2013年07月15日

京都「老松」の「夏柑糖」

これが今回の京都のもん、最後のエントリです〜

natsukantou.JPG
「老松」の「夏柑糖」(1460円)

昔ながらの夏みかんの果汁に寒天をあわせて詰め戻したもの。
http://www.oimatu.co.jp/products/natsukanto.html

ほのかな苦味と上品な甘み、年配の方にも喜ばれそうな夏の逸品ですね。

コレを知ったのは2009年ですので、わりと最近のことです。
アラマタ氏が紹介してたんですけどね。
http://blogs.yahoo.co.jp/aramata_hiroshi/58457717.html
(※実は都内でも買えますので、興味のある方は探してみてもよろしいかと思います〜)

ある意味、冬のバンペイユのような…
ひと夏に1個だけ求めて夏を感じながらいただくような、涼しげなお菓子ですよね。


(星3つ半★★★☆☆)


◆店舗情報
【老松 北野店】
住所:京都市上京区北野上七軒
電話:075-463-3050
営業時間8:30〜18:00
無休

【老松 嵐山店】
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺
電話:075-881-9033
営業時間9:00〜17:00
無休

【大丸京都店】
営業時間10:00〜20:00

【伊勢丹新宿店】
営業時間10:30〜20:00

【JR大阪三越伊勢丹】
営業時間10:00〜20:30

http://www.oimatu.co.jp/
posted by kan at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

京都のアンコ系お土産ほかもろもろ

普段は買わない京の名物、今回は買ってみました。

ubatama.JPG
「亀屋良長」の「烏羽玉(うばたま)」
黒糖のあんこ玉ですね。

◆店舗情報
【亀屋良長】
住所:京都府京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
電話:075-221-2005
営業時間9:00〜18:00
無休
http://kameya-yoshinaga.com/


unryuu.JPG
「俵屋吉富」の「雲龍」。
半棹でも販売してくれるのがありがたいですね。

◆店舗情報
【俵屋吉富】
住所:京都府京都市上京区室町通上立売上ル
電話: 075-432-2211
営業時間8:00〜17:00
日休
http://www.kyogashi.co.jp/

あんこ系のお菓子はどれもほどよい甘さで食べ飽きませんね。

shitatari1.JPG
「亀廣永」の「したたり」

shitatari2.JPG
キレイな黒糖の琥珀羹ですね。
(1棹食べきるのはたいへんでした。個人的にはくずきりの方が好みですね〜)

◆店舗情報
【亀廣永】
住所:京都府京都市中京区高倉通蛸薬師上ル和久屋町359
電話:075-221-5965
営業時間9:00〜18:00
日祝休


eiseikaru.JPG
オマケで京都の駄菓子も。
「西村のエイセイボーロ」と、宮田製菓本舗の「カルルス」。
http://www.eiseiboro.com/

ajari.JPG
そして定番の「阿闍梨餅」。
アンコと餅菓子のいいとこどりで、やっぱりよくできたお土産だと思いますね〜

◆店舗情報
【阿闍梨餅本舗 京菓子司 満月 本店】
住所:京都府京都市左京区鞠小路通今出川上ル
電話:075-791-4121
営業時間9:00〜18:00
水曜不定休
http://www.ajyarimochi.com/


なお水羊羹も購入したのですが、もらわれていったため、私の口には入りませんでしたわ。
posted by kan at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

京都「七味家本舗」の「七味あられ」と「あげおじゃが」

甘くないものもちょこっとだけ。

shichimiya1.JPG
「七味あられ」(420円)
想定よりもカラ〜い!ビールのおともによさそうですね。

shichimiya2.JPG
本店限定販売の「あげおじゃが」(小袋4つで525円)
カルビーとのタイアップ商品ですね。味は「七味」と「ゆず一味」の2種類。
いわゆるカルビーのポテトチップスとは少し違ってまして、手作りっぽい仕上がりですね。


「原了郭」の黒七味も買いましたけど、こちらの七味にも興味がありまして、
甘くないお土産候補として今回はお菓子をいくつか購入してみました。

辛党の人によさそうですね。


(星2つ半★★★)


◆店舗情報
【株式会社七味家本舗】
住所:京都市東山区清水二丁目産寧坂角
電話:075-551-0738 
受付時間9:00〜18:00(冬季9:00〜17:00)
※清水寺夜間拝観期間中は9:00〜21:30
http://www.shichimiya.co.jp/
posted by kan at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

京都「十六五」の「こんぺい十+五色豆」千代紙2段重ね&甘納豆

tourokugo1.JPG
「こんぺい十(とう)+五色豆」千代紙2段重ね(350円)

色違いの千代紙小箱の組み合わせ、かわいいですよね。
南座前にある小さな店、「十六五」で人気のお土産です。

tourokugo2.JPG
中身は金平糖と五色豆ですので、味は砂糖そのままなんですけどね。

こちらの店では甘納豆も買いましたよ。

tourokugo3.JPG
「芋納糖」と「やわらか」。
「芋納糖」はサツマイモの甘納豆、「やわらか」は丹波産大納言のいわゆる「ぬれ小豆」ですね。


もともと甘納豆の店として認識してまして、「こんぺい十」を知ったのはつい最近です。
これまた乙女へのお土産によろしいんではないでしょうか。


(星3つ★★★☆☆)


◆店舗情報
【京都祇園南座前 十六五】
住所:京都府京都市東山区新門前通西ノ町208-2(祇園南座前)
電話:075-561-0165
営業時間10:00〜21:00
無休(冬・夏に臨時休業あり)

http://www.kyoto-wel.com/shop/S81111/
posted by kan at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

京都「パウンドハウス」の「クマカロン」

京都のかわいい洋菓子。

kumacaron.JPG
クマカロン(1個280円)

「パウンドハウス」という店のもの。
よく見ると表情が違いますよ。
バニラとショコラの2種類。どちらにもチョコクリームがはさんでありますね。

マカロン1個あたりの価格としてはややお高めながら、作る手間を考えたらたいへんですよね。
賞味期限は短いのですけど、乙女へのお土産にはよろしいのでは。


(星3つ★★★☆☆)


◆店舗情報
【パウンドハウス pound house】
住所:京都府京都市左京区下鴨梅ノ木町71−9
電話:075−721−1133
営業時間10:00〜19:00
火休(祝日の場合は営業、振替休業あり)

http://poundhousekyoto.jp/
posted by kan at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

京都の餅菓子・だんごなどいろいろ

今回は珍しく京都駅近くのホテルに投宿しました。
こちら。
avankeihan.JPG
アバンティ。
じゃなくて隣の「ホテル京阪京都」ですね。

チェックイン時・アウト時の2回、荷物を預かってくれる旨の案内をしてくれました。
マニュアルかもですが、ホテルの方から切り出してもらえるとありがたいですよね。


さてここからはお土産編となります。

どちらかといえばあまりお土産を買わないタイプだと思います。

たとえば「ウオッカ国」という国があったとしましょう。
そしてその国には「筒状の多重入れ子構造人形」というお土産があるとしましょう。

そのお土産をもらうと嬉しい!という人も一定数は存在すると思うのですが、
しかし大多数の人にとっては容易に「いやげもの」となってしまいそうです。

万人向けのお土産というのはなかなかムズカシイものですね。

もともと普段の旅行は町から町への移動なので、あまりお土産を買いません。
身軽が身上ですからね。荷物が重くなるとやる気をなくしますので。
しかしタダ旅行かつ単純往復の今回は、たくさんお土産を買ってしまいました。


なぜか今回はお餅系のお菓子をいろいろ買いこんでましたね。

まずはやきもち。「神馬堂」が有名でしょうかね。

yakimochikyoto.JPG
これは「ゑびす屋加兵衛」の矢来餅(1個130円)。2個入りの包みですね。

◆店舗情報
【矢来餅 ゑびす屋加兵衛】
住所:京都府京都市左京区下鴨松原町13
電話:075-781-0639
営業時間9:00〜19:00
火休

aoiyakyoto.JPG
よく似てますけど、こちらは「葵家」さんのやきもち(1個120円)。
思ったより小さい&薄いので、おやつにちょうどよいですね。

◆店舗情報
【(有)葵家やきもち総本舗】
住所:京都市北区上賀茂本山町339
電話:075-781-1594
営業時間7:30〜18:00
無休
http://www.aoiya.jp/

やきもちについてはコチラを参照されたし。
<京都やきもちサミット>
http://wagashi.kotolog.jp/feature/yakimochi

nakamurakenkyoto.JPG
「中村軒」のミニ麦代餅(630円)。
もとは農作業の合間の間食だそうですね。

◆店舗情報
【株式会社 中村軒】
住所:京都府京都市西京区桂浅原町61
電話:075-381-2650
水休(祝日は営業)
営業時間7:30〜18:00  茶店9:30〜18:00

毎日出店:高島屋京都店・難波店・京都大丸
毎週出品:高島屋(新宿・名古屋・堺・泉北・洛西)・京都伊勢丹・阪急(梅田・宝塚)・そごう(神戸・広島)・梅田阪神・高槻西武
http://www.nakamuraken.co.jp/

あんこ系の餅菓子はどれも程よい甘さで、美味しくいただくことができますね。

mitamayakyoto.JPG
「美玉屋」の黒みつだんご(1本あたり105円)。
くず粉が入ってますので、ツルンと変わった食感の団子なのですね。

◆店舗情報
【美玉屋】
住所:京都府京都市左京区下鴨高木町西入ル下鴨東本町18-1
電話:075-721-8740
営業時間9:30〜19:00
火休
http://wagashi.kotolog.jp/post/%E9%BB%92%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%A0%E3%82%93%E3%81%94%E3%80%80%E7%BE%8E%E7%8E%89%E5%B1%8B/

ついでに「鶴屋吉信」の柚餅の小袋も購入…
yuzumochikyoto.JPG
柚餅(241円)

◆店舗情報
【鶴屋吉信】
住所:京都府京都市上京区今出川通堀川西入 〒602-8434
電話:075-441-0105
営業時間9:00〜18:00
無休 
http://www.turuya.co.jp/


…これらの餅菓子に加えて水無月も持ち帰ったわけでございます。
そして京都から戻って3日間、夕食の代わりに餅を喰らふ日々なのでございました。
アホちゃうか。

そんなわけで、餅系のお菓子は1回の訪問に1個つまむか持ち帰る程度がよさそうですね。
posted by kan at 00:05| Comment(10) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

京都「中村藤吉」で「うじきんソフト」

さてそろそろ新幹線に乗る時間が迫ってきました。

でもその前にスバコに寄り道です。

ひとつぐらいはつめたい抹茶デザートも食べていかんと。

nakamuraujikin.JPG
うじきんソフト(351円)
「宇治金時ソフト」って意味ですかね。

コレは抹茶&ほうじ茶ミックスですね。
あんこと白玉も入ってこの価格はお得かも。

ブルディガラと同じイートインスペースを利用して、座っていただけますよ〜


入口近くの席に座って食べ始めるとすぐに、ベビーカーを押した若いママさんと、
それにお母様&義母様?といった感じの組み合わせのお客さんがいらしてました。
そして、座りたいのだけど、席が中途半端にしか空いてなくて、どうしたものか…
という様子が見てとれましたので、自分が移動することでスペースを作りました。

せっかく甘いもの食べるときには、みんながちょっとずつ幸せにならないとね。


(星3つ★★★☆☆)


◆店舗情報
【中村藤吉本店】
住所:京都府宇治市宇治壱番十番地
電話:0774-22-7800
営業時間 銘茶売場10:00〜18:00、カフェ11:00〜18:00

【中村藤吉平等院店】
住所:京都府宇治市宇治蓮華5-1
電話: 0774-22-9500
営業時間11:00〜17:00(土日祝11:00〜17:30)
不定休

【中村藤吉京都駅店】
住所:JR京都駅西改札口前 スバコ・ジェイアール京都伊勢丹3F
電話: 075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹 大代表)
営業時間 銘茶売場11:00〜21:15 カフェ11:00〜22:00

http://www.tokichi.jp/index.php
posted by kan at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

京都伊勢丹「がろぴーぬ」で「祇園八つ橋」(ジェラート)

いやー、土曜からいきなり真夏になっちゃいましたよね。
京都行きが1週間ずれてたら、今ごろえらいこっちゃでしたわ。



「Galopine」。
フランス語で「腕白ボーズ」の女性形。
…ジェラートなんでイタ語なのかと思いましたけど。

京都伊勢丹のお土産フロアを徘徊してると、エスカレーターの裏側にジェラート屋が。
「がろぴーぬ」って店。暑い日にはけっこう繁盛してますね。

買い物のひと休みついでにジェラートを買ってみることにしました。
と、何食わぬ顔して、ヘンテコなフレーバーがそこにあるではないですか。

Galopine.JPG
祇園八つ橋(315円)

シナモン風味の八つ橋味。おそらく八つ橋の生地も入ってます。
ところどころでモチッとした食感に当たりますので。

普通に美味しいのですけど、冒険する意義はあんまりないかも…


生ジュースもありますよ。


(星2つ半★★★☆☆)


◆店舗情報
【がろぴーぬ】
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901 ジェイアール京都伊勢丹 B1F
電話:075-352-1111
営業時間10:00〜20:00
不定休(ジェイアール京都伊勢丹に準ずる)
http://galopine.co.jp/
posted by kan at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

京都「とり新」で親子丼ランチ

前日のヤキトリへの心残りか、はたまたヌシさまの影響力が強かったのか、
お昼の時間になるとトリを求めて祇園の「とり新」を目指してました。

小川を渡ったとこにありますので、わかりやすいと思います。

torishin.JPG
親子丼(750円)

あ、ブレちゃいましたね。

親子丼は昼のみのメニューです。
お昼のメニューはこれ一本。親子丼一択なのです。

これはなかなか上品な親子丼です。
味付けは上品ながらも、魅惑のタマゴ使いですよね。
生タマゴの黄身を中央にのせてありまして、くずしからめて食べ進むのでございますね。

美味しい親子丼なのですけど、やはりほんの少しの物足りなさを感じます。
おそらく、サイドの汁物がお吸い物という、京都の事情によるものかと考えられます。
味噌汁の塩分がサイドに控えている状態にかなり慣れちゃってますもんね。

なにはともあれ、祇園のあの場所でコレが750円というのは、すばらしいなあと思うのですよ。

(あと、箸置きがかわいらしかったです。)


(星3つ★★★☆☆)


◆店舗情報
【とり新】
住所:京都府京都市東山区祇園縄手四条上ル
電話:075-541-4857
営業時間 12:00〜14:00、18:00〜22:00(L.O)
木休
posted by kan at 05:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

京都「祇園饅頭」の「しんこ」

夜の木屋町。

shinkokyoto1.JPG
ガールズバーAKB。
(※行ってません)

祇園散歩ついでに、「松葉」の食品サンプルをのぞいてみました。
にしんそばって1200円もするもんなんですね!

で、「松葉」には入店せず、隣にある和菓子屋さんで買い食いです。

shinkokyoto2.JPG
しんこ(150円)
コレは抹茶のしんこですね。

しん粉(=米粉)を使うためにこのような名前になったのでしょうか。
むっちゃむっちゃした食感が楽しい餅菓子ですね。

あの場所にあって、普段使いの和菓子屋さんの雰囲気というのがよいですね。


…夜中にこの餅菓子を食べたら、もう晩ごはんの入る余地がありませんでした。
「クマノきむら」という焼鳥屋さんをチェックしてあったんですけどね。


(星2つ半★★★☆☆)


◆店舗情報
【祇園饅頭】
住所:京都府京都市東山区四条通大和大路西入ル
電話:075-561-2719
営業時間10:00〜21:30
木休
posted by kan at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

京都「大極殿六角店 甘味処栖園」で「琥珀流し」

さてさて、楽しいおやつの時間です。

考えることはみんな同じといいましょうか。

暑い日のおやつにつめたいもん食べたくなるのは人のサガ。
「栖園」を訪れてみますと、なんと14人待ちでございました…

混んでしまうとある程度の待ち時間はしかたないですね。
席数も決して多くはないのです。

はい、ようやくありつけました。

kohakunagashikyoto.JPG
琥珀流し(650円)

6月は梅酒蜜の琥珀流しですね。
大ぶりでやわらかな寒天。寒天自体にはほとんど味がありません。
シロップと一緒に口に含むと、調和してちょうどよい甘さになりますね。

「琥珀流しは飲み物です」と言っても過言ではありません。
ツルンと清涼。でもって、ゼラチンとはまたひと味違いますね。

オススメです!


【2015年追記・琥珀流し月別ラインナップ】
1月…ミルクとカラメル
2月…チョコあられ
3月…甘酒(2014年は2月が甘酒、3月がチョコでした)
4月…桜花
5月…抹茶
6月…梅酒
7月…ペパーミント
8月…冷やしあめ
9月…ぶどう
10月…くり
11月…柿
12月…黒糖


(星3つ半★★★★☆)


◆店舗情報
【大極殿六角店 甘味処栖園】
住所:京都府京都市中京区六角通高倉東入南側
電話:075-221-3311
営業時間10:00〜18:00
水休

http://allabout.co.jp/gm/gc/399973/

http://tabitano.main.jp/7seien.html
posted by kan at 06:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

京都「銀閣寺キャンデー店」で「みかん」

gincandykyoto1.JPG
銀閣寺に行ってみました。

gincandykyoto2.JPG
あっ、本体はこっちですよね。

銀閣寺といえばコケの展示。
「銀閣寺の大切なコケ」、「ちょっと邪魔なコケ」、「とても邪魔なコケ」に分類展示されて…

http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/pages/mossgarden/garden/ginkakuji/ginkakuji.html

http://www.ne.jp/asahi/koke/file/ginkakujinojamanakoke.htm

ませんでした。探してもないんです。
尋ねてみると、「コケを差別するな」とクレームがあり、展示をやめたそうなのです。
なんということだ。


さてここまで来たら、つめたいもんを補給しときましょ。

「銀閣寺キャンデー店」の軒先のベンチでひとやすみ。

gincandykyoto3.JPG
みかん(140円)

エバミルク&練乳?のミルクベースのアイスの中にみかん入り。
とても良心的な価格のアイスキャンデーが揃ってます。
シンプルなオレンジ・ソーダ・ストロベリーは60円。
ミルクは100円。
ミルクベースのアズキ・クリーム・パイン・ミカン・バナナは140円。

それにパインジュースが小コップ30円大コップ50円。格安です。

こういう店はあるだけでありがたいものです。長く続いてほしいものですね。


ちょっと休んでいると、あっちゅーまに修学旅行の生徒たちでワラワラしちゃいました…


(星3つ★★★☆☆)


◆店舗情報
【銀閣寺キャンデー店】
住所:京都府京都市左京区浄土寺東田町56
電話:075-771-5349
営業時間11:00〜19:00(土11:00〜22:00、日13:00〜22:00)
火・第2日月休
posted by kan at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

京都「かね正」できんし丼

今回、京都ごはんについては「和」に絞ってました。

「なみ里」って店をチェックしてあったのですが…
やや夏バテっぽい体調のため、急遽うなぎに変更しました。

って、やっぱり並んでるなあ。土曜のお昼だもんな…

30分ほど待ちまして、待望の入店です。
入店してもそれからうなぎを焼くので、時間はかかります。
うなぎは時間のある人の食べものですね。

kaneshokyoto.JPG
きんし丼(1500円)

はい、京都のうな丼のお約束、錦糸玉子がたっぷりのってますね。
(実際にはメニューに普通のうな丼も、まむし丼=まぶし丼もありますけど)

パリッと歯ごたえのあるうなぎ。これは蒸さずに焼く関西式の調理法のためでしょうかね。
味付けは薄めで上品。タレの入った容器も一緒に出してくれますので、自分で味を調整します。
関東のうなぎに慣れた舌ではやや物足りなさも感じてしまうものの、飽きずにいただけますね。
歳を重ねるごとに好きになる味かもしれません。
そうそう、ゴマがいい仕事してますよね。


(星3つ★★★☆☆)


◆店舗情報
【かね正】
電話:075-532-5830
住所:京都府京都市東山区大和大路通四条上ル2丁目常盤町155-2
営業時間11:30〜14:00、17:30〜22:00
木日休
http://www.digistyle-kyoto.com/gourmet/eat/kitasan/kanesho.html
posted by kan at 19:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

京都「宝泉」の水無月

さて今回の京都、偶然にも6月30日に訪れることとなりました。
「夏越の祓」ですね。

夏越の祓といえば茅の輪くぐり。
http://milky.geocities.jp/kyotonosato/nagosi/nagosi00.html

そして水無月ですね。
1年の折り返しに水無月を食べて、無病息災を祈願する行事です。

minadukihousen.JPG
水無月(400円)

はじめは祇園ついでに「柏屋光貞」に行くつもりでしたが、京都駅の「宝泉」でも発見!
じゃ、コレにしよう。
この時期、水無月はどの和菓子屋さんの店頭にもありまして、町の店では1個180円ほど。
それが「宝泉」のは400円。なかなかお高い水無月ですけど、縁起物ですのでね。

お味は上品!小豆も上品、土台のういろうはもっちり。
甘過ぎず満足度の高い水無月でごさいました。


(星3つ★★★☆☆)


◆店舗情報
【宝泉堂本店】
住所:京都市左京区下鴨膳部町21
電話:075-781-1051
営業時間9:00〜17:00
日祝休

【茶寮 宝泉】
住所:京都市左京区下鴨西高木町25
電話:075-712-1270
営業時間10:00〜17:00
水休(祝日の場合、翌平日休み)

【宝泉 JR新幹線京都駅店】
住所:JR京都駅 新幹線構内2階
電話:075-693-9103
営業時間(物販)8:00〜21:00、(茶寮)10:00〜20:00 
無休

http://www.housendo.com/
posted by kan at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

京都「志津屋」のカルネ

はい、京都から戻ってまいりました。

実は今回の新幹線・JRの往復交通費および宿泊料金はロハ(死語)でした。
滞在費&交通費がタダなぶん、自分史上最高額で、お土産にお金が消えていきました。
珍しく会社の人にもお土産を買いましたよ。16人ぶん…


京都駅に着いたらまずは朝ごはんですね。
今回の朝ごはんはこちらで。

shizuya1.JPG
志津屋さんですね。京都駅だと八条口にあります。
(ちなみに地下鉄改札付近にも志津屋さんがありますね)

shizuya2.JPG
こちらで購入したのは、定番の「カルネ」(160円)。

shizuya3.JPG
パンにマーガリンを塗ってボンレスハムとタマネギをはさんだシンプルなサンド。
大層なものではありません。しかしクセになりそうな味わいなのですね。

ちょっと軽めのゼンメル(オーストリアのパン)みたいです。
袋に書いてあるように、軽くトーストするとかなり美味しくなるんではないかと思います。


店内にはカルネだけでなく、あれもこれも食べたいと思わせる普段着のパンがいっぱい。

京都市民にとっては身近で大切なパン屋さんですね。


(星2つ半★★★☆☆)


◆直営店舗情報
【志津屋 本店】
住所:京都市右京区山ノ内五反田町35
電話:075-803-2550
営業時間7:00〜20:00

【志津屋 京都駅店】
住所:京都市下京区東塩小路町8-3 JR京都駅八条西口
電話:075-692-2452
営業時間7:00〜22:00(金土日祝は23:00まで)

【志津屋 三条店】
住所:中京区河原町通り三条上る恵比須町434
電話:075-231-0055
営業時間7:00〜22:00

【志津屋 鞍楽店】
住所:京都市北区烏丸鞍馬口 鞍楽ハウディ内
電話:075-417-2069
営業時間7:00〜20:30

【志津屋 京阪三条店】
住所:東山区三条通り大橋東入る大橋町124 京阪電鉄三条駅地下コンコース
電話:075-551-6100
営業時間7:00〜21:00

【志津屋 パン工房なでしこ店】
住所:滋賀県大津市皇子が丘2-10-20
電話:077-527-9512
営業時間7:00〜20:00

【志津屋 烏丸御池店】
住所:京都市中京区虎屋町地先 地下鉄烏丸御池駅構内
電話:075-211-7205
営業時間7:00〜21:00

【志津屋 山科三条店】
住所:京都市山科区竹鼻西ノ口町83 マツヤスーパー山科三条店1階
電話:075-502-0007
営業時間9:30〜21:00

【志津屋 四条烏丸店】
住所:京都市下京区二帖半敷町地先 京都市営地下鉄四条駅構内
電話:075-343-6710
営業時間7:30〜21:00

【志津屋 近鉄丹波橋店】
住所:京都市伏見区桃山筒井伊賀東町45 近鉄丹波橋駅構内
電話:075-604-0070
営業時間7:00〜21:00(金・土7:00〜21:30)

【志津屋 フランセーズ店】
住所:京都市下京区四条通り高倉西入る立売西町72
電話:075-221-3456
営業時間7:00〜22:00

【志津屋 桂坂店】
住所:京都市西京区御陵大枝山町5丁目27-5 デイリーカナートイズミヤ桂坂店1F
電話:075-335-2300
営業時間10:00〜21:00(土日祝9:00〜21:00)

【志津屋 祇園店】
住所:京都市東山区祇園町北側291
電話:075-532-2052
営業時間8:00〜21:00

【志津屋 長岡京店】
住所:京都府長岡京市神足2-2-1 フレンドマート長岡京店内
電話:075-958-6111
営業時間9:30〜22:00

【志津屋 大手筋店】
住所:京都市伏見区新町5丁目509
電話:075-604-2203
営業時間8:00〜20:00

【志津屋 カナート洛北店】
住所:京都市左京区高野西開町36 カナート洛北内
電話:075-706-8250
営業時間10:00〜21:00

【志津屋 七条店】
住所:京都市下京区七条通り七本松東入朱雀北ノ口町51
電話:075-325-2612
営業時間6:00〜19:00

【志津屋 大津一里山店】
住所:滋賀県大津市一里山7-2104-1 フォレオ大津一里山1F
電話:077-544-3772
営業時間10:00〜21:00

【志津屋 竹田駅店】
住所:京都市伏見区竹田桶ノ井町地先(京都市営地下鉄竹田駅構内)
電話:075-644-1811
営業時間7:00〜20:00 
土日祝休

【志津屋 出町柳店】
住所:京都市左京区賀茂大橋東詰(叡山電車出町柳駅構内)
電話:075-723-8411
営業時間7:00〜20:00

【志津屋 丸太町店】
住所:京都市中京区大倉町地先(京都市営地下鉄烏丸線丸太町駅構内)
電話:075-2221-3777

http://www.sizuya.co.jp/
posted by kan at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・6月の京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする