2024年07月21日

【🇮🇹イタリア】高円寺「ウシータ」で「にせんべろセット」

とある日曜日の昼下がり。

高円寺にやってきました。

★KIMG7369s.JPG

目指すは「ウシータ」。イタリアン居酒屋とでもいいましょうか。

「にせんべろセット」という独特のお値打ちシステムがあるのです。

ドリンク2杯+おつまみ3品もしくはドリンク3杯+おつまみ2品で税込み2200円。
(※追加料金のかかるメニューもそこそこあります)

イタリアンでさえも高円寺っぽさがありますね。


★KIMG7342s.JPG

1杯目はアペロールスプリッツ。

アペロールというリキュール+白ワイン+炭酸水の組み合わせ。定番の食前酒です。


「おつまみA」からの2品はハムをチョイスしてみました。

★KIMG7348s.JPG

コッパ(首肉のハム)

★KIMG7350s.JPG

モルタデッラ

どちらもまあまあの量がありますね。


★KIMG7365s.JPG

2杯目はあえて追加料金のかかるリモナータ(イタリアのレモネード)を注文。


★KIMG7362s.JPG

そして「おつまみB」の麺メニューから「黒胡椒チーズ」(+100円)をチョイス。

パルミジャーノにすっぽり包まれてますね。

★KIMG7368s.JPG

いわゆる乾燥パスタではなく、浅草開花楼の特製麺が使われています。


ひとりでもコレですので、複数人で異なるにせんべろセットを注文すると、かなり賑やかなテーブルになるかと思いますよ。



【Andiamo all' Uscita  アンディアーモ アッラ ウシータ】
東京都杉並区高円寺北3-22-5 2F
https://twitter.com/uscita315
https://www.instagram.com/uscita315/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月09日

台東区駒形「ビストロマエダ」で平日デジュネ

とある水曜日。

大学病院の問診が早めに終わったので、若松河田からそのまま大江戸線で蔵前まで移動。

KIMG6999s.JPG

蔵前から浅草方面に歩くと、途中にバンダイのビルがありますね。

昼ごはんはレストランカミヤの平日ランチ(800円で葡萄酒付き!)と迷いましたが、この日はビストロへ。

KIMG6086s.JPG

問診や痛みを伴う検査だけで有休を消化してしまうのがもったいないといいますか、楽しいことを絡めて小さなイベントにしたい気持ちがあるのですよね。

平日のデジュネは前菜とメインを選んで1300円。

KIMG6082s.JPG

KIMG6084s.JPG

サーモンのマリネと、あべ鶏のグリルマスタードクリームをチョイス。

値段が値段ですからね、ボリュームはさほどではないのですけども、料理には工夫がこらされていると思います。

そして限られたパンや具材でソースをキレイに平らげるのが身上ですので、こういうソースだとやりがいがあります。

KIMG6085s.JPG

食後は150円でコーヒーをつけました。

野菜のかりんとうが添えられて、ちょっとお得。

ごちそうさまでした。


【ビストロマエダ】
東京都台東区駒形1-12-10 駒形茜日伸ハイツ1F
https://bistro-maeda.com/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月27日

【フランス🇫🇷】奥浅草「フランス食堂 サバ」でアッシェパルマンティエ

とある1月の日曜日。

大学の同級生Mくん(システム屋さんですが、いまは人事担当)と待ち合わせ、ふたたびの「サバ」へ。

実に8年半ぶりの再会です。

20230122SunKIMG3811s.JPG

今回はメインにHachis Parmentier(アッシェパルマンティエ)をチョイス。

挽肉とじゃがいもの重ね焼き。これもフランス家庭料理の定番ですね。

英国のコテージパイに似てますね。

これに甘めの白ワインを合わせ、デザートにタルトタタンも。

20230122SunKIMG3810s.JPG

前菜は前回とは少しずつ違ってました。

食事を楽しみつつ、共通の友人の近況や仕事のこと、プライベートのこと、話は尽きませぬ。

3年に一度くらいは会って話をするのが面白く有意義なのではなかろうか、ということになりました。

都合がつかなければ流れてしまってもいい、くらいのユルさでセッティングしましょうかね。


食後、また別のカフェに寄ったのですが、そこで最近連絡が取れていない同期のひとり(理系、我々とは別の学科)の話になりました。

「そろそろ部長になっている頃なのでは」と検索してみると見事にヒットしまして、ずっと担当していた分野の部長さんに昨年就任していたことが判明しましたよ。

(さらにもうひとりの同期生ですが、実はいまは船の操船を仕事にしています!)


【フランス食堂 サバ】
東京都台東区浅草3-34-1
https://www.facebook.com/profile.php?id=100057360733805
posted by kan at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月25日

【フランス🇫🇷】奥浅草「フランス食堂 サバ」で白いんげん豆のキャスレ

とある1月の土曜日、昼どき。

奥浅草を散策。浅草寺の方はもうかなりの人出なのですよね。

「フランス食堂 サバ」に入店します。

カウンターがメインのビストロで、フランスそのままの家庭料理を意識したメニュー構成ですね。

そして注文と同時に1週間後の予約も済ませました。


20230114SatKIMG3756s.JPG

前菜盛り合わせ


ウフマヨ、自家製ツナマヨ、人参のラペ、レンズ豆のマリネなど。

夜の盛り合わせよりも少し品数を抑えてあるそうです。


20230114SatKIMG3757s.JPG

Cassoulet(白いんげん豆のキャスレ)


まだまだ寒かった時期ですので、メイン料理にはアツアツのやつをいただきました。

ポットは小さめながら、多すぎることも少なすぎることもなく、ちょうどよい塩梅で満足できました。


これに紅茶をつけて、ちょうど2000円でしたよ。


【フランス食堂 サバ】
東京都台東区浅草3-34-1
https://www.facebook.com/profile.php?id=100057360733805
posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月09日

【フランス🇫🇷】新宿御苑前「パリの定食屋 ラ・トック」でAランチ

とある木曜日。

ふたたびの新宿御苑前。

間違って入店してしまったイタリアンの2階にあるビストロ、「パリの食堂 ラ・トック」に改めて伺いました。

KIMG1521s.JPG

いろいろ選べますね。


タイミングよく窓側の席につくことができて嬉しいな。

昼どき、それも穏やかな季節には自然光の入る場所が心地よいですね。


KIMG1523s.JPG

オードブルの「田舎風お肉のパテ」

パテ・ド・カンパーニュは薄めにカットされ、野菜が添えられます。

フランスで前菜にパテを注文するとドカッとボリューミーなのが出てきて、それだけでおなかいっぱいになったりしますね。

それはそれでよいものですけども、これなら軽やかにいただけますね。


KIMG1528s.JPG

メインデッシュは「若鶏のコンフィ ポテトとキノコ添え」をチョイス。

皮のパリッとした食感とジューシーな肉のコンビネーションが素晴らしい。

身離れもよくてナイフとフォークでも食べやすいな。

ガルニチュールもよいですね。


なじみのある食材が使われているとはいえ、この価格ですからね、これは食堂として気軽に食事を楽しんでもらいたいという心意気ですよね。

これからも店が長く続きますように。

ごちそうさまでした。


【パリの定食屋 ラ・トック】
東京都新宿区新宿1-31-4 リプル 葵1F
posted by kan at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月07日

【イタリア🇮🇹】新宿御苑前「イタリアンバール アルテシア」で自家製ミートソースのラザニア

とある3月の水曜日。

大学病院での定期問診後、病院から裏道を新宿御苑前までショートカット。

歩くと汗ばむほどのポカポカ陽気でした。

20220316WedKIMG1416s.JPG

メニューボードをちらっと見て、ラザニアを発見したのでそれに決めて入店。

ラザニアがあると高確率で注文してしまいます。


20220316WedKIMG1407s.JPG

スープ


20220316WedKIMG1412s.JPG

自家製ミートソースのラザニア(フォカッチャ付き)


20220316WedKIMG1415s.JPG

エスプレッソ


満足でございます。


ところで。

実はフレンチビストロで昼ごはんを食べるつもりだったのですが、間違って同じビルの1階にあるイタリアンに入店してました。

メニューに「フランス産鴨もも肉のコンフィ カスレ仕立て」というのがあってフレンチと勘違いしてたのでした。

「ずいぶんイタリア寄りだな……」などと思っていたのですが、イタリアンバールだからして。

食べ終わって外に出てから気づきました。うっかりにもほどがあります。

で、本来目指していたビストロは2階にありました。なんということだ。


アルテシアといえばセイラさんですね。



【イタリアンバール Artésia】
東京都新宿区新宿1-31-4 リプル 葵1F
https://www.facebook.com/profile.php?id=100063695224359
posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月15日

【フランス🇫🇷】亀有「ビストロビスク」で魚料理

とある木曜日。

地元の証券会社に用事があり、休みをもらいました。

予約の時間が14時なので、昼ごはんは近場の亀有で。

小さなビストロをのぞいてみると、1席だけ空いてました。これはラッキー。

限定メニューのワンプレートは早々に売り切れてしまったそうなので、魚料理を選びました。


20230209ThuKIMG3889s.JPG

サラダとコーンスープ。スープはあえて?粗ごしな食感ですね。


20230209ThuKIMG3892s.JPG

この日の魚料理は「スズキとタラのロースト トマトバジルソース」。

バルサミコ酢も使って彩りを演出してるんですね。

焼き加減もお味もすばらしい。ソースも残さずいただきました。

パンは下町の高齢者でも食べられるように配慮されているのか、ソフトなタイプですね。


入口だけみると入店するのに勇気がいりそうですが、店の西側が全面ガラスで店内は明るい雰囲気です。

なのではじめに西側から店の全体像をみてから入店すると安心ですね。


【Bistro Bisque ビストロビスク】
東京都葛飾区亀有3-10-19 アーバンテラス亀有1F
https://bistrobisque.xii.jp/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月12日

【フランス🇫🇷】人形町「カフェ シェ・アンドレ ドゥ・サクレクール」で仔牛のブランケット

とある土曜日、人形町。


「小春軒」の向かいにある「カフェ シェ・アンドレ ドゥ・サクレクール」の前を通ると、ランチメニューが目に入ります。

KIMG3474s.JPG

あ。日替わりがブランケットなのだわ。

これは食べていかねば。


KIMG3480s.JPG

はい。フランスで人気の家庭料理「Blanquette de veau(仔牛のブランケット)」ですね。

メイン具材にホワイトミートを使った料理で、小麦粉&バターで白く仕上げます。

よく似た調理法に「フリカッセ(具材を先に炒める/焼く工程あり)」がありますね。

鶏肉の場合にはフリカッセが多いような。


こちらの店はカフェというくくりで、当然レストランのような品数はありません。

が、フランスの現地っぽさと東京の下町の雰囲気が融合した感がありまして、心地よいですね。

こちらでは自家製ケーキも注文してゆっくり過ごしたいところですけども、寒空の下、外で入店待ちの方がいるとそうもいかないですね。


お会計の際にはフランス出身のお母さんが対応してくれますよ。



【カフェ シェ・アンドレ ドゥ・サクレクール】
東京都中央区日本橋人形町1-8-5
http://park7.wakwak.com/~chezandrescoeur/


(店の成り立ちについては、こちらの記事がオススメ)
https://www.nihonbashi-tokyo.jp/enjoy/gourmet/201204/
posted by kan at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

神保町「クオーレドーロ」で手打ちカレーパスタ

とある土曜日。


神保町の路地裏イタリアン「クオーレドーロ」へ。

豪快なニク🍖推しの店ですが、実はコレもカレー活動の一環なのです。


DSCN5724.JPG

手打ちカレーパスタ


おお…!しっかりとカレーの風味が!

クミンのマジックですねえ。

添えられたチュイルには、なんと福神漬を使っているそうな。

遊び心のあるイタリアンカレーパスタですね。

ガーリックオイルを加えるとまた味わいが変わり、一気にお酒がほしくなります。


DSCN5732.JPG

ドルチェはりんごのタルト。

パスタにサラダ、ドリンク、ドルチェで1500円なので満足度高めです。



◆店舗情報
【Cuore d'oro】
住所:東京都千代田区神田神保町1-14-16 2F
電話:050-3374-0151
営業時間11:30〜15:00、17:30〜23:00(土曜〜22:00)
日曜休
https://cuoredoro482901.gorp.jp/
posted by kan at 12:46| Comment(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

【フランス🇫🇷】東上野「ランビアンス ドゥース」でデジュネ

とある土曜日。


出先で雨が降ってきたので予定を変更して東上野で昼ごはん。

昭和通りを渡りコリアンタウンを抜けると「ランビアンス ドゥース」の赤い建物が見えます。

店内は落ち着きがありますね。

オープンキッチンからの動線が良さそう。


DSCN5111.JPG

前菜のサラダ。

クミンの薫るニンジンのラペがひと味違って本格的!


DSCN5112.JPG

豚肩ロースのグリエ ジャガイモのピューレ添え


デジュネは5つ用意されてまして、メニューの1番上に書かれているのがコレ。

定番ってことですね。

お味もボリュームも素晴らしい。

これで1000円とは、なんとも有り難い。

シェフおひとりで切り盛りなさってますので、諸々のタイミングは配慮すべきかと思います。


夜メニューには「アンドゥイエット」や「トリップ」があってリヨン風。

ワイン🍷と一緒にゆっくり料理を楽しめそうですね。




◆店舗情報
【L'ambiance douce】
住所:東京都台東区東上野2-12-2
電話:03-6284-2962
営業時間11:30〜14:00、18:00〜23:30
日曜、第2・4月曜のディナー休
https://lambiancedouce.owst.jp/
posted by kan at 12:36| Comment(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

根津「根津あんくる」でヤガラのグリル

とある日曜日。


谷根千散歩のついでに「根津あんくる」で昼ごはん。

あんくるはANCRE(錨)であって、英語でいうところの親戚のおじさんのことではなく。

ビストロではありますが、メイン料理に茶碗のごはん🍚と椀と小鉢のつく和定食の構成、かつ箸で料理をいただく和洋折衷形式ですね。


DSCN0156.JPG

長崎直送 ヤガラのグリル


アカヤガラは細長くてデカい高級魚。

美味しいよ!


DSCN0157.JPG

+300円のミニあまおうデザート。


予想よりもさっぱり系でした。


料理は全体的に健康的な内容になっていると思います。



◆店舗情報
【根津あんくる】
住所:東京都文京区根津2-36-12 平野ビル1F
電話:03-3822-0155
営業時間12:00〜17:00、18:00〜23:00(日祝〜22:00)
火曜休・水曜の昼休
http://ancre.tank.jp
posted by kan at 00:00| Comment(2) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

神田練塀町「ビストロ魚金 秋葉原」で特選エアバスランチ

とある水曜日の昼。


2017年1月中旬、神田練塀町に「魚金」の和食店とビストロが2店舗同時にオープンしてまして、病院の問診日にかこつけてビストロを訪れました。


DSCN0457.JPG

特選エアバスランチ(税込950円)


さすがに魚金だなあ、という感じです。

あれこれ楽しめる豪華版機内食のようですね。



店舗がどんどん増殖していくのもわかる気がします。



◆店舗情報
【ビストロ魚金 秋葉原】
住所:東京都千代田区神田練塀町85 JEBL秋葉原スクエア2F
電話:03-6262-9862
営業時間11:30〜14:00、17:00〜23:30(土日祝16:00〜23:00)
http://www.uokingroup.jp/
ラベル:秋葉原ごはん
posted by kan at 12:35| Comment(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

【フランス🇫🇷】アンスティチュ・フランセ東京「ラ・ブラスリー」でMenu Parisien

とある雨の水曜日。

大学病院の定期問診を終え、昼メシをキメるべく神楽坂方面へ。

某ブラッスリーを訪れてみると…予約でいっぱいでした。

なんということだ。


そこで、別の候補店へと移動しますが、雨が上がったら猛烈に蒸し暑くなってきました。

上着が邪魔にもほどがある。ますますなんということだ。


訪れたのは東京理科大学近くのアンスティチュ・フランセ(旧日仏学院)。

敷地内にブラッスリーがあるのです。席数も多く、意外と穴場。


1900円のメニュー・パリジャンに決めたら、あとはプリフィクスの料理をチョイス。


DSCN1700.JPG

前菜のパテ・ド・カンパーニュ。

このくらいの量だと、これだけでお腹いっぱいにならずに済むのでヨイですね。


DSCN1703.JPG

主菜は甘鯛のポワレ、トマトクリームケッパーソース。



DSCN1701.JPG

パンと水


DSCN1707.JPG

そして食後のコーヒー☕。


ごちそうさまでした。

給仕担当にあちらの方々もいらして、フランスの雰囲気ありますね。


デザートをつけると、もひとつ上のMenu(2400円)、そこにスープをつけるとまたもひとつ上のMenu(2900円)になります。

リーズナブルなMenu expressもありますし、アラカルトもいけますよ。



◆店舗情報
【アンスティチュ・フランセ東京 ラ・ブラスリー】
住所:東京都新宿区市谷船河原町15
電話:03-5206-2741
営業時間11:45〜15:00、18:00〜22:00(日曜日はランチのみ)
月曜・祝日休
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/brasserie/
posted by kan at 18:32| Comment(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

【閉店】御徒町「ビストロたぬき」で晩ごはん

とある火曜日の夜、「ビストロたぬき」へ。


IMG_20180213_194826.jpg

この日はお酒をグラス1杯だけにして、晩ごはんをいただく体で。


IMG_20180213_194820.jpg

お通しはチーズとレーズンにパン。


IMG_20180213_194949.jpg

前菜3種盛りは冷製ロールキャベツ、サーモン、ビーツのサラダなど。


ここまで、お得な「たぬきセット」をあえて外してのチョイスです。


IMG_20180213_200146.jpg

ニース風サラダのハーフサイズ。


IMG_20180213_200903.jpg

メインは自家製ソーセージ炭火焼き、ザウアークラウト添え。


IMG_20180213_202412.jpg

そしてデザートは洋梨のタルト。


ごちそうさまでした。

野菜も摂れて、とても満足でこざいます。



こんなふうにアラカルトで注文しても、全部で3000円台。


「ビストロたぬき」においでませ。




※画質がヒドいのでサムネイル表示にしております



◆店舗情報
【Bistroたぬき】
住所:東京都台東区上野3-7-5 中戸川ビル1F
電話:03-6803-0959
営業時間〈月〜金〉11:30〜14:30、18:00〜24:00〈土曜・祝日〉12:00〜23:00
日曜休
〈HP〉https://bistrotanuki.owst.jp
〈Twitter〉https://mobile.twitter.com/85qiwgobus9rste
〈Facebook〉https://m.facebook.com/bistro.tanuki/?locale2=ja_JP
ラベル:御徒町ごはん
posted by kan at 13:50| Comment(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

【閉店】御徒町「ビストロたぬき」でちょい飲み

ステーキランチをいただいてから10日ほど後の、とある木曜日。
 

また「ビストロたぬき」に伺いました。今度は夜のちょい飲みです。



まずはお得な「たぬきセット」を注文。

グラス1杯+生牡蠣+前菜3種盛りで1000円なのですよ!


IMG_20180418_123041.jpg

グラスワインの白

IMG_20180418_123034.jpg

特大の生牡蠣。

IMG_20180418_123038.jpg

前菜3種盛り。


それから炭水化物と野菜を追加します。


IMG_20180418_123052.jpg

フライドポテト(ハーフ)

IMG_20180418_123047.jpg

ラタトゥイユ(ハーフ)


ハーフでも結構な量がありますよ。

肉料理をチョイスしてもよかったかも。


IMG_20180418_124355.jpg

更にグラスワインの赤🍷を追加。

(食事中、たぬきの湯呑みで水を出してもらえます)



お通しを含めても全部で2632円。

お味はもちろん大満足!



ビストロたぬきにおいでませ。




◆店舗情報
【Bistroたぬき】
住所:東京都台東区上野3-7-5 中戸川ビル1F
電話:03-6803-0959
営業時間〈月〜金〉11:30〜14:30、18:00〜24:00〈土曜・祝日〉12:00〜23:00
日曜休
〈HP〉https://bistrotanuki.owst.jp
〈Twitter〉https://mobile.twitter.com/85qiwgobus9rste
〈Facebook〉https://m.facebook.com/bistro.tanuki/?locale2=ja_JP
ラベル:御徒町ごはん
posted by kan at 00:00| Comment(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

【閉店】御徒町「ビストロたぬき」でステーキランチ

1年半ほど前のこと。

秋葉原から上野まで歩いている途中、末広町と御徒町の中間地点に新しいビストロができているのを発見しました。

気になっていたのですが、なかなか訪れるタイミングが合わず。

土曜日にもランチ営業を始めたところでお店に伺い、初回は魚🐟のランチをいただきました。


そしてまた、とある土曜日。

2回目はステーキランチを注文してみました。

bistro-tanuki1.JPG

前菜のサラダ。サラダひとつにも手間がかけられてますね。

bistro-tanuki2.JPG

メインは「北海道産牛赤身肉のステーキ バルサミコソース トリュフ塩添え」。

すばらしくトリュフが香ります。

ガルニチュールには「インカのめざめ」のような、甘みのあるじゃがいもが使われているようでした。


bistro-tanuki3.JPG

デザートとコーヒー。


お味はもちろん、量もじゅうぶん。

大満足のランチなのです。


2500円〜3000円くらいの内容の料理を、ランチでは破格の値段で提供してくれています。

ランチで料理が気に入ったら、ぜひディナータイムに訪れてみてくださいませ。



◆店舗情報
【Bistroたぬき】
住所:東京都台東区上野3-7-5 中戸川ビル1F
電話:03-6803-0959
営業時間〈月〜金〉11:30〜14:30、18:00〜24:00〈土曜・祝日〉12:00〜23:00
日曜休
〈HP〉https://bistrotanuki.owst.jp
〈Twitter〉https://mobile.twitter.com/85qiwgobus9rste
〈Facebook〉https://m.facebook.com/bistro.tanuki/?locale2=ja_JP
ラベル:御徒町ごはん
posted by kan at 07:40| Comment(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月05日

【閉店】上目黒「ペティアン」で鶏白レバーのムースと鶏のコンフィ

とある土曜日。

祐天寺と中目黒のあいだにある「ペティアン」で昼ごはんです。


20040605Satpetillant1.JPG

シンプルな外観ですね。


20040605Satpetillant2鶏白レバームース.JPG

ひとつめの皿は鶏白レバーのムース。

ラペをはじめ、サラダてんこもりですね。

昔は「クリュディテ」と呼んでいたように思いますが、その呼び方はあまり目にしなくなったかも。


20040605Satpetillant5鶏コンフィ.JPG

メイン料理は鶏のコンフィ。なかなかのボリュームです。

つけあわせのマッシュポテトもウマいですね(^▽^)/


【Petillant】
東京都目黒区上目黒2-43-11 小川ビル1F

posted by kan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビストロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする