2018年01月10日

京都市中京区両替町通「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」で「餃子のとろ〜りチーズチリソース」

ふと思いついて、金ピカ鳥居の御金神社へ。

すると、300メートル以上の行列ができてました。

なんということだ。

どちらかといえば並ばないタイプとしては、即退散です。


市役所方面に戻る途中、シックな黒い店が目に入ります。

現時点で全国に5店舗しかない、“女性向け新コンセプト餃子の王将”こと「GYOZA OHSHO」です。

旅行先で「餃子の王将」とは、いかがなものか。

とは思いつつも、寒いし小腹は減っているしで、自然と足が向いてました。

IMG_20180102_150828.jpg

餃子のとろ〜りチーズチリソース(410円)

小針衣里加さん監修のメニューですね。

炭水化物とタンパク質とチーズが合わないわけないですからね。

チーズ好きな方にはオススメですよ。


◆店舗情報
【GYOZA OHSHO 烏丸御池店】
住所:京都市中京区両替町通姉小路上ル龍池町430
電話:075-251-0177
営業時間11:00〜24:00(日祝11:00〜22:00)
https://www.ohsho.co.jp/concept/gyoza-ohsho/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 京都ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

京都市東山区七条通川端東入ル「甘味と和食 香穂」で白みそ雑煮

京阪電車で宇治から七条まで移動し、昼ごはんです。

京都の1月ということで、やはり白味噌のお雑煮は外せないかと。

正月から営業していてなおかつ京都国立博物館とセットにできる立地から、「香穂」さんに伺ってみました。

ちなみに、お雑煮を提供する店の候補はいくつかありましたが、ほとんどの店をヌシさまが制覇なさってらして、さすがの甘味王なのでございます。


IMG_20180102_122229.jpg

白みそ雑煮(3が日限定・税込み950円)

利尻昆布で出汁を取り、山利さんの白味噌を使った逸品でございます。

丸餅にかしら芋(里芋)、大根、日の出人参。

シンプル。そして上品。

お椀やグラスも上質なものでございました。


ただ、量に関しては前日の昼食と対照的で、すぐにおなかがすいてしまいました。


IMG_20180102_123507.jpg

京博の犬の展示には期待していたのですが、想像より数が少なかったのがちょっと残念でした。


◆店舗情報
【甘味と和食 香穂】
住所:京都市東山区七条通川端東入ル下堀詰町234
電話:075-744-6611
営業時間12:00〜16:00、18:00〜22:00
月曜休(火曜不定休)
https://m.facebook.com/kaho0757446611/?locale2=ja_JP
posted by kan at 00:01| Comment(2) | 京都ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

宇治・平等院鳳凰堂と宇治上神社

2日目の午前中は宇治へ。

IMG_20180102_103834.jpg

平等院鳳凰堂。

10円玉だけでなく、かつての60円切手の図柄の元や、1万円札に印刷されたものの実物を見ることもできます。

IMG_20180102_112307.jpg

あと、宇治上神社にもおまいりしました。

IMG_20180102_141205.jpg

宇治でコレを買うのはいかがなものか、という気もしますが。
チェリオにお茶ってあったのね。

IMG_20180107_215858.jpg

試飲によばれてしまいましたので、「お茶のかんばやし」で安い粉茶を買いました。

「上林春松」は新宿伊勢丹にあるし、いつも綾鷹買ってるからパスしていいかな。

前夜に抹茶パフェを食べてしまったため、茶団子を食べる気にはなりませんでしたね。
posted by kan at 00:01| Comment(0) | 京都ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

京都タワーサンド「辻利」で辻利ソフト京パルフェ

京都タワーの1階と地下がリニューアル。
地下はフードコートになりました。

https://www.kyoto-tower-sando.jp/s/

これに伴い、京都駅付近で唯一?残っていた昭和の雰囲気をまとう土産物店は絶滅したもようです。


銀座SIXにもあるけど…新しくなった京都タワーの「辻利」で抹茶スイーツをひとつキメておくことにします。

IMG_20180101_183855.jpg

辻利ソフト京パルフェ(648円)

ワッフルコーンにしたのですが、カップの方が良かったかも。

抹茶ソフトに白玉とアンコと蜜。

ソフトは抹茶&ミルクの方が飽きがこないように思いますが、京パルフェは抹茶オンリーですね。

単調になりがちな抹茶味ですが、蜜が地味にイイ仕事してます。


実のところ、昼食でおなかいっぱいで、コレが実質的な晩ごはんとなりました。

なんということだ。


◆店舗情報
【辻利 京都タワーサンド店】
住所:京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1 京都タワーサンド1F
電話:075-744-6417
営業時間9:00〜21:00
無休
http://www.kataoka.com/tsujiri-ujihonten/
posted by kan at 00:03| Comment(0) | 京都ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

京都市下京区観喜寺町・京都水族館内「かいじゅうカフェ」で「オオサンショウウオまん」

16時頃、一旦京都駅に戻りホテルにチェックイン。

IMG_20180102_090827.jpg
今回は京都駅西側の「ホテルエクセレンス京都駅前」に泊まりました。
http://excellence.mollette.jp/

最近よく見かける、マシン精算でコストを抑えたシンプルなホテルですが、必要条件はクリアしてますし、なかなか良かったですよ。

完全禁煙🚭なのもよいですね。

IMG_20180102_081547.jpg
セルフサービスの朝食があるのも好印象。

飲み物はオレンジジュースと野菜ジュース、ホットのドリンクバーにエスプレッソマシーン、緑茶と紅茶のティーバッグが用意されていました。

食事をしないまでも、あたたかい飲み物で朝をスタートできるのは、この時期ありがたいものです。


IMG_20180101_163344.jpg
ひと息ついたら、ホテルからほど近い京都水族館へ。

(水族館めぐりは今年のテーマのひとつです)

水族館内には3つのカフェがありまして、そのうち「かいじゅうカフェ」では生き物の形をした「すいぞくパン🍞」が売られています。

http://www.kyoto-aquarium.com/shop/suizoku.html

でも遅い時間でしたので、すでに売り切れでした。

代わりに購入したのがコレ。

IMG_20180101_164227.jpg

オオサンショウウオまん(350円)

中身はこしあん。

お味の方は、まあ。深く追求しないのがよろしいかと。

ユルくてかわいいから許す。



◆店舗情報
【かいじゅうカフェ】
住所:京都市下京区観喜寺町35-1 京都水族館内
営業時間10:00〜18:00
無休
http://www.kyoto-aquarium.com/
posted by kan at 10:03| Comment(0) | 京都ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする