2008年03月08日

ホットック

ホットク。ホトック。

どちらでもいいと思うのですが…

僕は「ホットック」と表記することにしてます。


みんなが好きな冬の味覚。

もちろん今回も外すわけがないのです。

以前は500ウォンか1000ウォン、というのが多かったようですが、
今回は700ウォンのホットックが目立ちました。

わずかながら値上がり傾向ということですね。


2005年に訪れたソウルは「ウェル・ビーイング」ブームで、
町じゅうで体にいいものを追求していた感がありました。

明洞の繁華街は自然派化粧品のイメージ広告で緑がかってましたし、
ホットックも緑茶入りのものが登場してました。


で、今回も散歩中に緑色のホットックをみつけたので購入。

yomogihotok.jpg
紙カップに入れてくれるので食べやすいのです。

で、食べてみたら…
どうやら緑茶でなくてヨモギを練りこんだもののようでした。

これはこれで美味しかったんですけどね。


緑茶ホットックはロッテマート内で食べられるようです。


気を取り直してなじみのホットック屋さんへ。

郵政局路のファミリーマート前にあるホットック屋台。
yuseikyokuno.jpg
「おばちゃんも 思わず並ぶ 人気店」

はじめてホットックを買った思い出の屋台なのです。

以前と同じおじさんが、同じように焼いてました。

仁寺洞の屋台だと黄色い揚げ焼きタイプが多いのですが、
こちらのホットックは油を使わないで焼き上げるタイプ。

hotok.jpg
もたれずさっぱり。それでいて中には蜜がたっぷり!

焼きあがったばかりのやつをひとつ買いました。

黒砂糖とシナモンとナッツのステキなマリアージュ…

って、こぼした!こぼした!マフラーに蜜をこぼした!

バーバリーのカシミアなのに!

ひとしきり騒いだあとに、急に冷静に。…ま、クリーニングに出せばいいか。


このさっぱりタイプのホットックには当たり外れがあります。

「干からびた皮だけ」みたいなやつもありますので、ご用心。



タプコル公園あたりではタコ焼き屋台をいくつか見かけました。
もしかしてタコ焼きがいま流行ってるの?
この記事へのコメント
ホットック、私の頭の中ではいつもホットック→ほっとく に変換されちゃいます。
そして「ホットックの蜜で汚したマフラーなんてほっとくのよ!」なんつうオヤジギャグに変換されちゃうわけです。

*蜜で汚しただけなら、その箇所を熱いタオルでたたいて蜜を溶かしながらふき取れば大丈夫ですよ。けっしてこすらないこと。(カシミヤの毛が抜けちゃうからね)
Posted by にっき at 2008年04月03日 07:28
あ、アドバイスありがとうございます〜m(__)m
Posted by kan at 2008年04月04日 22:32
kanさん、はじめまして!
私は川崎在住のmikakoといいます。
川崎のグルメ情報を探していて、kanさんのブログを
見つけました。
以前、2年間韓国に住んでいたことがあって、
旦那も韓国人なので、めちゃくちゃうらやましく
なつかしくブログ拝見させていただきました。
あ〜、私もホットック大好きなんです〜
早く韓国に行きたいです〜
Posted by mikako at 2008年05月05日 00:12
はじめまして〜

僕は休日も出勤で、昼どきにハッピーロードあたりを
ウロウロしますから、どこかですれ違ってるかもしれませんね。

川崎情報、本当はマメに修正しないといけないんですけどね。
ランチの内容が変わったり、ランチをやめちゃったり、店名が変わったり…
スイーツコーナーがなくなったりもしますし。

川崎のエスニック情報なら「siu+」さんという方が詳しいですよ。

ブログ拝見しました。箱根もいいですねえ。
Posted by kan at 2008年05月07日 09:44
郵政局路、ファミマ前でしたか!
あのシナモンと黒蜜の効いたホットック以外はホットックにあらず!という位に自分の中では韓国ホットックのスタンダードになりました。
最近、サイゼリアでシナモンフォカッチャを食べようとしたら、メニューになくてプチショック。
いつになるか分かりませんが、ソウルを再び訪れるときまでは、どうぞ営業していてねと勝手な願いをかけずにはいられませんでした。
Posted by 久喜市在住I・M at 2016年01月03日 22:05
あの店というか屋台、ずっとあるといいですねえ…
Posted by kan at 2016年01月04日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック