2014年10月05日

ケイジャン&クレオール

P8020247.JPG
到着翌日はフレンチ・クォーターをゆるゆる歩きまわり、 ランチにはまたナマズ料理をいただきました。

さらに次の日にはアメリカ水族館へ。
P8030257.JPG"240">
水族館なんですが、肩に鳥をのせたおじさまがいらしてました。

数日後にはコスタリカへ出発しますので、意識してゆったり過ごしてました。
それでも真夏ですので、やっぱりそれなりに消耗しましたね。

P8040266.JPG
町を走るストリート・カー。スピードは徒歩とどっこいどっこい。


ニューオーリンズの名物に「ベニエ」というドーナッツがあります。
穴のあいてない座布団みたいな形のドーナッツで、「カフェデュモンド」で提供されています。
当然食べに行ったのですが、帰国してから草加に店があると知って腰砕けでした…

滞在4日目が実質最終日ですので、ちょっといいものを食べることにします。

ランチは14ドルのケイジャン料理。
P8030220.JPG
ナマズのパイ、ジャンバラヤ、ガンボ、パスタとサラダのコンビネーションプレート。
チリの効いたホットな味付けでした。

ディナーは12ドルのクレオール料理。
レッドライス&ビーンズ、またもやジャンバラヤ、それにクロウフィッシュ。
P8030221.JPG
クロウフィッシュってのは要するにザリガニですね。

いずれも美味しくいただきました。


宿に戻ってから、同室の仲田くん(関西学院大学在学中)と夜の町へ。
こき下ろしておきながら、またバーボン・ストリートに赴き、バーに入店。
「レインボー・カクテル」というのをいただきました。

最後まで同性愛から離れられなかった?北米の旅でした。

2週間のコスタリカ滞在が終わり、一度アメリカに戻ってから帰国の途につくのですが、これが長かったんですよね。
途中降機もあればデトロイトで乗り換えもあり。
機内食何回出たんだか。

帰国してすぐ専門学校の実習で黒姫に行きましたが、そこで衝撃のニュースが報じられました。
ひと月前に滞在していたニューヨークで、たいへんなことが起きていました。
タイミング次第では巻き込まれていてもおかしくはない状況で、同時に自分が助かったことを単純に喜べることでもなく。

単なる偶然なのですが、卒論を書くために渡欧したひと月の間に阪神淡路大震災が起き、その後の卒業旅行でまた渡欧している間に今度はサリン事件が起こり…
そのときに感じた、現実とは思えない感覚を思い出す結末だったのでした。



(おしまい、そのうち改変の予定です)
posted by kan at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2001年北米の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406602662

この記事へのトラックバック