね。

adriatico008.JPG
イタリアのおやつといえばジェラート。これはメロン&桃だったかな。

旅メモには“ジェラート3連発!1.2、1.2、2.4ユーロ”などと記されてます。
きっと何かの間違いでしょう。

その後、ウンブリア州の州都ペルージャに移動(1.60ユーロ≒192円)。

イタリアでもかなり古くからある、丘の上の町です。

石造りの堅牢な建物が多く、地面が灰黒色なので“重たい”感じがあります。

adriatico009.JPG

adriatico010.JPG

ペルージャでは心当たりのホテルをあたるも、軒並み満室です。
「アルべルゴ・アンナ」になんとか空室をみつけ、投宿(30ユーロ≒3600円)。

パニーニで軽く夕食を済ませたら、イタリア初日が終了です。
この記事へのコメント
このエリアは行ったことがないので、旅レポを楽しみにしております。

しかし、いくら若かったとはいってもジェラート3連発とはねぇ…
Posted by とも2 at 2011年02月13日 17:53
とも2さんの大人の遠足シリーズが完結したタイミングで、こちらでも旅シリーズを始めてみました。

ジェラート3連発、今となっては自分でもちょっと考えられないですねえ…
Posted by kan at 2011年02月13日 19:02
あっ、いつの間にやら楽しいシリーズが始まってました…。

すっごく期待しています!

あ、でも体調を優先させてくださいませ。

※諸事情により、我が家の海外旅行計画は中止になりました…(滝涙。
Posted by teru at 2011年02月13日 23:05
あ、プレッシャーになりますので、あまり期待なさらずに…
お茶請けに薄ーく切った羊羹程度の内容でございますので。
Posted by kan at 2011年02月13日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185638868

この記事へのトラックバック