2018年04月23日

【愛知】「桂心堂」の「春ふわり」

とある女性から、会社へのいただきもの。


DSCN1606.JPG

春ふわり


いわゆるえびせんべいですね。


フロアに年配の男性が多い場合、えびせんべいというのは鉄板のギフトなんでしょうか?


いただきものは大概、ひと通り配ったあと、共用部のポットの脇に「ご自由にどうぞ」てな具合に置いとくのですが。

甘いお菓子だとなかなか減らないんですが、えびせんべいだと確実に減っていくのですよこれが。



◆会社情報
【桂心堂】
住所:愛知県名古屋市熱田区金山町1-5-4
http://www.keishindo.co.jp
ラベル:愛知のお菓子
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

【福岡】「明月堂」の「博多通りもん」

DSCN1629.JPG

いただきもの。

博多通りもん。

DSCN1633.JPG

ミルクまんじゅうとでも呼ぶのでしょうか、白餡にバターや練乳をあわせた洋風和菓子。

おいしいよね。


「明月堂」の創業は1929年と歴史がありますけど、「博多通りもん」ができたのは1993年。

意外に最近なんですね。(つっても25年になりますか)


最近、セブンで売ってるアレはやっぱリ「ジェネリック通りもん」なんでしょうかね。


◆会社情報
【株式会社 明月堂】
住所:福岡県福岡市博多区東那珂2-11-23
http://www.meigetsudo.co.jp
ラベル:福岡のお菓子
posted by kan at 20:06| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

【宮城】仙台市宮城野区「仙台駄がし本舗 日立家」のchacco(ちゃっこ)

最近、アンテナショップで「仙台駄菓子」のセットを見かけるようになりました。

miyagi-chacco1.JPG

この「ちゃっこ」は、仙台弁で小さいことを「ちゃっこい」と呼ぶことから名付けられた、ひと口サイズのセット。

miyagi-chacco2.JPG

「味噌パン」と「黒パン」。

miyagi-chacco3.JPG

左から「きな粉ねじり」「若草ねじり」「麦こがし」。

miyagi-chacco4.JPG

右上から時計回りに「あんこ玉」「梅干し」「月の輪」。

miyagi-chacco5.JPG

「しおがま」と「はっか糖」。


きな粉や水飴、黒糖、ゴマや雑穀、餅米などが使われています。

どれも素朴なお菓子ですが、いまの人にとっては懐かしいよりもむしろ新鮮なのかもしれませんね。。



◆店舗情報
住所:宮城県仙台市宮城野区小田原1-4-7
電話:022-297-0525
http://sendaidagashi.com
posted by kan at 12:54| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

【鳥取】鳥取市田園町「ぱにーに」の「鳥取砂丘をまるかじり」

いわゆるバームクーヘンですね。

tottori-marukajiri.JPG

鳥取砂丘をまるかじり

パン屋さんが作っていることもあってか、この手のお土産系バームクーヘンとしては、なかなか美味しく仕上がっていると思います。

外側のかための食感と、内側のしっとりとした食感の組み合わせが、よい塩梅ですよ。



◆店舗情報
【ぱにーに 田園町店】
住所:鳥取県鳥取市田園町3-335-2
電話:0857-54-1212
営業時間9:00〜19:00(日曜〜18:00)
無休
http://panini.jp/index.html
posted by kan at 15:09| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

【栃木】小山市「榊屋」の「そばゆら」

とある木曜日。

時間指定の荷物受け取りのため足早に帰宅中、ミニ催事が目に入りました。

ちょっと興味をひかれたので買ってみました。

oyama-sobayura1.JPG

そばゆら



oyama-sobayura2.JPG

原材料は砂糖・そば粉・ハトムギ粉・小豆あん等。

いわゆるそば餅、そば大福ですね。

つぶ餡入りで、もっちり美味しい和菓子でしたよ。

(本来は夏のお菓子らしいです)


◆会社情報
【榊屋梶z
住所:栃木県小山市大字神鳥谷878-3
電話:0285-25-0505
http://sakakiya.jp/
posted by kan at 23:58| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

【香川】宇多津町「めりけんや」の「揚げぴっぴ カレー味」

「めりけんや」って、上野駅で讃岐うどんの店を出してたあの「めりけんや」だよね?

某アンテナショップで、香川県のお菓子を買いました。

メーカーは「めりけんや」。

kagawa-agepippi.JPG

揚げぴっぴ(カレー味・40g・180円)

うどんを揚げたスナックですね。

30円くらいの駄菓子だとコスト面でいろいろ制限があると思いますけど、カレー味のおかきの、ちょっといいやつって美味しいですよね。

これもなかなかのヒットなのでした。


◆会社情報
【株式会社めりけんや】
住所:香川県綾歌郡宇多津町浜三番丁36-2
http://www.merikenya.com/smp/index.html?
ラベル:香川のお菓子
posted by kan at 23:54| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

【徳島】徳島市「浅井製菓所」の花嫁菓子

そろそろ桃の節句ですね。

雛あられから連想するお菓子が、徳島にあります。

tokushima-hanayome.JPG

花嫁菓子

もち米の焼き菓子に、溶かした砂糖のコーティング。

やさしい甘さの花嫁菓子。

徳島では、結婚式の際に配られるならわしがあるのだそうです。


◆会社情報
【浅井製菓所】
住所:徳島県徳島市南田宮3-6-42
電話:088-631-1947
営業時間8:00〜17:00
日曜休

http://www.tokushima-kashi.com/member/%E6%B5%85%E4%BA%95%E8%A3%BD%E8%8F%93%E6%89%80/
ラベル:徳島のお菓子
posted by kan at 22:16| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

【岡山】高梁市成羽町「三宅製菓本店」の「金平饅頭」

岡山県高梁市「三宅製菓本店」の金平饅頭。

IMG_20180209_122729.jpg

手に取ったとき、もしかしたらもしかするかも…という予感がありました。

okayama-kinpei.JPG

金平饅頭

中身は白餡。やっぱり。

いわゆる「都まんじゅう」の系譜ですね。

個包装で市販されるタイプは珍しいのかな?

大概、店頭で機械を動かして、そのまま箱詰めして売るスタイルですよね。

焼きたてにはかなわないので、ちょいとあっためるのが良さげですね。


◆店舗情報
【三宅製菓本店】
住所:岡山県高梁市成羽町下原577
電話:0866-42-3105
営業時間9:00〜16:30
土・日曜休
https://www.miyakeseika.jp/
ラベル:岡山のお菓子
posted by kan at 18:31| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

【静岡】富士市「富士製パン」のようかんパン

ナツカシの「シベリア」とは別に存在するご当地パン🍞、「ようかんパン」。

高知県・静岡県・北海道に分布しているようです。

今回は静岡県富士市「富士製パン」のものを入手しました。

fuji-youkan1.JPG

ようかんパン

これは物珍しさから買うものかなあ…と思いきや。

あら美味しいわ。

fuji-youkan2.JPG

小倉餡のあんパンの中央にバタークリーム、表面にようかんコーティング。

ちょっとリッチなあんパンでした。

ようかんコーティングは想像よりベタつかず、食べやすいように考えられているもようです。


◆店舗情報
【富士製パン樺シ営店】
住所:静岡県富士市蓼原1178-3
電話:0545-51-2128
営業時間11:30〜15:30(木・金曜のみ営業、祝日の場合休み)
http://www.youkanpan.com/
ラベル:静岡のパン
posted by kan at 21:40| Comment(2) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

【千葉】茂原市「三真」の「マックスCOFFEEピーナッツ揚げ」

おかきの生産販売をしている「三真」。

あなたもワタシも、コンビニやスーパーで、それとは知らずに「三真」のおかきを目にしたことがあるはずです。

本社は江戸川区ですが、工場は千葉県茂原市と埼玉県加須市にあります。

市販されているものを手に取ると、ほとんどが千葉工場で作られているため、千葉のものと捉えます。

chibasanshin.JPG

マックスCOFFEEピーナッツ揚げ

なぜ作った。
という感想を松戸市民の自分は持ちますが、おそらく70%くらいはジョークなのでしょう。




◆会社情報
【且O真 千葉工場】
住所:千葉県茂原市萱場2244-1
https://www.mochikoubou.jp/
posted by kan at 17:46| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

【広島】三原市「共楽堂」の「大いちご大福」🍓

「共楽堂」。

本店は広島県三原市にありますが、ソラマチや池袋西武など、首都圏でもそこそこ店舗展開していますね。


時節柄ということもあるかもですけど、最近こちらの「大いちご大福」の媒体露出が増えてきたように思います。

IMG_20180126_061221.jpg

大いちご大福

いちごは特大サイズの「あまおう」を使用。

餡は薄い色のこし餡で、いちごの甘みを損なわないよう甘さ控えめ。

ひとつ500円ほどする贅沢ないちご大福なのでございます。

見た目にワクワク感がありますね。

ただね、全体のバランスとしてはさほど感心しなかったのです。

あまおうも大福も、個別に食べる方が美味しいかもしれません。

いちごと大福のマリアージュにおいては、ある程度酸味のあるいちごの方がよいのではないかと。

あと、サイズもね。

ひとくちにおさまらない特大サイズのいちごに特別感があるのですけど、ちょうどいい配分で食べるのが難しいんではないかと。

食べやすいようにカットしちゃうと特別感は薄れそうだし。


良くも悪くも「ビジュアル担当」なのかな。



◆店舗情報
【旬菓瞬菓 共楽堂】
住所:広島県三原市港町1-7-27
電話:0848-62-4097(本社)
営業時間9:00〜17:00
日曜休
https://www.kyorakudo.co.jp/
ラベル:広島のお菓子
posted by kan at 23:32| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

【奈良】天理市・山中章弘農園「かよのあんぽ柿」

奈良県の産物で思いつくのは、葛、梅、そして柿でしょうか(あと柿の葉寿司と和菓子?)。


010.JPG

かよのあんぽ柿

てっきり「カヨさん」という方が作っているものと思って買いましたが、「かよ」は町の名前なんですね。

012.JPG

通常の干し柿とは違って、かなり水分が残っています。

そしてメッチャ甘い。

凍らせてシャーベットのような食べ方もアリなんでは。


◆生産者情報
【山中章弘農園】
住所:奈良県天理市萱生町549-1
電話:0743-66-3334
http://nttbj.itp.ne.jp/0743663334/smp-index.html
ラベル:奈良のお菓子
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

【秋田】秋田市「川口屋」の「つるのこ餅(赤)」

「すあま」の方がむしろローカルなんでしょうか。

IMG_20180124_122815.jpg

つるのこ餅(赤)

扁平で卵型。紅白で対になる祝い事用のお餅です。

お餅といっても材料はうるち米で、形は違いますが、いわゆる「すあま」とほぼ同じものでございます。

(餅米で作ると、「鳥の子餅」になるそうな)

かなり広域でつるのこ餅の慣習があるようですが、これは秋田市のお菓子屋さんが作っているので、材料のお米はあきたこまちですね。

ほんのり甘くて、ワタシは好きです。


◆店舗情報
【川口屋本店】
住所:秋田県秋田市大町1-6-20
電話:018-862-4694
http://akita.sweetsplaza.com/shop/shop.html&sid=28
ラベル:秋田のお菓子
posted by kan at 17:42| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

【滋賀】長浜市「つるやパン」の「サラダパン」と「サンドウィッチ」

最近、アンテナショップやイベントでみかけることが増えてきました。

滋賀県長浜市「つるやパン」のパン。

IMG_20180106_145809.jpg

サラダパン

すでに有名になりましたが、コッペパンの中身は「たくあん+マヨネーズ」!


IMG_20180106_145744.jpg

サンドウィッチ

こちらの中身は「魚肉ハム(スライス状)+マヨネーズ」です。


期待値を大幅に上回るものではありませぬが、どちらもなかなかイケますよ。


◆店舗情報
【木之本 つるやパン本店】
住所:滋賀県長浜市木之本町木之本1105
電話:0749-82-3162
営業時間8:00〜19:00(日祝9:00〜17:00)
無休
http://www.tsuruyapan.jp/news
ラベル:滋賀ごはん
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

【沖縄】石垣島銘菓「みやぎのくんべん」

「くんぺん」。

琉球王朝に献上されていた伝統菓子だそうな。

はじめて食べました。

IMG_20180119_124629.jpg

くんぺん(5個袋入り540円)

ピーナッツバターとゴマの餡がたっぷり入ってます。

中国語で「餅」の字を使うお菓子の系統に近いように思いますね。

お茶🍵にもコーヒー☕にも合いそうです。


◆店舗情報
【宮城菓子店】
住所:沖縄県石垣市石垣727-1
電話:0980-83-4833
営業時間8:30〜17:00
土日休
(石垣空港にも直営店あり)
http://miyagikasiten.com/shohin_kunpen.html
ラベル:沖縄のお菓子
posted by kan at 13:14| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

【長崎】アンテナショップ「日本橋 長崎館」でシースクリーム

とある土曜日、ウズベク料理を食べに日本橋へ向かうと、まだ正月休み中でした。

なんということだ。

特にあてもなく八重洲方面に歩いていくと、「日本橋 長崎館」に行き当たりました。

IMG_20180106_135932.jpg

シースクリーム(600円)

おそらく「梅月堂」さんのシースクリームだと思うのですが。
http://baigetsudo.com/

きめ細かく口どけのよい生地にカスタードクリームをサンドし、生クリームでデコレート。

黄桃の間にはパインが挟まれ、ナパージュしてあります。

美味しいですよ。

単にレトロなケーキというワケではないのですね。


◆店舗情報
【日本橋 長崎館】
住所:東京都中央区日本橋2-1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル1F
電話:03-6262-5352(ショップ)・03-3241-1777(観光案内)
営業時間10:00〜20:00
無休
https://www.nagasakikan.jp/
ラベル:長崎のお菓子
posted by kan at 11:17| Comment(0) | 食べもの日本一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする