2021年08月01日

【の】ノワゼット・ダニョー〈フランス〉

「の」で始まる料理はあまり思いつかず。

ここでフレンチに頼ることにしまして、80年代以来のスターシェフがプロデュースするラグジュアリーカフェへ。

資生堂パーラーの経営ですね。

ランチコースに飲みもの1杯つけて8000円ほど。


KIMG0081.JPG

Noisette d'agneau rôti aux herbes(仔羊背肉とハーブのロティ)


ラムはともかく、乳飲み仔羊のアニョーは数十年に一度くらいは口にするかも、というご馳走。
(※個人の見解です)

宗教上の縛りが少ないこともあり、宮中晩餐会などでも提供される料理のひとつですね。

「ノワゼット」はヘーゼルナッツを指しますが、フレンチでは羊や鹿の背肉のことでもあります。

とてもやわらかい肉質。とても美味しい(^o^)

そして罪悪感も半端ないのです。

本当に特別なときのご馳走かな、と考えております。


◆店舗情報
【LE SALON JACQUES BORIE】
住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店本館4F
https://parlour.shiseido.co.jp/lesalon/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: