2015年09月14日

さいたま市大宮区大門町・大宮タカシマヤB1「四国大名」でよもぎざる豚シャブ

所用あって大宮へ(手術前日です)。

せっかくですので昼食は美味しいものを食べたいのですが、場合が場合だけに体重を増やすわけにはいきません。

いろいろ考えて、うどんに決めました。

大宮タカシマヤの地下1階の奥に、意外にも「四国大名」てな、うどんコーナーがあるのです。


DSC_2622.JPG
メニュー。

DSC_2617.JPG
と、トッピング。じゃこ天もありますね。


大根おろしが決め手となりまして、コチラを注文。

DSC_2619.JPG
よもぎざる豚シャブ(1059円)

注文してから茹ではじめますので、6分ほど待ちました。

揃い踏みの薬味が美しい。

麺はやや平べったく、やわらかいのにコシもありますね。

豚シャブと大根おろしをツユに浸して麺とからめると、サッパリ美味しくいただけますね。


いまや安くて美味しい讃岐うどんをチェーンで堪能できますが、1000円出していただくうどんもなかなかオツなものです。

ちょうどよい塩梅の昼食でした。



◆店舗情報
【四国大名】
住所:埼玉県さいたま市大宮区大門町1-32 大宮タカシマヤB1F
電話:048-643-1111
営業時間11:00〜19:00(LO18:00)
posted by kan at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 広域ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

千葉県富津市富津「志のざき」で焼きさんが定食

8月15日土曜日、東京湾のマダコ釣りに行ってきました。

お世話になった船宿は富津の「川崎丸」さん。
http://www.kawasakimaru.jp/

受付が4時からなので、深夜1時起き、2時半に家を出発。
同い年の同僚がクルマを出して迎えにきてくれました。

5時から乗船開始、6時出港。
2隻ある川崎丸は釣り船としてはそこそこ大きく、トイレもあります。
釣りの時間は12時までですが、全員がある程度釣れたら早上がりするようです。

DSC_2178.JPG
手釣りで、餌はカニ。イシガニなどを使うことが多いようですが、こちらはガザミのようでした。

あちこちポイントを移動し、根の上をゆっくり流しながら海底を小突いてタコを誘います。

DSC_2202.JPG
釣れたマダコ。東京湾ブランドのマダコは高級で、お味も最高とのことです。

川崎丸さんでは、もしも釣れなかったら1パイお土産がもらえることになってますし、海堡を眺めながら海上を飛ばすのはなかなか楽しいものですよ。

タコ料理のレシピももらえます。



13時頃に港に戻りました。さて昼ごはんはどうしましょう。

富津まで来たら黄金アジのアジフライ…は混みすぎてムリかな。

他の釣り人のみなさまに聞き込みをすると、すぐ近くの県立富津公園の前に食堂が並んでいるとのこと。

公園にはデカいプールがあり、潮干狩りのできる場所と海水浴場も近く、クルマで遊びにくる人が多いようですね。


いくつかある食堂のうちの1軒、「志のざき」へ。

アオヤギなどの貝料理とアナゴが売りのようです。

親子丼の鶏を貝に変えた?「海堡丼」が独特。

同僚が注文した冷やし中華の具も貝とイカで、しかも麺には海苔が練り込まれてます。変わってますね。


店頭には木梨氏・日村氏・おぎやはぎと店の方々が一緒に写った大判写真。
「みなさんのおかげでした」かな?
http://kininarugurume.info/%e8%a1%97%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%83%bb%e8%a1%97%e7%89%b9%e9%9b%86/post-25829/2/

もえのあずきさんのサイン色紙もありました。
1週間前に来店したもよう。どこでも出没なさってますね。
http://ameblo.jp/moeazukitty/day-20150809.html

貝か、アナゴか。
迷いましたが、アジ+かき揚げとおぼしき定食を注文してみました。

DSC_2194.JPG
焼きさんが定食(1450円)

通常、「さんが焼き」は青魚をタタキにして味噌とネギなどと混ぜた、いわゆる「なめろう」を貝に詰めて焼いたものだと思います。

しかしこちらは貝料理の店ということもあり、青魚ではなくアオヤギを刻んだものが使われていました。

アジじゃありませんでしたが、これはこれで食べやすくて美味しいものです。

海老と小柱のかき揚げもイイですね。

小鉢は酢の物に、やはり貝料理がもう1品。
お新香には針生姜が入ってさわやかです。

ごちそうさまでした。


なお、ごはんを食べ終えたら、激烈眠くなりました…


◆店舗情報
【志のざき】
電話:0439-87-2084
住所:千葉県富津市富津2280
営業時間10:00〜15:00、16:00〜18:00
木曜休
ラベル:富津ごはん
posted by kan at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 広域ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

箱根湯本「画廊喫茶ユトリロ」でハッシュドビーフ

みなさま今年のGWはいかがでしたでしょうか。
前半は暑くて、平日は雨がちで、後半は冷えましたね。

いろいろありまして、今回はひたすら安静にしておりました。
それでもラスト4日間だけは京都あたりに、と画策し、西に向けて出発したのですが…
体調が思わしくないため、新幹線に乗る直前に思いとどまり、家に引き返しました。
そして寝て起きて、ふと気がつくと、ガスコンロの掃除などしておりました。
以前、とある方が「GWは大掃除」と書いておられて、刷り込みがあったやもしれません。
暑すぎず寒すぎず、どこに行っても大混雑のこの時期に大掃除。理にかなってますね。
しかしこのままではコンロ磨きでGWが終わってしまいます。

そこで突発的に出かけてみます。
この時点では行き先が決まってません。会津か、伊豆か、房総か。
とりあえずそのとき乗れる電車に乗ってみたところ、小田原に到着しました。
小田原で下車するの、ひさしぶりです。
ところでカマボコってこんなにお高いものでしたっけ?

しばらく小田原をぶらぶらした後、箱根に移動します。
で、箱根なんですけど。登山電車に入場規制がかかるほど激混みでしたわ。
みんなベタなとこが好きなんだなあ(※人のことは言えない)。

干物の「山安」さんの店の脇にはセルフ干物焼き試食コーナーがありますね。
もう観光客ホイホイ状態ですよね。ついでにニャンコも寄ってきますね。

そのコーナーのはす向かいあたりに「画廊喫茶ユトリロ」はあります。
ツタのからまる素敵な洋館ふう。価格は観光地仕様でややお高め。
ソファはやわらかく低く沈み込むので、どちらかといえば食事向きではないかも。
ゆったり過ごすための空間のようですね。

utrillo.JPG
ハッシュドビーフ(1350円+消費税)

お味はちゃんと美味しいですよ。
(この価格にさらに消費税が上乗せされるとは思いませんでしたけど)

店内にはユトリロの作品がいくつも展示されています。
佐伯っぽい画風を想像していると、ひとめでユトリロ作品とわかるものは少ないかも。
やはりひとりの人間にはいろいろな断面があるものですね。
(※ユトリロの作品でないものも展示されています)

ついでに、黒いニャンコ先生みたいな巨大な招き猫もありましたよ。

(この後、熱海へ移動し、うなぎパイを買って帰りました。)
(つぐづくベタでした。)


(星3つ★★★☆☆)


◆店舗情報
【画廊喫茶ユトリロ】
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本692
電話:0460-85-7881
営業時間9:00〜20:00
不定休
http://www.utrillo-v.com
posted by kan at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 広域ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

平塚市代官町・OSC湘南シティフードコート内「炭火焼 炎や」で豚丼

再びの平塚です。
クルマ班と徒歩班に分かれ、それぞれの道に進みます。

徒歩班として駅近くをウロウロした後、市役所方面に向かい、その後は東へ。
妙に飲食店の少ないエリアでランチタイムを迎えてしまいました。

とりあえず駅の方まで戻ってごはんにしよう、と合意形成がなされてましたが、
途中にあるショッピングモールにフードコートがあるため、急遽そちらに変更。
理由はほかにもいろいろあるのですが、大人の事情なのでそれは秘密です。

ラーメン、丼もの、うどんそば、ファストフード…
フードコートですので、店はいろいろあります。

あれこれ迷うことも趣味と自負していますが、ここは一択です。

hiiratsukaenya.JPG
「炭火焼 炎や」の「豚丼」(580円)

ちょっと火を入れすぎな感じではありますが(焦げ部分がけっこう多いので)、
香ばしくてなかなかおいしかったですよ。
もうちっと肉が厚めでもよろしいかと思いますけど。
フードコートのレベルとしてはまずまずではないでしょうか。

ちなみに同行のえらい人も、迷った末にこの店で豚丼を注文なさってました。
さらにもうひとり、いちばんえらい人も、迷いに迷った末にこの店の前へ。
あれだけ店があるのに、3人が3人とも豚丼です。

この店ですけど、調べてみるとちょっと意外なことがわかりました。
横浜の瀬谷区にあるお菓子の卸の会社がフランチャイズ募集して展開してるんですね。


会計の際、このショッピングモールだけで使える商品券の当たるくじをもらいました。
しかし、地元民でない我々が持っていてもしょうがないよね、という話に。
そこで、近くの席の、お子さま連れの方に差し上げることにしました。
で、いちばんえらい人が、こういうときに軽快なフットワークを見せるのですよね。


午後は一気に町の西側、撫子原の海辺まで進みます。
これがなかなかコタえまして。
暑かったこともあり、一同はかなりのダメージを受けました。
ここでクルマ班と合流したため、徒歩移動は終了。

いちばんえらい人が「クルマはラクだなあ」と。
ココロの底から同意しました。



(星2つ半★★★☆☆)


◆店舗情報
【炭火焼 炎や】
住所:神奈川県平塚市代官町33-1 OSC湘南シティ
電話:0463-23-3399
営業時間10:00〜21:00
http://www.shonan-city.com/

株式会社浦島太郎本舗
http://www.urashimataro.net/top.php
posted by kan at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 広域ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

平塚市四之宮「総本家しなとら平塚四之宮店」でしなとら醤油らーめん

平塚最終日は国道129号付近をウロウロ。
国道ですので、食事の選択肢は非常に限られますね。

ランチタイムには四之宮付近にいました。
飲食店がかたまっているエリアで、さてどの店に入りましょうか。
「藍屋」が無難ですが、ここははじめてのラーメン屋さんに突入。
「総本家しなとら」というチェーンです。

hira-sinatora.JPG
しなとら醤油らーめん(575円)

シンプルな醤油ラーメンを注文してみました。
ちぢれ細麺に飽きのこないスープ、それに加えてお手ごろ価格。
まずまずの内容でしたよ。
そして意外に麺の量が多いように思いました。

ちなみにランチだとおにぎりかライスかサラダが付くサービスがあります。
「おにぎりかライス」。米orコメって斬新な気がしますね。

って、平塚メシ、デニーズを除いてぜんぶ中華じゃないですか。
…こんな感じで、いつも本当に食べたいものはほぼ食べられずに終わります。
望みがかなうのは1〜2割くらい。せめて3割には到達したいところですね。


(星2つ半★★★☆☆)


◆店舗情報
【しなとら 平塚四之宮店】
住所:神奈川県平塚市四之宮3-9-5
電話:0463-24-2933
営業時間11:00〜23:00
水休
http://www.shinatora.jp/store.html
posted by kan at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 広域ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

平塚市中原「小虎坊」で日替わり丼

翌日は晴天に恵まれ、ポカポカ陽気のスタート。
まずは平塚駅北口からバスで南原土手へ。

mtfuji.JPG
富士山くっきり。
その後は川沿いに県道62号を南下します。

さてメシどきです。
県道沿いに蕎麦屋をみつけたものの、「高い」と同行者に却下されます(ノД`)・゜・。
するとちょっと先に、デニーズと吉野家とコメダがまとめて出現。
同行者によれば「デニーズならうれしい」とのことでした。
deniru.JPG
どちらかといえばデニる方が蕎麦より高くつきそうな気もしますけど。


また別の日。
今度は伊勢原道路をどんどん北上します。
と、ランチタイムにちょうどカレーの名店の前にたどり着きます。
行程上、こんなことはめったにない幸運。
しかしまたもや同行者に却下されます(ノД`)・゜・。

で、隣にある中国料理店「小虎坊」へ。
箱根「王府井」の姉妹店のようですね。
ランチセットは880円。590円の日替わり丼もあります。

hira-kotorabou.JPG
日替わり丼(590円)
金曜日の丼は葱叉焼丼でした。

他の料理を食べてみないとなんとも言えないのですが…
この丼は、「紅虎」ふうな、うまみ調味料多め系の濃い味付けでした。
そしてサービスなのか、かなり量が多いのですね。
がっつり食べたい人向けでしょうか。

ランチセットの方は女性のお客さんもよく注文してましたので、食べやすそうでしたよ。


(星2つ半★★★☆☆)


◆店舗情報
【小虎坊】
住所:神奈川県平塚市中原1-18-22
電話:0463-35-7727
営業時間11:30〜15:00、17:30〜23:00
posted by kan at 01:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 広域ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

平塚市宝町「楽楽亭」でランチ

数日の間ですが、平塚を訪れることとなりました。
平塚の北の方まで行ったら、本厚木から帰って玉川学園前のケーキ屋に寄れる…
などと画策しておりましたが、結局そんな機会はめぐってきませんでしたね。

平塚にも美味しいものはあるはずなのですが、行程上、あまり期待はできません。
初日のランチは、駅近くの無難そうな中国料理店に決まりました。

hira-rakurakuteimenu.JPG
メニューです。

hira-rakurakutei1.JPG
豚肉とニンニク芽の炒め(750円)

…うん。これは青椒肉絲に使いまわしがきくようになってますね?

同行の3名はいずれもレバニラを注文してましたが、妙に野菜いためチックなのです。
これもやはり、使いまわしがきくようにでしょう。
短時間にさまざまな料理を作るための対策ということでしょうか。
お味の方はややマイルドで、塩加減は好みで調整せよ、ということのようですね。


食後、今後の参考のため、やはり駅近くにある「激安食堂 小林屋」を偵察。
改装により10月頃まで休業とのことでした。残念ナリ。

ちなみに平塚初日はすっごく寒い日でした。


(星2つ★★☆☆☆)


◆店舗情報
【楽楽亭】
住所:神奈川県平塚市宝町5-5 間宮ビル1F
電話:050-5788-0733
営業時間11:30〜14:30、17:00〜23:30
第1・3日曜日休
posted by kan at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 広域ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする