2017年06月09日

神楽坂2丁目「トレド」でトルコライス

お堀からスタートして神楽坂を少しのぼると、左手にトルコライスの写真を掲示している看板が目に入ります。

1972年創業の「トレド」という喫茶店のメニューですね。

IMG_20170606_181939.jpg

表から見た外観はこんな感じですが、神楽坂側からだと全容がわかりませんね。

IMG_20170606_180717.jpg

トルコライス(1050円)

チキンカツ、カレーとナポリタンの盛り合わせ。

正直、カレーは好みではないのですが、具沢山でケチャッピーなナポリタンとクリスピーなチキンカツの組み合わせには「オトナのお子様ランチ」感がありますね。



◆店舗情報
【2丁目食堂 トレド】
住所:東京都新宿区神楽坂2-6-7 ポルタ神楽坂1F
電話:03-6280-7079
営業時間11:00〜15:00、17:00〜22:00(土日11:00〜22:00)
月曜休
posted by kan at 12:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 神楽坂ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

神楽坂「インドール」で「豚肉のにんにく焼」

そもそも「インドール」とはなんぞや?
→インド中央部の町の名前だそうな。

IMG_20170523_181635.jpg
神楽坂の坂の下にあるカウンターのみの店。

昼はかなり混みあいますね。

ロケットニュースで、もともとはカレー屋さんとしてスタートしたものが、生姜焼きの人気店になってしまった経緯を読んだような。

生姜焼き的なものを摂取したいとき、たまに寄らせていただいてます。

IMG_20170523_182104.jpg

豚肉のにんにく焼(550円)

清く正しい豚肉炒め。なかなかイケますよ。

ライスは別料金です。
ですので「カレーライスと生姜焼単品」みたいな注文をする方もいます。

とんかつのお供並みの大量キャベツがお約束ですね。


IMG_20170523_182654.jpg

で。
ちょっと不思議なシステムですが、ある程度食べ進んだところで、サービスの皿が提供されます。

コレは夜だけのサービスなんでしょうかね?

昼は店の前を通ることはあっても、入店したことがないので実態がわかりませぬ。


はじめて入店したとき、食べ終わった後にサービスの冷奴が出てきて面食らったのが懐かしいですね。


(※これは余談ですが、安倍総理の熱烈な支持者の方は、訪問しない方がよいかもしれません)


◆店舗情報
【インドール】
住所:東京都新宿区神楽坂1-14
電話:03-3268-0594
営業時間11:30〜21:30(土曜11:30〜15:00)
日祝休
posted by kan at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

神楽坂「ワインバー レストラン プチパリ」で1000円ランチ

会社を休み、某大学病院で検査&問診の日。

そんな日は、近場の神楽坂で昼ごはんです。

IMG_20170222_122337.jpg

「プチパリ」に入店しました。

IMG_20170222_115055.jpg

メインは魚🐟をチョイス。

「バサ」もしくは「パンガシウス」って魚、ご存知でしょうか?

東南アジアのナマズなんですけどね。

AEONで切り身を扱っているようです。
https://www.topvalu.net/tv-pangasius/
http://www.wwf.or.jp/sp/staffblog/2014/06/post-789.html


IMG_20170222_115707.jpg

前菜はヒヨコ豆のサラダ。

IMG_20170222_120332.jpg

と、レンズ豆のスープ。

IMG_20170222_120854.jpg

そしてメインはバサ(もしくはパンガシウス)のロースト、ピストゥソース。

「ピストゥ」は南仏でバジル+ニンニク+オリーブオイルのソースを指します。

想像通りの、ふんわりとやわらかい白身です。

フライやムニエルでも美味しくいただけると思いますよ。

IMG_20170222_121647.jpg
食後はコーヒー。ちょい薄めかな。


量は少なめですが、全部で1000円ですからね。満席も納得ですね。

ごちそうさまでした。


◆店舗情報
【PETIT PARIS】
住所:東京都新宿区神楽坂5-7-3 山桝ハウス1階
電話:03-6457-5585
営業時間11:30〜15:00、17:30〜2:00(週末・祝日11:30〜2:00)※土曜日は〜1:00
https://www.petitparis.jp/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

神楽坂「ビストロ・ル・パリジャン」でランチ

「プチパリ」の2号店なんですね。

「ビストロ・ル・パリジャン」はスペイン料理「ぷらてーろ」の跡地にオープンしたビストロ。
神楽坂のビストロはマダムに占領されていることが多いのですが、こちらの店は細い路地の先にあるので見つけづらく、ちょっとした穴場かもしれません。
たまたま大久保通りを歩いていたので気づいたのでした。

特徴はワインの在庫が豊富なことと、なんといってもランチがお安いことです。
前菜、肉か魚のメイン、コーヒーか紅茶(アイスも可)のメニューミディが1000円なのです。
デザート(500円)をつけても1500円。食後の飲み物つきで1000円は格安ですよね。
(※1500円のランチもあります)


そして、入店しやすい雰囲気ですね。
おひとりさまでもあまり気後れしません。

ドアを開けて迎えてくれる背の高いお兄さんは、フランス語と英語と日本語を話します。
フランスの方なのでしょう。もしかしてオーナー!?

1000円のメニューミディを注文します。
水はガラス瓶に入って供されます。

DSC_0493.JPG
前菜。
野菜のテリーヌとサーモンのエスカベッシュ。

エスカベッシュにはタマネギのソテーが添えられています。
マスタードも絡んで、マリネが良い塩梅ですね。

テリーヌはゼラチンで野菜をまとめた繊細なもの。
キャベツでまわりを包んでありました。
かなり手が込んでますね。
(うまく食べられなくてテリーヌが崩れちゃいましたけど)。

DSC_0496.JPG
メイン(魚)。
カラスガレイのベニエ、白ワインソース。

たまごの黄身みたいのは、ニンジンのピューレが仕込んであるソースです。
ベニエってのは普通はドーナツ的に生地を揚げたお菓子のことですけど、ここではフリッター的な意味で料理名としているようです。
料理の下にある野菜たちは、ミックスベジタブルでした。
これは1000円でランチを提供するための工夫、ということなのでしょう。
ボリューム的にも、ミックスベジタブルでなくジャガイモのピューレ+バターだったら嬉しかったのですが、魚料理ではあまりない組み合わせかもですね。

DSC_0498.JPG
追加のデザート。
サフランの香りのクレームブリュレ。
アメリですね。表面のキャラメリゼがカチカチしてまして、割りがいがあります。
もちろんクレームブリュレは外れなしの美味しさです。

飲み物は紅茶にしました。
カップがちゃんと熱くなってまして、正しい紅茶ルールで淹れられたものでしょうか。
紅茶がことのほか美味しかったですよ。


神楽坂でフレンチ気分のときに、他のビストロが混みこみでしたらこちらへどうぞ。

そして仕事を始めたばかりとおぼしきセルヴーズのお嬢さん、お仕事がんばって下さいな。



◆店舗情報
【ビストロ・ル・パリジャン (LE PARISIEN)】
電話:03-5579-2866
住所:東京都新宿区岩戸町19 高野ビル1F
営業時間11:30〜15:00、17:30〜24:00(土日祝11:30〜24:00)
不定休
http://www.leparisien.jp/
posted by kan at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

神楽坂「パティスリー・カー・ヴァンソン」の焼き菓子

ちょいお高め、シックでおいしい、チョコと焼き菓子中心のパティスリー。
パティシエールは石井ヴァンソン敬子さん。
「ジャン・ポール・エヴァン」で修業なさったんですよね。
颯爽と登場し、またたくまに人気店となりました。

実はここのところ、営業日も営業時間も不安定でした。
そしてパティシエールの手の手術と療養のため3月24日から休業に入りました。
まだ完治ではないそうですが、このたび、6月に再開することに。
しばらくは金曜日・土曜日の焼き菓子のみの販売とのことです。
まずは無理せずお大事になさっていただきたいのですが、ファンにとっては良いニュースですね。

kvincent.JPG
上の小さなフィナンシェが詰まってるのが生姜風味の「フィナンシェ・ジャンジャンブル」 、
右手前がくるみのケーキ「ケーク・オ・ノワ」、左手前が「紅茶のフィナンシェ」だったかな。

どれもおいしい、オトナ向けのお菓子ですね。

店に伺うに前はHPで営業日や営業時間の確認がマストですよ。


(星3つ半★★★☆☆)


◆店舗情報
【パティスリー-カー・ヴァンソン-K.ViNCENT】
住所:東京都新宿区筑土八幡町1-2
電話:03-5228-3931
http://www.k-vincent.com/
posted by kan at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

神楽坂「マンヂウカフェ ムギマル2」でチャイ

とある日曜日、休日出勤の帰りに神楽坂に寄り道。
内澤旬子さんのサイン本を買うためでした。

目指すは「ムギマル2」という古民家カフェ。
伺ってみると、ある意味、猫カフェなのでした。
しかもちょうどネコさんの食事タイムにぶつかりました。
堂々とした態度のカッコいいネコさんでしたよ。

カフェに来て本を買うだけというのはアレなので、甘いものも補給します。

manjiucafe.JPG
チャイ(600円)+ヨモギつぶあん(140円)
チャイにはコリアンダー・カルダモン・シナモンが入ってますね。

疲れたカラダに甘いものがしみますね。
まんじゅうもおいしいですよ。すぐに食べ終わっちゃいますけど。

店内に置いてあるものにいろいろ興味をひかれます。
なかなか面白い店ですね。
どちらかといえば、おひとりさまの隠れ家としてよりも、
どなたかと一緒に訪れてお茶するのがよさそうですね。


(星3つ★★★☆☆)


◆店舗情報
【ムギマル2 (mugimaru2)】
住所:東京都新宿区神楽坂5-20
電話:03-5228-6393
営業時間12:00〜21:00
水休
posted by kan at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

神楽坂「メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」でランチ

19日、神楽坂でフレンチのお昼ごはんです。去年の12月19日…

いまの時期、フレンチをかましてる余裕なんてないのです。

なんで去年は大丈夫だったんだろう?


神楽坂にはフレンチビストロが目白押し。

bourgogne1.jpg

「メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」もそんな店のひとつです。

こちらの店はブルゴーニュ専門のワインバーという位置付けですが、

料理も美味しくいただけます。


明るいテラス席に着席。

ストーブがあるので、冬のこんな時期でも大丈夫なのです。

あくまでも去年の話ですけど。

bourgogne2.jpg

コテコテのフランスふうアントレ、パテ・ド・カンパーニュ。

場合によってはこれだけでおなかいっぱいになる危険アリ。

bourgogne3.jpg

メインはシュークルートの甘酢タマネギソース。

ポークに甘酢のやさしい酸味が合うんです。

そして庶民のフランスごはんにふさわしいボリューム。

後でお茶漬けが欲しくなる…なんてことはないのです。

bourgogne4.jpg

デザートもつけました。リンゴのタルトとチョコレートのアイス。

これはあちらのようにドカッとした質量ではなく、ほどよい満足感。


価格の方はアントレとメイン、カフェにデザートで2100円ほど。


若干軽めの仕上げとはいえ、しっかりしたフランスごはんでした。

妄想旅行のつもりで気軽に食事をするのにちょうどよいかと。

サービス担当はフランスの方ですし。


bourgogne5.jpg

クリスマス前ということで、くつ下のディスプレイもアリ。


◆店舗情報
【Maison de la Bourgogne】
住所:東京都新宿区神楽坂3-6-5 Via神楽坂1F
電話:03-3260-7280
営業:
Lunch  平日11:30〜14:30L.O.(土日祝11:30〜15:00L.O.)
Teatime 平日14:30〜17:00L.O.(土日祝15:00〜17:00L.O.)
Dinner 平日18:00〜22:00L.O.(日祝18:00〜21:30L.O.)
無休
http://www.wine-bourgogne.com/index.html
posted by kan at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 神楽坂ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

神楽坂「紀の善」の抹茶ババロア

抹茶ババロア、いつ頃から有名なんだろう?

ユーミンが「anan」の連載で紹介してたのは覚えてます。

5年くらい前かな?

苗場に来るスタッフにリクエストして、持ってきてもらうとか…

そんな記事だったと思います。

なんでオトコが「anan」の…というツッコミは受けつけません。


僕は店内では食べたことがなくて、持ち帰り専門。

いつも混んでるから並ぶのがイヤ…というより、

持ち帰りだと630円、というのが主な理由だったりします。
(店内で食べると787円)

macchababa.jpg

はじめて食べたときには抹茶の濃厚さにびっくりしたものです。

それでいて、後味は意外にさわやか。

ミルキーな生クリーム&上質の粒あんとの相性もバッチリ。

神楽坂でフレンチを堪能した後、散歩ついでに試してみては?


湿度の高い季節に冷茶&水ようかんなどをいただくと、

しみじみ「日本に生まれてよかった」と思います。

一方で、こういった和洋折衷の食べものをいただくときにも、

やはり「日本に生まれてよかった」と思うのです。

次男坊かつ末っ子というのは、いつの世でもちゃっかり者ですから。


◆お店データ
【紀の善】
東京都新宿区神楽坂1-12
TEL:03-3269-2920
営業時間:11:00〜21:00(日・祝12:00〜18:00)
第3日曜休
posted by kan at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 神楽坂ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする