2021年05月09日

【す】スヴィチコヴァー〈チェコ〉

チェコを代表する料理、スヴィチコヴァー。

肉と根菜類を蒸し煮、さらに肉を取り出して野菜をすり潰し、クリームと合わせソースを作る……

地味なルックスではありますが、めっちゃ手間のかかる料理なのです。


DSCN7738.JPG

スヴィチコヴァー


蒸しパンのような「クネードリキ」を添えるのが一般的。

本来なら根菜にはセルリアック(セロリの一種で肥大した地下茎を食べる)とルートパセリ(白いニンジンみたいの)を使うのでしょうけれども、日本でいつでも手に入る野菜ではないですね。

根菜のポタージュは美味しいので、代用でゴボウやレンコンを使っても良さそうですし、セリ科の野菜を加えるなどすれば美味しく出来上がるかも。

チェコでもスヴィチコヴァーには地方色があるようですし、レシピも人それぞれ。

カレーライス同様、広く愛される料理は作る人の数だけレシピがあるものなのでしょう。


◆店舗情報
【だあしゑんか】
住所:東京都新宿区舟町5-25 TSI舟町B1F
電話:03-5269-6151
営業時間18:00〜24:00(土日祝17:00〜23:00)
火曜休(臨時休業あり)
https://m.facebook.com/bardasenka/?locale2=ja_JP
posted by kan at 13:17| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

【し】ジョロフライス〈ガーナ、ナイジェリア他〉

ジョロフライス。

米料理なので、アフリカ大陸の料理の中でも食べやすく馴染みのある味わいですね。

キッチンカーでジョロフライスを提供している「Amoako Diner」が先ごろ西荻窪に実店舗をオープンしたので、伺ってみました。


P1040129.JPG

ジョロフライス


カリッと揚がったフライドチキンのせ。

ピリ辛のソースがよく合います。


香味野菜と肉を炒めてから煮込み、その煮汁で米を炊く調理法が基本のようです。

パエリアの調理法を連想しますね。


新宿にあるナイジェリア料理バーでもジョロフライスを食べてみたのですが、オーダーを受けてからチャーハン的な作り方をしているようでした。

味は良かったですよ(^o^)


よく似た料理(同じ料理?)として、セネガルの「チェブヤップ」「チェブジェン」がありますね。



◆店舗情報
【Amoako Diner】
住所:東京都杉並区西荻南2-24-17
https://m.facebook.com/AmoakoDiner/
posted by kan at 13:22| Comment(2) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

【さ】サルマーレ〈ルーマニア〉

【さ】から始まる料理としては、すでに某所でサラダ・ニソワーズを食しておりました。

が、この時点でフランス🇫🇷のカードを切ってよいものか。

思い直して、朝霞市にあるルーマニアレストランへ行ってきました。

(錦糸町のディープゾーンにも店がありますけど、夜営業だけなのです)


P1040152.JPG

サルマーレ


いわゆるロールキャベツですね。

ルーマニア版で特徴的なのは、ザウワークラウトで包むことと、具に米が入っていること。

そして、やや小ぶりなサイズであることでしょうか。


このくらいのサイズだとナイフとフォークで食べやすいですね。

葡萄の葉っぱ包み料理のドルマが原型というのも頷けます。



◆店舗情報
【ROMANIA KITCHEN BY M&Y】
住所:埼玉県朝霞市本町2-6-11
https://ggpt100.gorp.jp/
posted by kan at 13:11| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

【こ】コロンボ<マルティニーク・グァドループ他>

コロンボ。

「うちのカミさんがネ」の方ではなく。

主にカリブ海の小アンティル諸島で食べられているクレオール料理のひとつで、スリランカ由来のミックススパイス「プードル・ア・コロンボ」とともに肉や野菜を煮込んだもの。

見た目はカレーに似てますね。

しかしなから“curry”は便宜上の概念・総称だからして、「カレーとは何か」を定義するのは困難ですね。


DSCN7768.JPG

豚のコロンボ


こちらは西麻布のラム酒バー「Tafia」のコロンボ。

ちょいと辛めのラタトゥイユ感あります。


それにしても西麻布、めっちゃ久々でしたわ。


◆店舗情報
【Tafia】
住所:東京都港区西麻布2-15-14
https://m.facebook.com/Tafia-142112842516241/
posted by kan at 12:51| Comment(2) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

【け】ケサディーヤ〈メキシコ〉

「ケサディーヤ」。

大きなトルティーヤにチーズを挟んで調理した、メキシコのファストフードですね。

スペイン語でチーズのことを「ケソ(queso)」と呼びますので、ケサディーヤがチーズ料理そのものを指す地域もあるようです。


P1030988.JPG

ケッサディア(ワカモレとトマトのサルサ付き)


「サルサカバナ四ッ谷バル」のもの。

こちらではチーズ+海鮮の挟み焼きで、生地は小麦のようでした。

チーズ好きにはたまらない味わい、なおかつ高カロリーのスナックですね。


で、コレを食していると連想するのがアレでして。

インネパ店で出されるチーズナンって、ケサディーヤをヒントに作られたのではなかろうか。



◆店舗情報
【サルサカバナ四ッ谷バル】
住所:東京都新宿区四谷1−20-9
https://salsa-cabana.eeat.jp/
posted by kan at 17:00| Comment(0) | 世界の料理50音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする