2011年02月25日

アドリア海ぐるり・その13(ナポリ後編)

10日目。

前日の件はノーカウントということにして、ナポリの1日が始まります。

adriatico104.JPG

adriatico105.JPG
ホテルの近くで路上の朝市。けっこうな人出です。


adriatico107.JPG
ポルトガルでもこんな鳥の嘴状のファサードを持つ建物を見ました。

adriatico108.JPG
ウンベルトI世ガレリア。
ミラノのヴィットリオ・エマヌエーレII世ガレリアと同じ19世紀末の建築。

adriatico109.JPG
カステル・ヌオヴォ。


このへんで旧市街に移動し、早めのランチにします。

バカのひとつ覚えのような注文ですが、スパゲッティ・ボンゴレ。
朝市で貝を見たのが、無意識に刷り込まれたのかもしれません。

それにイワシ、タコ、イカ、エビのフリット。パンとミネラルウォーター。
ドルチェはタルトゥーフォ、そしてエスプレッソ。

以上で23ユーロ(≒2760円)でした。
一応はリストランテでしたので、価格はまあ適正の範囲内でしょうか。

メモってたら他の席のお客さんから「フードジャーナリストなの?」と。

確かに…一般人が食事のメモをとるなんて、日本人くらいかもしれませんね。

こういう外国の人に、日本の普通のママが作るキャラ弁とか見せてあげたい。
信じられないクオリティの高さですもんね。どこで修業したのかってレベル。


食後、また歩き出します。

adriatico110.JPG
ダンテ広場。

adriatico111.JPG
で、このような道を歩いてましたところ…後ろから悲鳴が。
振り向くと、ひったくりにあったとおぼしき女性が叫んでます。
そして2人乗りのバイクが猛スピードで歩道を走り抜けます。
ほんの数秒のことでした。

ああ、これがナポリなのか。
そこそこ人通りもあった路上でひったくり。本当に気をつけないといけないな。

と、いまさら気を引き締めても、前の日にカード紛失してるんですけど。

adriatico112.JPG
ショーウィンドウのタルトなど。上段のデカいのは何?

adriatico113.JPG
サン・フランチェスコ・ディ・パオラ教会。


と、こんな感じで、ざっくりとナポリを歩きまわりました。

結論から申し上げますと、「ナポリを見て死ね」は死語です。

でも、やや煤けた下町風のこの街を愛する人も多いのでしょうね。



ホテルに戻って、寝る前に翌日の出発の準備を整えます。

と、どうも何か忘れものをしたような気分なのです。

しばらく考えてわかりました。ポンペイに行くのをすっかり忘れてました…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187463777

この記事へのトラックバック