2020年02月02日

【オーストラリア】神宮前「郷土菓子研究社/ビノワカフェ」でラミントン

とある土曜日、神宮前へ。


20200201lamington.JPG

ラミントン


やわらかスポンジケーキにチョコレートソースを染み込ませ、ココナッツをまぶしたお菓子で、ホームメイドの素朴な味わい。


見た目からブル○ンのシルベー○を連想するかもしれませんが、シル○ーヌのようにかたいチョココーティングではないですね。


下北沢の別の店でもラミントンがあるので、比較のために食べてみました。

ほぼ同じものでした。

同じ方の作ったものだったりして。



◆店舗情報
【郷土菓子研究社/ビノワカフェ】
住所:東京都渋谷区神宮前6-24-2 原宿芳村ビル2F
電話:03-6450-5369
営業時間14:00〜20:00(土日祝12:00〜18:00)
不定休(月4日)
https://www.kyodogashi-kenkyusha.com/cafe/
posted by kan at 00:00| Comment(0) | 世界のお菓子の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

C

冷たい雨のそぼ降る、とある火曜日。

終業後、とある「C」で始まる国名の料理店へ。

Googleでは「営業時間中」となっているのですが、ふと気になってSNSを検索してみると…

1/26(日)で閉店という告知を発見。

なんということだ。


※帰り道、500円のお買物券が当たったのでよしとします。
posted by kan at 22:26| Comment(0) | なんということだ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

【B】〈Bangladesh〉ルイフィッシュ・ブナ

とある水曜日、というか元日の昼。

1月1日から外国料理ってどうなの?と思いつつも浅草橋「美味キッチン」へ。

最近は水曜日が魚料理🐟の日です。


20200101.JPG

ルイフィッシュ・ブナ


メイン料理の他に豆のカレースープ、オクラのボッタ、ナスとタマネギのボッタがセットになってます。

「ブナ」は水分少なめの炒めカレー(水分多めカレーはジョル)、「ボッタ」はマスタードオイルとスパイスで和えた半ペースト状の野菜。

これらのおかずで主食のお米をモリモリ食べるわけですね。

バングラデシュはベンガル湾に面した国で、なおかつ国土はガンジス川(パドマ川)をはじめとするさまざまな河川の流域。

お米と魚を食べる風土の所以ですね。

ルイフィッシュはコイ科の川魚。白身に適度な脂がのって、なかなかイケますよ。
食味はカレイに似た感じでしょうか。
https://www.agomonbd.com/product/rui-fish-1-pic-1-kg/

バングラデシュのカレーは辛さがマイルドなこともあり、スパイスと油を除けば、魚をおかずにお米を食べる日本の家庭料理のような感覚もあります。

かつては(関わっているのがインドの方とは限らないのに)北インドカレー&ナン一辺倒に思えた日本のインド周辺カレー事情でしたが、ずいぶん状況が変わってきましたね。

近年の細分化が進むカレー事情に興味のある方なら、小林真樹さんの『日本の中のインド亜大陸食紀行』(阿佐ヶ谷書院)という本を面白く読めるかもしれません。


◆店舗情報
【美味キッチン】
住所:東京都台東区浅草橋3-1-3
電話:03-6231-8440
営業時間11:00〜15:00、18:00〜22:30
不定休
https://bimikitchen.com/
posted by kan at 01:12| Comment(0) | 世界の料理 AtoZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

大岡越前

クリニックで見たい番組がなくて、ローカル局でやってる「大岡越前」を1番面白く感じてしまうのは老化ってやつでしょうか💦

ただ、いま見るとさまざまな発見がありまして。

舞台に柳原土手がよく登場したり。

川の名前を「大川」(いまの隅田川)と呼んでたり。

年を重ねることでわかってくることもあるんですね。

ここのところ、(なかなか再放送をしなかった)「大岡越前第一部(1970年)」が放映されているのも興味深いのです。

杉さまや天知茂がセミレギュラーだったり、大原麗子&石立鉄男がゲストの回があったり。

のちにリメイクされるエピソードがいくつもあったり。

加藤さんと宇津宮さんの、結婚前に屋敷でデート的なシーンが妙に多かったり。
(第一部では回をまたいで結婚に至るまでを描いているため、意図的なものでしょう)


もしかすると、いまなら「男はつらいよ」も面白く感じでしまうかもしれません。


◆C.A.L 大岡越前第一部
http://www.cal-net.co.jp/picture-produce/drama/oooka/detail.html?story=1
posted by kan at 22:53| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

【アフガニスタン/パキスタン】市谷本村町「J's Cafe」でチャプリ・カバブ

とある月曜日。

昼休み、ひさびさに左内坂をのぼってJICAへ。


2020.01.06.jpg

チャプリ・カバブ


クミンやコリアンダー等のスパイスを使ったアフガン/パキスタン式ハンバーグですね。

ペシャワールあたりが起源のパシュトゥン料理。

コレ用のミックススパイスなども販売されているようです。


見た目はハンバーグでも、スパイスが変わると一気に西域の味になりますね。

ごちそうさまでした(^o^)


◆店舗情報
【J's Cafe】
住所:東京都新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷ビル2F
電話:03-3269-2911
営業時間10:00〜17:00、土曜10:00〜15:00(ランチは平日・土曜11:30〜14:00)
日曜休
https://www.jica.go.jp/mobile/hiroba/index.html
posted by kan at 22:28| Comment(2) | 食べもの世界一周 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする