2015年02月20日

神楽坂「ビストロ・ル・パリジャン」でランチ

「プチパリ」の2号店なんですね。

「ビストロ・ル・パリジャン」はスペイン料理「ぷらてーろ」の跡地にオープンしたビストロ。
神楽坂のビストロはマダムに占領されていることが多いのですが、こちらの店は細い路地の先にあるので見つけづらく、ちょっとした穴場かもしれません。
たまたま大久保通りを歩いていたので気づいたのでした。

特徴はワインの在庫が豊富なことと、なんといってもランチがお安いことです。
前菜、肉か魚のメイン、コーヒーか紅茶(アイスも可)のメニューミディが1000円なのです。
デザート(500円)をつけても1500円。食後の飲み物つきで1000円は格安ですよね。
(※1500円のランチもあります)


そして、入店しやすい雰囲気ですね。
おひとりさまでもあまり気後れしません。

ドアを開けて迎えてくれる背の高いお兄さんは、フランス語と英語と日本語を話します。
フランスの方なのでしょう。もしかしてオーナー!?

1000円のメニューミディを注文します。
水はガラス瓶に入って供されます。

DSC_0493.JPG
前菜。
野菜のテリーヌとサーモンのエスカベッシュ。

エスカベッシュにはタマネギのソテーが添えられています。
マスタードも絡んで、マリネが良い塩梅ですね。

テリーヌはゼラチンで野菜をまとめた繊細なもの。
キャベツでまわりを包んでありました。
かなり手が込んでますね。
(うまく食べられなくてテリーヌが崩れちゃいましたけど)。

DSC_0496.JPG
メイン(魚)。
カラスガレイのベニエ、白ワインソース。

たまごの黄身みたいのは、ニンジンのピューレが仕込んであるソースです。
ベニエってのは普通はドーナツ的に生地を揚げたお菓子のことですけど、ここではフリッター的な意味で料理名としているようです。
料理の下にある野菜たちは、ミックスベジタブルでした。
これは1000円でランチを提供するための工夫、ということなのでしょう。
ボリューム的にも、ミックスベジタブルでなくジャガイモのピューレ+バターだったら嬉しかったのですが、魚料理ではあまりない組み合わせかもですね。

DSC_0498.JPG
追加のデザート。
サフランの香りのクレームブリュレ。
アメリですね。表面のキャラメリゼがカチカチしてまして、割りがいがあります。
もちろんクレームブリュレは外れなしの美味しさです。

飲み物は紅茶にしました。
カップがちゃんと熱くなってまして、正しい紅茶ルールで淹れられたものでしょうか。
紅茶がことのほか美味しかったですよ。


神楽坂でフレンチ気分のときに、他のビストロが混みこみでしたらこちらへどうぞ。

そして仕事を始めたばかりとおぼしきセルヴーズのお嬢さん、お仕事がんばって下さいな。



◆店舗情報
【ビストロ・ル・パリジャン (LE PARISIEN)】
電話:03-5579-2866
住所:東京都新宿区岩戸町19 高野ビル1F
営業時間11:30〜15:00、17:30〜24:00(土日祝11:30〜24:00)
不定休
http://www.leparisien.jp/
posted by kan at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック