2014年06月07日

手術

今回の手術は「人工透析導入に伴う左腕内シャント作成手術」というものでした。
具体的には、腕の表皮に近い部分の動脈と静脈をつなぐ手術なんです。
透析の際に多量の血液を流せるようにするのが目的です。

執刀医のS先生は日焼けしたスポーツマンタイプで、精悍でステキな感じでした。
40分で終わるケースもあるそうですが、手術はバッチリ2時間かかりました。
血管が網目状だったため、それなりに手こずったそうです。
執刀医が経験豊富な先生でよかったです。

手術前、手術台に仰向けになったところで聞かれます。
「好きな音楽は何ですか?」
手術前にいきなり、なんのこっちゃ?
と思いましたが、有線で好きなジャンルを聴けるそうなのです。
じゃ、80年代あたりでお願いします。
あ、べリンダ・カーライルだ。あ、ヴァン・ヘイレンだ…

あまり麻酔がきかない体質かもしれないので、マメに麻酔を追加してもらいました。
それでもけっこう痛かったですねえ。

手術室の丸い無影灯を見上げながら、思います。
結局、弱虫なところは小さい頃から変わってないな。
それにしても「弱虫」ってえらく懐かしい単語がでてきたものです。小学校以来?

動けないのもつらいのですが、それ以上におなかがすいてきたのもつらかったです。

術後の経過はまずまずというところで、いまのところ問題ナシ。
手術が終わると、腎臓外科の先生から翌日の退院の許可が出ました。

そこで退院する旨を腎臓内科の主治医の先生に伝えると、
「外科はよくても、内科はそうはいかない」…だそうです。
posted by kan at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック