2014年10月28日

京都「ひさご」で親子丼

024.JPG
いちおうパックツアー扱いですので、チケットは1枚もの。

9時ちょうどくらいに京都駅到着。
改札を出る前にちょっとだけ、構内で売られているものをチェックします。

026.JPG
大根みた〜い
(※「けいおん!」は見てません)

今回はじめて京都タワーの展望台にのぼりました。
ホテルでチケットをもらったもので。
これまた思ったより人がいました。
望遠鏡がタダってのはよいですね。
ビルの街並みのなか、社寺仏閣の敷地の広さが目立ちますね。
ある程度地理がわかった頃にのぼるのがよさそうです。
ちなみにタワーの地階はお土産フロアなのですが、昭和の修学旅行にタイムスリップしたような空間です。


バスの乗車カードを買うにも長蛇の列でしたので、あっさりパスしてのんびり歩き出します。
と、いきなりおねいさんに道を尋ねられます。
どこにいても道を聞かれます。
八条口(線路の反対側)に行きたかったそうです。
ちなみに呼びかけは「あのね」でした。
言葉は関西弁でしたが、おそらく地元の方ではないのでしょう。
って、毎度のことですが、道を聞きたいのはこっちですって。


まず駅前から鴨川まで歩きます。七条あたりですね。
川のそばまで来たところで気になったメニューが。
036.JPG
「オブライス」とはなんぞや。もしやどこぞの国の、未知の食べ物?
しかしすぐ下には「オブカリー」という料理が並んでおりまして。
単に鼻づまりっぽい発音を記載したもの?


さて鴨川べりで朝ごはんです。
039.JPG
「進々堂」のパンです。「ヴィエノワ渋皮マロン。」
栗の渋皮煮が入ってます。
河辺でごはん、おそらくさんぱちさんの刷り込みかと思われます。


川に着く前にチャリのお子さまたちに抜かれたのですが、河辺に降りるとすぐ近くで川遊びしてました。
(そして16時頃、西本願寺あたりで、帰途につくチャリのお子さまたちにまた抜かれたのでした。そんな舞台装置みたいな偶然ってあるの?と思われるかもしれませんが、結構あることだと思います。)

またしばらく東に歩いて、三十三間堂/京都国博まで来たら北上。

042.JPG
豊国神社のおもしろ市をのぞきます。

045.JPG
また北上し、六波羅蜜寺に立ち寄り。
空也の有名な像を所蔵しているお寺ですね。

このへんから観光チックなエリアになってきます。

050.JPG
八坂の塔の前を通り…

さらにちょっと北へ進むと石塀小路。
ここで時間は11:30、偶然にも「ひさご」の前に到着です。
それなら入店しちゃいましょう。30人並んでましたけど。


054.JPG
親子丼(1010円)

というわけで親子丼です。
トロトロタマゴの TKG丼と言い換えてもよさそうな丼料理。
底までトロトロなんです。
山椒が効いてますね。

かなり歩いた後でしたので、お茶がおいしかったです。
期せずしてベタな昼ごはんとなりました。

価格は1000円ぴったりの方がいろいろ楽なんでは!?と思いますが…
忙しい店で両替補充なしにレジをまわすためには都合がよいのかもしれません。
たいがいの人は10円玉か100円玉を持ってるでしょうし、細かいので払う心づもりになるような。
1000円を2枚出すお客さんが大挙したらえらいこっちゃですけどね。


◆店舗情報
【ひさご】
住所:京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル下河原町484
電話:075-561-2109
営業時間11:30〜19:30
月曜定休
posted by kan at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都駅からひさごまで徒歩ですか !?
寄り道を入れたら結構な距離があるのに健脚だ (^-^;)

ひさご … 強気なお値段ですよね それだけとるならお汁付けてよぉ〜
Posted by 小径のヌシ(^−^) at 2014年10月30日 07:48
>ヌシさま

もともと歩くの好きなんです。
連れがいるときは歩きすぎないように気をつけてます〜

混む店はどこもそうかもですけと、本当にいいお値段で。
内容だけみたら、750円くらいが適正かな、と思いますね。
Posted by kan at 2014年10月30日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック