2011年02月27日

アドリア海ぐるり・その15(ローマ後編)

12日目。「アドリア海ぐるり」の最終日です。

朝一番で日本のカード会社に電話。
紛失したカードが不正使用されてないか、念のために確認します。
いや、イタリア人を信用してないわけじゃないですよ?
日本語で確認して安心したかっただけなんです。

はじめ電話に出た人の態度がたいへんよろしくなかったのですが、
カードをなくしただけとの旨を伝えると、態度が一変しました。

要するに、最初は海外旅行保険サギだと思われてたんですね。
保険付帯タイプのカードなので。

それだけ保険金サギが多いってことかなあ…



さてこの日もテルミニ駅から歩きはじめます。

adriatico123.JPG
路面電車。新型ですね。

adriatico124.JPG
こちらはちょっと古いタイプ。

adriatico125.JPG
またトレビの泉の前を通ります。

adriatico126.JPG
サン・ピエトロ寺院が見えます。
ヴァチカンには行ったことあるので、このときはパスしました。
システィーナ礼拝堂、すっごい混むんだもん…

adriatico128.JPG
サンタンジェロ城。

adriatico127.JPG
前日に引き続き、ナヴォーナ広場を横切ります。

adriatico129.JPG
パンテオン。


このへんでランチにします。

春巻にワンタンスープ、炒飯、豚とパプリカの辛味噌炒めで10ユーロ。

最終日に中国料理とはいかがなものか、との意見もおありでしょうが、
食べたいものを食べたいときに食べられるのが幸せというものです。


午後は買い物の時間。

ん?メモによると「ドライイチジク」なんて買ってますね。

文房具店ではスタイリッシュな文具セットを購入。
その後、この文具たちがほとんど使われないことなど、知る由もない。

書店では有名な「リツォーリ」がありますので、長時間回遊します。

ほかにもちょっと変わった書店があって、そちらにも長居しました。
紙箱入りのカラフルなTシャツをいちめんに陳列したコーナーがあったり、
関連商品と本を集めた「星の王子様コーナー」があったり。楽しいな。
「ピーナッツコーナー」(スヌーピーの漫画ね)もありました。


adriatico130.JPG
最後にイタリアで思い残すことがないように、ジェラートで〆ました。
レモン&パイナップルの爽やかな味に満足。


反省すべき点は多々あれど、終わりよければすべてよし。
この旅行もなんとか無事に終わりました。

そして長いフライトの後には、バッチリ仕事が待ち構えていたのでした…

以上、2002年の「アドリア海ぐるり」でした。
これ以降はハードな移動旅をしなくなりましたね。“できなくなった”のかも。

まだ南米を訪れていませんので、ハードな移動はこれからが本番だったりして。


最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m

(おしまい)
この記事へのコメント
お疲れ様でした(← 記事のアップのことですよ)

大変楽しく読ませていただきました。
旅にはイロイロと苦労が付きものですが、まあ無事に帰れればヨシといたしましょう。
しかし、いまさらながらにプー太郎の時にヨーロッパに行けばよかったと…うらやましいなぁ(悔)
Posted by とも2 at 2011年03月01日 00:35
アドリア海周遊にお付き合いいただきありがとうございますm(_ _)m

欧州に行ったぶん、正統派バックパッカーのように
インドやタイで沈没したりアジア横断したりする機会を逃しましたけど(^^)
そのうち働き出したら、休みのうちにあちこち行けなかったことを誰よりも僕が後悔しそうです〜
Posted by kan at 2011年03月01日 02:10
「アドリア海ぐるり」、ありがとうございました。

kanさん、以外にそそっかしいというのがわかりました(笑)。でも、なにかトラブルがあったほうが、旅の記憶って残ってますよねぇ。

働き始める前に、どっか周遊される計画はあるのでせうか?
Posted by teru at 2011年03月01日 23:55
はい、けっこう毎回大きなポカをやっちまってます。
“1日4000円の旅”のときも旅の終わり近くでやっちまってました。

周遊計画はありまして、まだまだあちこち行く気満々なのですが、
体調を考えるとハードな日程はムリかもしれないですね。
Posted by kan at 2011年03月02日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187958659

この記事へのトラックバック