2011年02月13日

アドリア海ぐるり・その2(フィレンツェ)

翌朝、列車でペルージャからフィレンツェへと移動します。
いちど主要幹線で乗り換えて、約2時間(8.86ユーロ≒1063円)。

adriatico011.JPG
ドゥオモ。「花の聖母教会」とも呼ばれる“クーポラのある聖堂”です。
塔はジオットの鐘楼、八角形の建物はサン・ジョバンニ洗礼堂。

「フィレンツェ…ちっともアドリア海じゃないじゃん!」
というツッコミは甘んじてお受けします。

せっかくイタリアに来てるんですもの、寄り道は当然ですことよ。

3回目のフィレンツェ。三度目の正直で晴天、かつ月曜でない日。
前の2回は雨に降られ、そして美術館にもフラれたのですわ。

トスカーナは雨が降りやすいのかな…

体力のあるうちにウフィッツイ美術館へ(6.50ユーロ≒780円)。
http://www.uffizi.firenze.it/musei/uffizi/
30分待ちでようやく入館。これってマシな方?

レオナルド・ダ・ヴィンチとラファエロをじっくり堪能。
あ、フィリッポ・リッピだ。クラナッハとデューラーもあるなあ。

旅メモにはボッティチェリについて上から目線のコメントが。
何様だ、2002年の自分。


ランチは激混みの「トラットリア・ラ・カーサリンガ」へ。
中心街からは離れた場所にあり、地元客で賑わっています。

adriatico012.JPG
生ハムとサラミのアンティパストが3.10ユーロ(≒372円)。

他に「タリアリーニ・カーサリンガ風」と「イチゴのタルト」を注文。
飲み物とサービス料を加えて、計12.95ユーロ(≒1554円)でした。

“イタリア版おふくろの味”という感じで、美味しかったですよ。


食後は散歩です。

adriatico013.JPG
ヴェッキオ宮殿。

adriatico014.JPG
宮殿前のシニョリーア広場には、ミケランジェロのダビデ像が。
これはレプリカですね。本物はアカデミア美術館にあります。


adriatico015.JPG
アルノ川に架かるヴェッキオ橋。

adriatico016.JPG
橋の両側には貴金属店が並びます。


adriatico017.JPG
ヴェッキオ橋近くのマーブル紙屋さん「イル・パピーロ」。

ディスプレイがステキなこちらの店で、紙製品を数点購入。
いきなり50ユーロ(≒6000円)も使ってしまいました…

adriatico018.JPG
路上のパフォーマーさんとお子様たち。

adriatico019.JPG
突如現れるメリーゴーランド。

adriatico020.JPG
ジェラート屋さん。大手メーカーの観光地仕様店ですね。

adriatico021.JPG
同じく観光地仕様のセルフレストラン。
ルックス重視の店ですが、このドルチェにやられてしまい、つい入店。

adriatico022.JPG
ラザニアをいただきましたが、見た目に比べて残念なお味…

玉石混合は観光地の宿命。
安易に「ここでいいや」と判断するのは、時に危険です。
やっつけ仕事なツーリストメニューも多いのです。


さて。
土曜日のフィレンツェでの宿探しは、そこそこ骨が折れました。
それでも駅東側のホテル街でアルべルゴに空室をみつけました。
23ユーロ(≒2760円)ナリ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185732570

この記事へのトラックバック