2013年02月14日

御茶ノ水「豚野郎」で中豚丼

どちらかといえば並ばないタイプですが、ついに並ばずに入店する日がやってきました。

お冷やのコップがなんだかでかいです。
店内では常に肉が焼き続けられ、ダクトを通って大量の煙が神田川上空を流れてゆきます。

butayarou.JPG
中豚丼(680円)

魅惑のルックス。
タレは甘くないんですね。
お味は香ばしい…というか香ばしすぎ?焦げてちょいと苦いくらいかも。

これは好みが分かれるだろうなあ。
とりあえず小(480円)を試してみて、気に入ったら通うのがよいかと。

個人的にはあまり好きなタイプではありませんでした(※豚丼の話です)。
何度もチャレンジしたのにやや残念な結果に終わりました(※豚丼の話です)。

期待値が高すぎたのかな。

あ、でも、あれだけ行列してるんですし、スマトラカレーの例もありますし、
ちょっと苦い料理にはなにかしらの中毒性があるのかもしれませんね。


(星2つ半★★☆☆☆)


【炭焼豚丼 豚野郎 (ぶたやろう)】
住所:東京都千代田区神田駿河台2-6-15 3F
電話:03-3219-9322
営業時間11:00〜23:00
日休
posted by kan at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック