2018年03月31日

北千里「デリチュース」のデリチュース(チーズケーキ)は新大阪駅新幹線改札内「ギフトステーション新大阪」でも買えます

「デリチュース」は箕面の人気ケーキ店。

delicius1.JPG

店名を冠したチーズケーキ「デリチュース」が人気です。

delicius2.JPG

表面にはあんずジャムのナパージュ。

delicius3.JPG

チーズはブリー・ド・モーを使用。

タマゴもよいものを仕入れているそうで、めっちゃ原価かかってます。

チーズそのもののような、濃厚なチーズケーキです。

(ワタシはチーズ好きではありますが、タルト部分と一体で食べたときのバランスを重視しますので、個人的にはチーズの量は半分あればじゅうぶんでございます。)


ホームページでは、箕面本店の他に大阪駅と新大阪駅に店舗がある旨が掲載されていますが、他に新大阪駅新幹線改札内の「ギフトステーション新大阪」でも購入することができますよ。

(マダムシンコと並んで販売されてます)



◆店舗情報
【デリチュース 箕面本店】
住所:大阪府箕面市小野原東5-1-27
電話:072-730-0177
営業時間10:00〜20:00
火曜休
http://www.delicius.jp
posted by kan at 21:16| Comment(0) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

浪速区難波中「一芳亭 本店」のシュウマイ

おみやげその1。

ippoutei1.JPG

一芳亭のシュウマイ。

町の中華屋さんですが、しゅうまいが独特で、お土産として阪神百貨店などで販売されています。

ippoutei2.JPG

材料は豚肉とエビとタマネギ。

そして皮は小麦粉ではなく、薄焼きタマゴ。

ふわっとやわらかく甘い、豚まんの中身のようなシュウマイでございます。


…551の肉まんテロほどではないと思いますが、帰りの新幹線🚄の中では多少匂いが気になるかもですね。


◆店舗情報
【一芳亭 本店】
住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-6-22
電話:06-6641-8381
営業時間11:30〜20:00
日祝休
http://www.ippoutei.com
posted by kan at 08:04| Comment(0) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

道頓堀「はり重 道頓堀本店 カレーショップ」でビーフワン

18時台の新幹線に乗る前に、道頓堀で早めの晩ごはん。

「はり重」のカレーショップへ。

karijyu-beef-wan.JPG

ビーフワン・ごはん少なめ(850円+税)

牛肉+たまごとじの他人丼ですね。

ビーフワンの「ワン」は「椀」てな意味でしょうか?

牛丼ともすき焼きとも違って、大和煮ふうな味付けですね。


お土産を除くと、これが今回の大阪行きの、最後の外食でした。

それなりに食いだおれたなあ。

(調整のため、週明けの食事はゼリーひとつだけでしたけど)


そして今回の反省点。

移動多すぎ。


◆店舗情報
【はり重 道頓堀本店 カレーショップ】
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-9-17
電話:06-6213-4736
営業時間11:00〜21:30
火曜休
http://www.harijyu.co.jp/contents/tenpo/doutonbori/curryshop/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

アメリカ村「甲賀流本店」でソースマヨ

難波に着いたら東に向かい、日本橋や黒門市場を散歩。

日本橋あたりまで来ると、人の波が落ち着いてきます。

外国人観光客も含めて、最近のミナミの混雑ぶりには凄まじいものがありますね。

活気があって、人が面白くて、いろいろと変なものがあって、外国人に人気があるのはわかる気がします。


次にアメリカ村エリアへ。

アメ村のタコ焼きといったら「甲賀流」。

帰りの新幹線🚄の時間も迫ってきたので、ここらでタコ焼きもいっとかんと。

kougaryu.JPG

ソースマヨ(10個450円)

トロふわ系タコ焼きの代表。

タコも新鮮なものが使われているため、プリプリの食感です。

(所詮モロッコ産、などと言ってはいけませぬ)

10個は多いようにも思えますが、タコ焼きは飲み物なのでペロッといけますね。


割合あちこちに支店があるのですが、展開場所を見ると、なんとなくドムドムバーガーを連想してしまいます。


◆店舗情報
【大阪アメリカ村 甲賀流本店】
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-18-4
営業時間10:30〜20:30(土・祝前日〜21:30)
posted by kan at 00:01| Comment(0) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

堺市堺区「かん袋」で「くるみ餅」

昼ごはんのあとは、格安自販機で回数券を購入。

IMG_20180318_104502.jpg

あずk…じゃなくてマルーン色の阪急電車で、三宮から梅田へ。

阪神百貨店でお土産を買い、コインロッカーに荷物を入れたら今度はJRで天王寺へ。

IMG_20180318_125921.jpg

天王寺からは阪堺電車に揺られておよそ40分、寺地町で下車したら「かん袋」の店舗はすぐ近くです。

kanbukuro-karami.JPG

くるみ餅(シングル360円)

くるみといっても胡桃ではなく、「くるむ」という意味ですね。

その実態は枝豆餡ですが、ずんだと違って粒を残さない、なめらかでネットリとした餡となっています。

メニューは「くるみ餅」と、かき氷をのせた「氷くるみ餅」のみ。

それでも結構な人が訪れ、順番待ちの列ができます。

儲かってますなあ。
(単価が安い割に手間と人手がかかっているようですので、本当のところはわかりませんが)

でかい木の番号札で順番を待つのがちょっと楽しいな。


帰りは近くのバス停から南海電鉄の堺駅まで移動し、南海電車でまた難波へ戻ります。



◆店舗情報
【かん袋】
住所:大阪府堺市堺区新在家町東1-2-1
電話:072-233-1218
営業時間10:00〜17:00(売切れ次第閉店)
火・水曜休(祝日の場合は営業→休日を振替)
http://www.kanbukuro.co.jp
ラベル:堺ごはん
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

大阪市北区天神橋「千草」で千草焼きとアベック

ホテルでひと休みしたら、地下鉄とJR環状線で天満へ。

出版社時代の同期と待ち合わせです。

19:00の待ち合わせまで、町を探索。

スーパー玉出があったので入店してみると、お惣菜のあまりの安さにビビります。


友人と合流して連れて行ってもらった先は「お好み焼き 千草」。

chigusa.JPG

千草焼き(右)とアベック(左)

じっくり焼き上げるスタイルで、かなり時間がかかります。

「アベック」は豚・イカ・タマゴのオーソドックスなお好み焼き。

店のスペシャリテ「千草焼き」は豚特上ロースをサンドして焼くので、長方形っぽくなります。

焼き上がると、

@マスタード+ケチャップ
Aマヨネーズ(ソースでのばす)
B上からもう一度ソース
Cケシの実をふりかける

といった手順で味付けをしてくれました。独特で面白いなあ。

お味はバッチリ!

地元の友人に案内してもらうと、間違いないですねえ。

ひさびさのビールも沁みました。


いろいろ話を聞くことができて、このタイミングで大阪に来て良かったです。

ごちそうさま!ありがとう!


◆店舗情報
【お好み焼 千草】
住所:大阪府大阪市北区天神橋4-11-18
電話:06-6351-4072
営業時間11:30〜21:00
火曜休
posted by kan at 21:03| Comment(0) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

大阪市中央区難波「北極」のアイスキャンディー

清掃工場見学のあとは、環境施設組合前→コスモスクエア(北港観光バス)→大阪港(地下鉄中央線)と対岸に移動。

IMG_20180317_142816.jpg

海遊館にやって来ました。

入館前に天保山マーケットプレースのベンチでとん蝶を食べていると、目の前のベンチに座っていたカップルの男性が長財布を忘れて立ち上がるのを目撃。

追いかけて財布を渡すと、一緒にいたカップルの女性が「なにしてんねん!」と彼にツッコミを入れました。

愛あるツッコミなのか、単にキビシいだけなのかは判断つきませんでした。


IMG_20180317_145321.jpg

海遊館に来たらジンベエソフトを食べるつもりでしたが、実物を見たらなんとなく食欲がなくなりました…

IMG_20180317_143819.jpg

ピラニアの水槽にはカピバラさんが。


この後はそろそろチェックインの時間なので、地下鉄中央線→四つ橋線で難波へ移動。

(天保山から難波までは直通の南海バスがありますが、少々時間がかかります)

hokkyoku.JPG

難波から道頓堀へ向かう途中で「北極」の前を通ったので、買い食いすることに。

若干の粉っぽさはデンプン由来でしょうか?

店頭に「昼なんです(原文ママ)で紹介されました」と書かれたポップを発見。

昼なんです。


◆店舗情報
【北極 なんば本店】
住所:大阪府大阪市中央区難波3-8-22
電話:06-6641-3731
営業時間10:00〜22:00
無休
https://hokkyoku.jp
posted by kan at 19:53| Comment(2) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

舞洲工場オープンデー

新大阪駅に到着してとん蝶を買ったら、新大阪→大阪(京都線快速)→西九条(大和路快速)→桜島(ゆめ咲線)とJRを乗り継ぎ、市バスではなく北港観光バスで「環境施設組合前」へ。

(途中まではUSJ行きのルートと一緒です)

今回の大阪行きの主目的は、舞洲にある清掃工場🏭の見学。

maishima1.JPG

フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーによるデザインですね。

通常、見学には事前予約が必要ですが、予約不要のオープンデーが年に数回開催されるのです。

maishima2.JPG

やはりシュピッテラウの工場と似てますね。

maishima3.JPG

IMG_20180317_132437.jpg

開放緑地があるのもよいですね。

(オープンデー開催の情報はこちらをチェック↓)
http://www.osaka-env-paa.jp/kengaku/openday/2018-0317maisima-openday.html


maishima4.JPG

道路をはさんで反対側には、スラッジセンター(下水汚泥処理場)もあります。

こちらは見学対象にはなっていませんが、両方あわせて観光資源として整備したらよいのではないかと思いますよ。


余談ですが、桜島のバス停でひとつ前に並んでいた女性がドイツ語版の『星の王子さま』を読んでいて「およよ!」と思ったのですが、考えてみたら自分が独文学徒だったのだから、そういう方がいらしているのが当たり前なのでした。

(ちなみに、環境施設組合前バス停に着いたとき、全く同じタイミングで帰りの時刻表の写真を撮りました。)
posted by kan at 20:23| Comment(0) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

「絹笠」の「とん蝶」は新大阪駅の「GRAND KIOSK」で買えます。

とん蝶。

tonchou1.JPG

「絹笠」という和菓子屋さんが作っている、いわゆる「おこわ」ですね。

tonchou2.JPG

豆と塩昆布入りのシンプルなおこわですが、コレは良いものだ。

benishougaten.JPG

紅生姜天と一緒にいただきました。


旅行者が「絹笠」の本店・支店を訪れることはあまりないと思いますので、なんばウォークか難波高島屋で購入するケースが多いのでしょうか。

新大阪駅新幹線改札内の「GRAND KIOSK」(と、普通のKIOSK)でも購入できるのですが、だいたい早い時間に売り切れちゃうんですよね。

残ってたらラッキーですね。


◆会社情報
【御菓子司 絹笠】
住所:大阪府大阪市鶴見区今津北3-1-8
電話:06-6969-5411
http://www.honke-kinugasa.jp/tontyou.html
posted by kan at 17:02| Comment(0) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

ベタな大阪

ticket-t-o.JPG

てなわけで、週末に大阪まで行ってまいりました。

IMG_20180317_165839.jpg


IMG_20180317_165949.jpg


IMG_20180317_165922.jpg


IMG_20180317_165817.jpg

以上、ベタな大阪でした。

IMG_20180317_173451.jpg

道頓堀ホテルのコレ、夢に出てきそう…
posted by kan at 23:44| Comment(0) | 大阪ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする