2021年09月19日

【み】ミクロネシアン・チキン〈ミクロネシア連邦〉

またまたJICAにおじゃま。

入館時にサーモグラフィーで体温チェックがあるのですが、いきなり38.1度を叩き出して焦りました。
(機械の設定の問題だったようです)

今回はミクロネシア連邦の料理をいただきます。

民間のレストランではなかなか登場しない島嶼部の料理ですが、JICAの食堂であれば、まあまあの頻度でありつくことができますね。


KIMG0383.JPG

ミクロネシアン・チキン


鶏肉を特製のタレに漬け込んで焼いた料理で、タレには柑橘類の果汁・醤油・砂糖・酢などが使われています。

これもハズしようがないお味ですね(^o^)

醤油の使用は、かつて日本領だった時代にもたらされたものが現在でも残っているということの証左ですね。

食べものの伝播は海洋進出や植民地支配とセットで進んできたもの。

時には料理の背景に思いを馳せることが必要かもですね。

ま、食べてるときは美味しければそれでよいのですけれども。



◆店舗情報
【JICA J's Cafe】
住所:東京都新宿区市谷本村町10-5
https://www.jica.go.jp/mobile/hiroba/about/cafe/index.html
posted by kan at 17:12| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: