2007年07月09日

龍水楼

こちらのお店は7年くらい前に小倉エージ氏の著書で知りました。

書店街とは離れているので、学生のときには気づきませんでした。

一見、なんてことない町の中華屋さん。

気楽に入ることができます。

それでいて、

「ここで食事をするのは10年早い、かな?」とも思ったりして。

ご主人のお姿を拝見すると、何か自分がヒヨっコな気分になるのです。


忙しいランチタイム、ご主人がにこやかに迎えてくれます。

そしてテキパキと注文を通したり、配膳をこなされたりします。

Cランチを注文。

clunch.JPG

卵白と干しエビ、春雨のうま煮。

えっと、ちょっとダイエットを意識してみました。

健康診断の結果が出まして、やせないといけないみたいです。


スープ、とっても上品です。

うま煮は…滋味〜

エビのうまみがジワジワ効いてます。

卵白と春雨がごはんのおかずになるのかな?って疑問は杞憂でした。

あなどれないなあ。

次回は「冷やしそば」を注文しようっと。

ちなみにランチタイムは先に食券を買うシステムです。


◆店舗情報
【龍水楼】
住所:東京都千代田区神田錦町1-8
電話:03-3292-1001
http://homepage2.nifty.com/ryusuirou/
posted by kan at 20:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 神保町ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごくすてきなランチだったみたいで
ほのぼの気分が伝わってきました
店主の箱守さんもおかみさんも
とってもいい人です
味に人柄が滲みでてますから

夜の料理もいいですから
機会があれば是非
誰でも知ってる中華料理の品々のひとつひとつ
味わいがあって、なんといっても香り、風味が豊か。
その香り、風味こそが大切で
それを出せる料理人って少ないんですから

う〜ん、美味しいランチの店ね
見つかったら報告します

小倉エージ
Posted by 小倉エージ at 2007年07月18日 03:55
まさかまさか、ご本人さまですか?
こういうことって、あるんですか?
心臓によくないです。

「これはお値打ちKODAWARIの料理店」と
「香港的達人」、持ってます!
Posted by kan at 2007年07月18日 22:32
ご愛読有難うございます
嬉しい限りです
が、随分昔の話で、怠け者ゆえ、新著は……
準備の一環としてはじめてブログはじめました

えと、実は、ランチ、あまり利用しません
勤め人じゃないからですね
ラジオ番組制作当時も、手製の弁当持参でした

毎日、予算内で美味しい食事をと願う人にとって
ランチ探索必死なのはよくわかります
ですが、逆の立ち場からみれば
つまり、店側からみれば、定額利益を上げるには格好なもので、利益重視、ってことで
そのぶん制限がともなう、という現実
まのあたりにすることが多いですから

で、ご予算はいくらぐらいまで?

小倉エージ
Posted by 小倉エージ at 2007年07月19日 19:29
そうなんですよね。商売ですもんね。

1食あたりの予算は500円〜2000円というところでしょうか。

龍水楼、夜にも行ってみます。
Posted by kan at 2007年07月19日 22:29
KAN君、あなたは先に痩せるべきです。予算は300円(立ち食いそば!)〜600円(たまの贅沢)に抑えなさい!
Posted by ど at 2007年07月20日 13:51
あ、無事に高知に着いた?

300円だと炭水化物と油脂ばっかりのメニューで、むしろ太るんでは?
Posted by kan at 2007年07月20日 18:49
そう来たか。
300円でも大盛りにすれば油脂系はなくて済む。
炭水化物は多いけど・・・。
じゃ、入隊する?
貸すよ。
Posted by ど at 2007年07月21日 00:44
ビリー?

自分でお弁当作るのがいちばんかもね。
Posted by kan at 2007年07月21日 08:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック