2017年05月22日

株式会社いづみや/お菓子の城 那須ハートランドの「御用邸の月」

IMG_20170421_120548.jpg

「御用邸の月」というお菓子をいただきました。

全国津々浦々に存在する、「萩の月」のパクr…ではなくオマージュ商品のひとつです。

那須高原のお土産で、もともとの商品名は「那須の月」。

「那須の月」自体は平成元年に「誕生」したもようです。

IMG_20170516_122540.jpg

重量は1個あたりおよそ52g、直径(下部)約6cm、高さ約3cm。

IMG_20170516_122747.jpg

生地はギュッと詰まっているタイプ、クリームにはタマゴの味が感じられますね。


オマージュとしては良く出来ているのではないかと思います。

ただ、食べ比べてみますと、バターの風味や口どけなどの点が優れている「萩の月」は、やはりオマージュされるだけのことはあるのだなあ、と感心しますね。



◆店舗情報
【お菓子の城 那須ハートランド】
住所:栃木県那須町高久甲4588-10
電話:0287-62-1800
営業時間8:30〜17:30頃
http://www.okashinoshiro.co.jp/
posted by kan at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ○○の月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

「鎌倉紅谷」の「クルミッ子」

「いい菓子つくろう、鎌倉紅谷。」

IMG_20170512_124627.jpg
鎌倉紅谷の代名詞といえば、「クルミッ子」ですね。

IMG_20170512_124741.jpg
スイスの「エンガディナー・ヌストルテ」のアレンジですよね。

原材料名は「くるみ、砂糖、生クリーム、小麦粉、バター、水飴、卵、牛乳、はちみつ、膨張剤、香料」。

水飴が入るのは日本らしいですね。
(生地がしっとりする効果などがありますね)

IMG_20170512_124858.jpg
クルミは馴染みのあるナッツですし、日本人好みの焼き菓子といえるんではないでしょうか。

夏は冷やして召し上がれ。


※長谷店と工場直営店には「こわれ」「切り落とし」の取り扱いがあるもようです。


◆店舗情報
【鎌倉紅谷 八幡宮前本店】
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4
電話:0467-22-3492
営業時間8:30〜17:30(土日祝8:30〜18:00)
無休

【鎌倉紅谷 雪ノ下店】
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-8-36 津多屋ビル1F
電話:0467-61-1915
営業時間10:00〜17:00(土日祝10:00〜18:00)
無休

【鎌倉紅谷 長谷店】
住所:神奈川県鎌倉市長谷3-1-16
電話:0467-24-3077
営業時間9:00〜17:00
正月・夏期休業あり

※他に工場直営の常盤店(鎌倉市)、幸浦店(横浜市金沢区)あり

http://www.beniya-ajisai.co.jp/

2017年05月20日

上野「いろり庵きらく」で鬼おろし海苔つけ蕎麦

ワタシが通勤経路で利用するJR駅のうち、四ツ谷駅・秋葉原駅・御徒町駅・上野駅に「いろり庵きらく」があります。

これだけあれば、必然的に寄り道してしまいますね。

※神田駅や秋葉原駅にある「そばいち」もよいですよ。

暑くなってきましたので、期間限定の品を。

IMG_20170511_192638.jpg

鬼おろし海苔つけ蕎麦(440円)


IMG_20170511_192700.jpg

さっぱり味。

もうちょい鬼おろしが入っててもよいと思うのですが。

つゆがアオサ風味で、海苔たっぷり。

なんとなく、「ごはんですよ」の味がしたような。


◆店舗情報
【いろり庵きらく 上野店】
住所:東京都台東区上野7-1-1 JR上野駅構内
営業時間6:30〜22:30(土6:30〜22:00、日祝7:00〜21:30)
無休
http://www.nre.co.jp/shop/tabid/220/brnid/3/Default.aspx

2017年05月19日

神保町「仙臺」で「えびめし」

神保町の「仙臺」。

主に牛たんとカレーの店です。

なのですが、なんとメニューには「えびめし」があるのです。

これは珍しい。

3回目の訪問で、えびめしをオーダーしてみました。

IMG_20170518_183840.jpg
えびめし(650円)

錦糸玉子がよいですね。

コールスローが添えてあるのも嬉しいな。

このコクのあるソースをコメ全体にまとわせるには、それなりのワザが必要なのでしょう。

この日はえびめしだけで30食以上出たそうで、ご主人が「今日はえびめしデーか」「腱鞘炎になっちゃうよ」とおっしゃってましたね。

他にもここには書けないような話がいろいろ出ましたよ。
(もちろん自粛です。)

ちなみに、ご主人は白髪の梅沢富美男氏ふうな印象です。


◆店舗情報
【仙臺】
住所:東京都千代田区神田神保町1-64-1 田中ビル1F
電話:03-5577-4051
営業時間11:00〜15:00、15:30〜21:00(土祝11:00〜15:00)
日曜休
posted by kan at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

神保町「文銭堂」の柏餅

端午の節句から、はや2週間。

仕事帰りにちょくちょく和菓子店に寄っていたのですが、柏餅はすでに終了(もしくは時間的に売り切れ)のケースが多いようですね。

ところが、神保町の「文銭堂」を覗いてみたら、あっさり発見しました。

IMG_20170518_210026.jpg
柏餅(こしあん、240円)

こしあん、つぶあん、みそあんの3種類があるようですが、こしあんがひとつだけ残ってました。
残りものには福がある。

柏の葉っぱがデカいですね。

葉っぱと接している部分、塩味がします。塩漬けなのかな。

こしあんは麩饅頭にみられるような、上品なタイプでしたよ。


◆店舗情報
【橘昌 文銭堂】
住所:東京都千代田区神田神保町1-13-2
電話:03-3292-0003
営業時間9:00〜19:00(土曜10:00〜18:00)
日曜休
http://www.kanda-bunsendo.com/
posted by kan at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保町ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする