2022年11月10日

銀閣寺前「ボノワール京都」の“千代あつめ”

岡崎からは、銀閣寺まで哲学の道を中距離散歩。

KIMG2857s.JPG

KIMG2862s.JPG

途中にある寺社(大豊神社・安楽寺・法然院・弥勒院)にも立ち寄ります。

KIMG2855s.JPG

大豊神社本殿の御祭神は応神天皇、菅原道真公、それから医薬の神様のひとり、少彦名命。
ほかに末社も4つ。

KIMG2856syns.JPG

こちらには狛犬ではなく、狛巳・狛鼠・狛猿・狛鳶が鎮座しているのが特徴ですね。

そんなわけで、いぬ・ねこ・とり→うさぎ→へび・ねずみ・さる・とび……と、動物に縁のある寺社をお詣りしたことになります。

が、特に狙ったわけではなく、たまたまお土産ルートにハマっただけなんです。

KIMG2864s.JPG

哲学の道の途中にある立て看板。そこはかとなく漂う、いけず感。

KIMG2867s.JPG

ゴールの銀閣寺前にある「ボノワール京都」はチョコレートのベルアメールが展開するブランドのひとつ。

KIMG3021s.JPG

看板商品の“千代あつめ”を購入しました。

赤は“ミルクくるみ”、緑は“抹茶レモン”、青は“ほうじ茶いちご”のパレットチョコ。

ボノワール京都のラインナップはここでしか買えないという触れ込みでしたが、“千代あつめ”については帰り際にJR京都駅の「おみやげ街道」でも売ってるのを発見。

うそ。銀閣寺まで歩いたのに。なんちゅーこっちゃ。


【ボノワール京都】
京都市左京区銀閣寺町75-1
https://www.bonoir-kyoto.com/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック