2017年07月12日

四谷・しんみち通り「Neuf」でクスクスランチ

IMG_20170705_124314.jpg

2016年の暮れ、四谷・しんみち通りにオープンしたワインバー「Neuf」。

ワイン🍷はカリフォルニアのものが中心のようです。


IMG_20170705_124259.jpg
月曜から木曜まで、クスクスのランチ(1000円)をいただくことができます。


IMG_20170705_121820.jpg
第一の皿はベーコンとタマネギのキッシュ&サラダ。

やわらかく出来立て。
ランチでアツアツふんわりのキッシュというのは珍しいんでは。


IMG_20170705_123032.jpg

クスクスは野菜たっぷりで、スープカレーふう。

この日はコリンキーが推し野菜だったもようです。

日本人のシェフが作ると、繊細で上品な仕上がりになりますね。

仔羊とトマトのスープはスパイシーで、とても美味しい!

ある程度食べ進んだところで、セルヴーズの方が「スープは足りていますか?」と声をかけてくれました。

希望すれば「追いスープ」をしてくれるようでした。

スープが足りなくなるのはクスクスあるある。
嬉しい配慮ですね。


IMG_20170705_125455.jpg
持ちかえりできるコーヒー(または紅茶)もつくんですよ。


◆店舗情報
【Wines By California Neuf】
住所:東京都新宿区四谷1-20 岩井第一ビル2F
電話:03-5315-4583
営業時間
(ランチ)月〜木11:30〜14:00
(ディナー)月〜木・土・祝17:00〜24:00、金17:00〜27:00
日曜休
https://m.facebook.com/neuf.9.california/

2017年07月11日

四谷三丁目「香港麺 新記」で什錦撈麺

四谷三丁目の交差点の一角、「なか卯」の上階にある「新記 四谷三丁目店」。

本店は三宿で、虎ノ門にも店があります。

こちらでは、麺類を注文するときには香港麺を選ぶことができるのです。
(もともと香港麺がデフォルトなのでしょうけど)

IMG_20170627_180332.jpg
什錦撈麺(全部入りつゆなし麺・税込1000円)

叉焼、牛バラ、つみれと練り物、エビ雲呑、それに青菜。

いずれの具材も一品料理として成り立つレベルのお味。

やわらかい練り物が予想外に美味しくて、ちょっと驚きましたね。

八角風味のタレをまとった細麺をすすれば、気分だけは現地に飛べますよ。


◆店舗情報
【香港麺 新記 四谷三丁目店】
住所:東京都新宿区四谷3-8 四谷三丁目中央ビル2F
電話:03-6380-0239
営業時間11:30〜15:00、17:30〜25:00(土曜11:30〜25:00、日祝11:30〜23:30)
無休
http://www.honkonmen-shinki.jp/
posted by kan at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の中の香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

御徒町「二代目司流 とことんラーメン」で「とことん冷し麺」

こちらの店、もともとは「元祖司流 とことんラーメン」という名前で、年配のご夫婦とおぼしきおふたりで営業なさっていました。

元祖の店は閉業となりましたが、若い大将が店を引き継ぎ、2016年10月11日に「二代目司流」として営業再開することになったようです。

結構な頻度で店の前を通りますが、「マツコの知らない世界」で紹介されるまで冷やし中華があるとは知りませんでした。

とある平日の夕方、店の外に掲示されたメニューを眺めていたら突然の豪雨☔に見舞われ。

もう入店せざるを得ない状況になっちゃいました。
なんということだ。


IMG_20170706_182905.jpg
とことん冷し麺(850円)

直径30cmほどの大皿にこんもり。
まず、食べ切れるかが心配になります。

しかしひとくちふたくちいただいてみると、「あ、これは完食できるな」と確信できます。

酸味の強すぎない、飽きのこないタレと、野菜のみずみずしさでさっぱりといただくことができますね。

野菜はレタス、薄切りキュウリ、水菜、少量のモヤシ、千切りニンジン、プチトマト、それにたっぷりのワカメ。

おかず系の具材は錦糸玉子、煮卵とチャーシュー。

味のアクセントとして多めの椎茸の旨味に、紅生姜の爽やかさ、ゴマのコク。

ルックスはお世辞にも綺麗とは言えませんが、味のバランスがかなり考慮されていると思えますね。


ちなみに、他の冷やし麺メニューは具材の数を抑えてシンプルに仕上げられてましたよ。



◆店舗情報
【二代目司流 とことんラーメン】
住所:東京都台東区上野3-6-7
電話:03-3836-1313
営業時間
昼の部11:00〜16:00
夜の部16:00〜21:00
日祝休
https://m.facebook.com/%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%93%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3-%E4%BA%8C%E4%BB%A3%E7%9B%AE-%E5%8F%B8%E6%B5%81-1832927310270113/

2017年06月29日

郡山市「モン・リブラン」の「クリームボックス」

「クリームボックス」は郡山市民のソウルフード。
(ということにしといてください)

IMG_20170628_101310.jpg
クリームボックス(ミルク)

原材料の筆頭は「牛乳」なので、生クリームよりあっさり。

パンがへこむようにクリームを詰め塗りしてあるため、見た目よりクリームたっぷりなのですよ。


◆店舗情報
【モン・リブラン安積店】
住所:福島県郡山市安積3-332-2
電話:024-947-1618

2017年06月27日

四谷・しんみち通り「スパゲティながい」でタラコとウニのスパゲティ

しんみち通りにある「スパゲティながい」。

代々木八幡「ハシヤ」をご存じの方にはおなじみの、美味しいスパゲティをいただくことができます。

https://matome.naver.jp/m/odai/2139512592260151701

痛風まっしぐらのメニューですが、注文するのはやはりコレ。

IMG_20170626_122012.jpg
タラコとウニのスパゲティ(普通1050円)

普通盛りが100g、大盛りでも170gなので麺は少なめですね。

ポンデケージョみたいな小さなパンがつきます。

残ったソースをぬぐうためと理解しておりますが、お店の方に確認したことはありません。

ウニのオーダーが入ると、まず木の皿にウニペーストがたっぷり入ります。

そこにゆであげスパゲティをからめていくわけですね。

バターの風味とタラコ、ウニのハーモニーが素晴らしい!


ちなみに、店内には貸本の棚がありますよ。


◆店舗情報
【Spaghetti ながい】
住所:東京都新宿区四谷1-8 中川ビル2階
電話:03-3350-0806
営業時間11:30〜21:30
日曜休