2018年06月16日

階段が途切れている夢

平塚の商業施設(東急系)から外に向かう階段をおりていくと、階段が途中で抜け落ちてました。

吊り橋のような素材と構造で、進んだら落ちるし、引き返すのもまた危険⚠?

その状況でどうすべきか考えた結果、スパイダーマン的な発想で壁伝いに地面までおりることに成功しました。



どう考えても平塚の町じゃなかったし、商業施設にアスレチックめいた階段があるのも変だし、平塚に東急っておかしいんですけど、あくまでも夢の話なので。


夢判断的には、「今まで目標としていたことがなくなってしまう暗示、転換期」らしいです。
posted by kan at 20:18| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: